ホテルスタッフの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ホテルスタッフの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ホテルスタッフはそれぞれ専門の役割を担っており、部門ごとに分けられていることが多いです。ホテルスタッフはどのような部門に分かれていて、どのような仕事内容をしているのでしょうか。また、やりがいやホテルスタッフとしての面白さはどのようなところにあるのでしょうか。

ホテルスタッフとはどんな仕事?

ホテル内では部門ごとに役割分担をしていることが多く、雇用体系もさまざま

ホテルスタッフと一言で言っても、ホテルの中では部門ごとに役割分担されていることが多いため、どのような職種に就くかによって仕事内容は大きく異なります。

例えばホテルの中でもフロント業務を行う人がいれば、客室の清掃を行う係の人もいます。また、レストランやバー、結婚式場が設置されているホテルの場合、それぞれの部門で専属のスタッフが必要でしょう。また、接客だけでなく営業や企画、広報などホテルを経営するにあたって裏方の仕事もあります。

また、ホテルスタッフの雇用体系もさまざまと言えるでしょう。正社員以外にも、契約社員やパート・パートアルバイトを雇って人員を確保していることも多いです。そのほか、派遣会社と契約して派遣社員を雇うこともあります。

立地や客層が影響?明確には決まっていないがホテルにはいろいろな種類がある

ホテルは立地や宿泊する客層によって大まかに種類が分けられます。例えば、出張のため宿泊するビジネスマンがよく利用するビジネスホテルでは、1人用の部屋を多く用意したシンプルな宿泊プランのホテルが多いです。

海のそばや観光地の近くにあるリゾートホテルは休暇を楽しむお客様が多いです。リゾート地や有名な観光スポットの近くであれば、国内からの旅行者だけでなく、外国からの旅行者が宿泊することも多いでしょう。ホテルの立地や客層、ホテルの設備によってホテルスタッフの対応や仕事内容も大きく変わってきます。

ホテルスタッフの具体的な仕事内容

フロント業務はホテルの顔?お客様がホテルに到着して最初に出会うスタッフ

ホテル内の仕事は多岐にわたり、それぞれ役割分担がなされています。特に、規模の大きいホテルでは部門ごとにしっかりと役割が決まっていることが多いです。

ホテルの顔ともいえるフロント業務はチェックイン・チェックアウトの際に必ず立ち寄る場所なので、最も接客やお客様への対応が問われる部門ともいえるでしょう。業務内容はさまざまで、宿泊客への対応、会計業務や予約の管理も行います。ビジネスホテルでは会計やチェックイン業務を機械で完結できるようにしているホテルも増えてきています。

一流ホテルや外資系ホテルで見かけることが多い「ホテルコンシェルジュ」と呼ばれる役職があります。ホテルに宿泊しているお客様のリクエストや悩み事に応じる、接客のプロフェッショナルと言ってもよいでしょう。経験豊富なホテルスタッフがホテルコンシェルジュの役割を果たしていることが多いです。なぜなら交通機関の予約や病院の手配など、あらゆる相談事を受け、解決できるようホテルスタッフとして最善を尽くす必要があるからです。

ホテル業務や周辺の土地情報など、知識や経験がなければ宿泊客からのリクエストにこたえることは難しいでしょう。外国人の宿泊客の相談を受けることもあるため、外国人宿泊客が多いホテルでは語学力がある人がホテルコンシェルジュになることもあるようです。

格式高いレストランでは一流の接客を!レストラン部門で働くホテルスタッフ

一流ホテルではレストランの格式も高く、働いているスタッフも相応の接客スキルやおもてなしスキルが求められます。特に料理を運ぶウエイター・ウエイトレスや、レストランの入り口に立ち、お客様を席までご案内するレシェプショニストは、しっかりとした接客・接遇に関する教育を受けることが多いです。

ウエイター・ウエイトレスは料理の出し方、料理の説明、ワインの注ぎ方など、しっかりと身に付けなければなりません。しかしレストランによってはワインソムリエが常駐していることもあるため、業務の内容はホテルによって異なります。

ウェディングや宴会・パーティーなどを取り仕切る!宴会担当のホテルスタッフ

大きなホテルでは結婚披露宴を行える宴会会場の設備を持っていることが多いです。忘年会や新年会などの宴会・パーティーなどの会場として利用されるホテルも多いでしょう。それらの会場セッティングや当日のウエイター・ウエイトレスなどを取り仕切る宴会部門で仕事をするホテルスタッフもいます。

