幼稚園教諭の資格試験とは?幼稚園教諭普通免許の種類別 取得方法

幼稚園教諭の資格試験とは?幼稚園教諭普通免許の種類別 取得方法

幼稚園教諭になるためには、幼稚園教諭免許の取得が必須です。幼稚園の先生は全員、幼稚園教諭免許を持っています。大学などへの進学をして資格を取る人が大半ですが、それ以外にも資格取得の道はあります。今回は、幼稚園教諭に必須の国家資格である幼稚園教諭免許の種類や、資格取得の流れや、認定試験の情報をご紹介します。

幼稚園教諭の資格とは?

幼稚園教諭の資格と取得までの流れ

幼稚園教諭とは、日本の学校教育法に基づく幼稚園の教員を指し、主に幼稚園において、園児の教育、保育をつかさどる者のことを、幼稚園教諭と呼びます。幼稚園教諭として仕事に従事するためには、幼稚園教諭普通免許状を有していなければなりません。

幼稚園教諭を目指すには、所定の幼稚園教諭養成課程をおく大学などに進学することが必須になります。幼稚園教諭に似た資格である保育士の場合だと、所定の国家試験である保育士試験に受かりさえすれば誰でもなれますが、幼稚園教諭免許を得るためには、所定の単位の取得や保育実習などが必須となり、最低2年はかかります。

所定の単位を取得し、短期大学を卒業すると「幼稚園教諭二種免許状」、四年制大学を卒業すると「一種免許状」を取得することができます。

幼稚園教諭免許状には専種・一種・二種の3種類ある

幼稚園教諭免許には、学歴や取得単位数に応じて、複数の階級が用意されています。大きく分けて、「二種」「一種」「専種」の3種類です。

簡単に説明すると、「二種」は、短期大学、あるいは専門学校や所定の教員養成所において2年以上養成課程を修了した者に与えられ、「一種」は四年制大学において養成課程を修了し学士号を持つ者に与えられ、「専種」は大学院を修了し修士号を取得した者に与えられます。

基本的にこの3種類で仕事の内容が変わることはありません。幼稚園によっては資格の種類に応じて明確に給与体系が別れているところも多くありますが、免許状の種類によってそこまで極端な差はないようです。なので、免許状の階級の差は、単純に専門性の裏打ちの差ということになります。

その分、レベルが上がるほど就職には有利に働く可能性がありますし、特に「二種」と「一種以上」では採用担当者の反応も大きく変わってくるでしょう。また、「臨時免許状」という特殊な免許もありますが、これは特別な事情がある場合のみしか取得することができません。

幼稚園教諭二種免許状には様々な取得方法がある

まず、「幼稚園教諭二種免許状」は、一般には幼稚園教諭養成課程を有する短期大学に進学し、所定の単位を取得し卒業した者に授与される免許です。二種免許状に関しては様々な取得方法があります。

短期大学だけでなく、専修学校の専門課程でも取得が可能なところがありますし、幼稚園教諭養成課程の無い大学を出た人でも、卒業時に授与した学位があれば、卒業後に所定の大学の通信教育課程などを受講することで、免許取得に必要な最低限の単位を取得して二種免許を取得する方法もあります。

また特殊なケースではありますが、臨時免許状を職場から発行してもらい、教育職員検定を受けて合格すれば、二種免許状を取得できます。

幼稚園教諭の、資格の難易度・合格率

養成課程における「幼稚園教諭免許状」取得には幅広い教養が必須

幼稚園教諭免許状は、基本的に所定の養成課程を修了すれば取得できますので、大学等で幼稚園教諭養成課程に進んでいる人であれば、特別な試験なしで幼稚園教諭の免許状を取得することができます。

これは教員免許全体にも言えることですが、幼稚園教諭になるために必要な単位は幅広く、様々な専門分野の習得が必要となります。人を教え導く身分になるわけですから、当然といえば当然ですが、特に幼稚園や小学校といった年齢の低い子どもを指導する立場の場合、中学校以上の教員よりもより幅広い範囲の単位を取らなければなりません。

免許取得に必要な単位は大きく分けると「教科に関わる科目」と「教職に関わる科目」となりますが、教科に関わる科目は「音楽」「図画工作」「算数」「国語」「理科」「社会」などです。これらは小学校以上で必要な科目と思われがちですし、幼稚園教諭なら確かに特段現場で園児にそうした科目を専門的に教えることはありません。

しかし、幼稚園における教育というのは子どもを小学校へ送り出すための大切な課程となります。なので、幼稚園の教育者として園児に接する幼稚園教諭には、これらの科目の基礎的な教養が必要となるのです。

それに加えて「教職に関わる科目」として、教職に就く上で必要な専門科目を学ばなければなりません。その中には、教育論や学校論、幼児教育論、教育心理学、教育実習や各種演習、教育相談などがあり、教員として必要な様々な単位の取得が必須となっています。

養成課程における幼稚園教諭免許取得に難関があるとしたら、この取得単位の幅広さと深さにあるかもしれません。それくらい、幼児教育は大切、ということなのです。

教員資格認定試験の難易度

幼稚園教諭を目指す道として、例えば保育士として3年以上、正規職員として実務経験がある場合は、「教員資格認定試験」を受験することで、幼稚園教諭二種免許状を取得することが可能です。

幼稚園教員資格認定試験は2005年に新設された試験で、試験内容としては大きく一次試験と二次試験に別れ、一次試験では教職に関する科目に対する専門性を主に問い、二次試験では教職に関する科目の更なる専門性に加え、指導案の作成に関する試験が問われます。

文部科学省では合格率などのデータを公表していませんが、総理官邸サイト内「幼稚園教員資格認定試験及び保育士試験の概要」の記載によって、平成19年度の受験結果を見ることができます。それによると、受験者数1467名に対し、合格者数は319名となっており、合格率は21.9%となっていました。試験合格には6割以上の正答を求められますが、合格率はかなり低いようです。

一般的に教員資格認定試験は教員採用試験などに比べるとレベルが高めに設定されており、より高く深い専門性を問われることとなります。主に保育士がキャリアアップのために受験することが多いので、最初から幼稚園教諭を目指すなら、養成課程への進学の方が無難でしょう。

教育職員検定の難易度

幼稚園教諭になるためには「教育職員検定」を受ける道もあります。例えば、雇用者が普通免許状を持つ者を採用できない場合に限り発行が可能な「臨時免許状」を得たものが、教育教員検定を受検することで、二種以上の免許状にステップアップする事で免許状の取得が可能となります。

教育教員検定は主に、在職中の職員に対して各都道府県教育委員会が勤務状況を精査して、より上位の免許状を与えるために行われる検定です。ですので、免許状がない人は受験することができません。二種免許状を得たい場合は臨時免許状が、一種免許状を得たい場合は二種免許状が必要となります。臨時なら二種、二種なら一種、一種なら専種へのレベルアップが望めるというわけです。

受検では受検者の人物、学力、身体能力などが問われ、受検に必要な勤続年数、取得単位数も併せて問われます。検定といっても教育職員検定には特別な試験はなく、申請を行って所定の基準を満たしているかどうかを書類上で審査するものです。審査に受かるには、真面目に勤続を重ね、教養を研鑽することが何よりの近道です。

二種以上からのステップアップはともかくとして、臨時免許状が発行されることは滅多にないため、教育職員検定による幼稚園教諭免許取得はかなりイレギュラーな、特殊な場合のみといっていいでしょう。大学に進学し幼稚園教諭養成課程を修了できるなら、やはりその方が無難です。

幼稚園教諭の資格を取るための学校

幼稚園教諭になるための最も確実な道は、大学や専門学校への進学

これまで見てきた通り、幼稚園教諭になるために最も確実で、最もややこしくなく簡単な道のりとしては、所定の幼稚園教諭養成過程を持つ大学や専門学校に進学することが挙げられます。四年制大学にて養成課程に進めれば、一種免許状を取得できますので、狙えるなら四年制大学への進学が最も理想的です。大学院まで進めば、専種免許状も得ることができます。

大学での幼稚園教諭養成課程の利点としては、四年制大学の場合は卒業すれば学士号を授与され一種免許状を取得できることと、教育専門科目の教養を深められること、しっかりとした教育実習を受けることができる点です。

大学によっては付属の幼稚園もあるため、かなり有利でしょう。国立大学であれば、学費もかなり少なく済みます。短期大学では、免許こそ二種しか取れませんが、より早い段階で現場へ出ることが可能です。

専門学校では、例えば保育実習室という場所を設けているところがあり、直接子どもに触れ合うことができます。また特にピアノやスポーツ、図画工作などに関して、大学とはまた違った実践的な指導を受けることも可能です。専門学校では二種が限度ですが、幼稚園教諭になってから二種から一種へステップアップする道も用意されています。

大学などの通信教育課程で足りない単位だけを取る方法も

例えば幼稚園教諭養成課程などが存在しない、幼稚園教育に全く関係のない大学、例えば理工学部などを出た場合でも、学士号を持っていれば、所定の通信教育課程を設立している大学において、通信制で足りない単位だけを取得し、二種免許を取得する方法もあります。

通信教育過程を設立している大学の例としては、明星大学・玉川大学・創価大学・佛教大学・大阪芸術大学短期大学部などがあります。

幼稚園教諭の資格まとめ

幼稚園教諭の資格はますます重要に、保育士資格の併有も

昨今、女性の社会進出もあって、保育の需要は増え続けています。そういう意味では幼稚園教諭よりも保育士の方が求められているということもできます。しかし幼保連携型認定こども園の設立を皮切りに、将来的に幼保連携の流れはますます加速していくでしょう。

より専門性の高い幼稚園教諭が保育士資格も併有すれば、その重要性は高まっていくはずです。

幼稚園教諭の参考情報

平均年収300万円~350万円
必要資格
  • 幼稚園教諭普通免許状
資格区分 免許
職種教育・保育

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

幼稚園教諭の関連記事

教育・保育に関する他の職業KANREN JOB