宴会コンパニオンを専門に派遣を行っている会社もあり、実際のパーティーでウエイター・ウエイトレスは派遣スタッフで人員確保していることもあります。

ホテルの印象担う重要な役割!客室清掃を行うホテルスタッフ

ハウスキーピングはお客様が利用する客室を清掃し、備品を補充したり交換したりする仕事です。ホテルにとって「清潔感」はホテルの印象を左右する大事な要素です。

髪の毛一本でも見落としがあれば、ホテルの評価を落としかねません。特に最近ではインターネットを通して、ホテルの口コミやレビューを自由に見ることができます。ハウスキーピングは地味かもしれませんが、決して気を緩めることができない仕事です。

客室数が多いホテルでは、お客様がチェックアウトしてから次のお客様がチェックインするまでの間に客室を整えなければならず、常に時間との勝負になります。効率と手際の良さ、そして見落としなく完璧に部屋を整える抜け目のなさが必要になります。客としてホテルを利用している時にはあまり意識することがない役職ですが、ホテルの評判を支えている重要な仕事です。

ホテルの運営を取り仕切る!営業・企画・広報などで働くホテルスタッフ

ホテルを経営していくにあたっては、営業・企画担当や広報担当が活躍しています。長期休暇など繁忙期にはお客様でいっぱいになる客室も、閑散期には部屋が余ってしまうこともあり、それでは利益につながりません。

繁忙期以外にもお客様を惹き付ける魅力的なプランを打ち立てたり、旅行会社と取引をしてツアー客や団体客を呼び込んだりするなど経営努力を行っています。

ホテルスタッフの仕事のやりがい

お客様の喜ぶ顔を見ることができる!直接お礼の言葉を頂戴することも

ホテルに宿泊する目的は旅行だったり仕事だったりと、お客様によってさまざまです。ホテルで過ごす時間が楽しく快適であったか、それとも不安や不満だらけの宿泊になるかどうかはホテルスタッフの働きによって決まると言っても過言ではないでしょう。

記念日など特別な日をお祝いするためにホテルを利用するお客様も少なくありません。お客様が笑顔でお帰りになるのを見届ける瞬間は、うれしい気持ちになれます。日常とは違う特別な時間を快適に過ごしてもらえ、お客様に楽しんでもらえることは、ホテルスタッフにとってやりがいの一つと言えるでしょう。また、お客様と直接お話しする機会がある接客係は、直接お礼の言葉をいただくこともあります。

多種多様な人間性を日々感じる!老若男女さまざまなお客様を接客

ホテルスタッフとして勤務していると、日々さまざまなお客様と接する機会があります。お年寄りから子どもまでありとあらゆる世代の方が利用します。県外から宿泊に来ている方も多いでしょう。また、時には外国から来たお客様の接客を行うこともあるかもしれません。旅行に来たため利用する人もいれば、仕事の関係で利用する人もいます。

さまざまな人と接する機会があり、多種多様な価値観を仕事を通して感じることができるのはホテルスタッフとしてのやりがいの一つと言えるでしょう。また、お客様の多様性やちょっとしたハプニングなどを楽しめる人はホテルスタッフに向いていると言えるかもしれません。

一生もののスキルが身につく!接客・接遇のプロフェッショナルへ

何事にも専門的な技術者やプロフェッショナルがいるように、ホテルスタッフとして接客をする職種で働いていると、接客のプロフェッショナルになれる可能性が高いです。

特に一流のホテルで働いた場合、自然と接遇やお客様への丁寧な対応が身につきます。一生ものの接客スキルを身に付けることができるのはホテルスタッフとして接客を行う人にとってやりがいを感じるポイントと言えるでしょう。

接客術は数値で測ることができないため、技術の高さを比べることが難しいです。しかし、一度学んだ一流の接客術は、どのような仕事をしても役に立つと言えるでしょう。接客スキルが高い人は、お客様の要望をさりげなくくみ取れる人です。相手の様子をうかがう観察眼や、さりげない思いやりは人と接する仕事では欠かせない要素です。

ホテルスタッフの仕事内容まとめ

部門によって仕事内容はさまざま!

ホテルでは部門ごとに役割を分けていることが多く、特に大きなホテルでは複数の部門があります。

例えばロビーで主に接客を担当するフロント部門や、レストランでお客様をおもてなしするレストラン部門、客室を整える清掃部門、裏方で経営や運営を行う営業・企画部などです。ホテルによって、人員の配置の仕方や具体的な仕事内容は異なるでしょう。

ホテルスタッフとして、お客様に満足して帰っていただける瞬間はやりがいを感じられます。

ホテルスタッフの参考情報

平均年収250万円〜400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種旅行・ホテル

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ホテルスタッフの関連記事

旅行・ホテルに関する他の職業KANREN JOB