ホテルスタッフになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

ホテルスタッフになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

ホテルスタッフになるには特別な資格・学歴は必要ありません。接遇マナーやお客様に満足していただきたいと思う、おもてなしの心が必要です。では、ホテルスタッフになるにはどのような能力が必要とされ、どのような人に適性があるのでしょうか。

ホテルスタッフになるには何が必要?

ホテルスタッフになるための特別な資格は不要、働き方もさまざま

ホテルスタッフと一言で言っても、大きなホテルだと部門ごとに分かれていて仕事の内容はさまざまです。フロントやロビーで接客するホテルスタッフと、レストランやバー、宴会場でお客様をおもてなしするホテルスタッフの業務内容は全く異なります。

どの業務に関しても、ホテルスタッフになるために特別な資格や学歴は基本的に必要ありません。また、働き方もさまざまで、正社員・契約社員・パート・アルバイトなど雇用形態もさまざまです。スタッフの一部は外注して派遣社員として雇っているケースもあります。

アルバイトや契約社員から社員登用するケースも見られ、ホテルスタッフとして優秀な人材であれば、学歴や資格は問われないこともあります。ホテルスタッフとして働きたいが、自分に合っているかどうかわからないという人は、正社員以外の形から仕事を経験し、業界内をのぞいてみるのもおすすめです。

お客様へのサービス精神やおもてなしの心はホテルスタッフ全員に必須!

ホテルスタッフになるにあたって必ず取得しなければならない資格などはありません。しかし、一番必要なのはお客様へのサービス精神と言えるでしょう。宿泊するお客様に満足してもらうことが、部門ごとに分かれてそれぞれ異なる業務を行っているホテルスタッフすべてに共通する目標です。

お客様の対応をする際に重要になるのは丁寧な接客マナーや接遇です。接客する機会が多いフロントスタッフやレストランスタッフには特に厳しい教育が行われていることが多いです。しかし、接客をメインで行うホテルスタッフ以外にも、基本的なお客様へのサービス精神・接客マナーを必要とされます。

例えば客としてホテルに宿泊した際、廊下ですれ違う清掃スタッフが足を止めお客様に対して一礼したり、笑顔であいさつを行っている姿を見たことがある人もいるかもしれません。ほんの些細な対応がホテル全体の印象をがらりと変えるため、どの部門で仕事をする場合でも接遇・接客に関しては一定レベルを身に付ける必要があります。

一人一人のお客様に対して、シーンや目的に応じて柔軟な対応が求められることも

ホテルの形態もさまざまで、リゾートホテルやシティホテル、ビジネスホテルなど宿泊する客層は異なります。旅行に来たお客様が頻繁に泊まるホテルであれば日常とは異なる特別な時間を過ごしてもらえるよう、最大限の配慮を行います。また、出張や仕事で宿泊する客層が多い場合にも、より快適な時間を過ごしてもらえるよう柔軟に対応する必要があるでしょう。

誰と宿泊するか、どのようなシーンで利用するのかはお客様によって様々です。お客様に応じて対応できる柔軟さを必要とされます。例えば、宿泊するお客様がサプライズプレゼントを家族や恋人に贈りたいと希望した場合は、しっかりと対応する必要があるでしょう。

お客様に楽しんでもらうために企画力・発想力・アイディアも必要!

接客など、直接お客様とお話ししたり部屋を準備したりする以外にも、裏方で働くホテルスタッフがたくさんいます。営業や企画・広報などを担当するホテルスタッフです。企画や広報などを担当する場合、発想力やアイディア力が必要とされてきます。

例えば季節ごとに目玉の食材が異なるメニューが楽しめる、ホテルのレストランを見たことはないでしょうか。また、誕生日や記念日のお客様は特別なサービスを受けられる宿泊プランを目にしたことがある人は多いかもしれません。

そのほか、旅行会社と提携して個性的なツアーを企画し、参加したお客様に宿泊してもらえるよう営業を行ったりすることもあります。ホテルの経営を支える企画・広報・営業などの仕事は、お客様に楽しんでもらうための発想力やアイディア力が必要となります。

ホテルスタッフに向いている人、適性がある人

長期休暇など繁忙期を乗り切り、不規則なシフトに耐えられるだけの体力がある人

ホテルスタッフすべてに共通する点は、体力がある人が向いている、ということです。ホテルは基本的に年中無休、24時間営業です。深夜にもフロントには必ずスタッフが待機しています。フロントスタッフはシフト制で基本的に夜勤があると思ってよいでしょう。

宿泊するターゲット層や土地柄などによっては、夜間に配置するフロントスタッフはすべて男性になっているホテルもあります。しかし、女性の宿泊客の中には女性のスタッフの接客を希望する声も多く、女性スタッフが深夜のフロントに立っているホテルも増えています。

また、ホテルは土日祝日や長期休暇にお客様が増えます。夏休みやお正月休み、ゴールデンウィークなど、世間が休みの期間、ホテルスタッフは忙しく働く必要があり、休みが取れづらいこともあります。その代わり閑散期にはシフト制で決まった休みが取れたり、まとまった休日を取りやすいホテルが多いようです。

毎日さまざまなお客様が来るのでハプニングも多い!メンタルが強い人

宿泊するお客様は基本的に毎日異なります。さまざまな人が利用するわけですから、ホテルスタッフは毎日予測できないハプニングに見舞われると思ってよいでしょう。

毎日さまざまなお客様と対応し、要望に応えることは強い精神力が必要で、慣れないうちはとても疲れます。むしろ、毎日起こる予測できないハプニングを楽しめる人はホテルスタッフに向いていると言えるでしょう。

どこに行っても通用するスキルを身に付けられる!おもてなしについて興味がある人

接客・接遇をもっと極めたい方や、お客様のおもてなしについて興味がある人はホテルスタッフの仕事は最適と言えるでしょう。

すべての仕事がお客様の満足や笑顔のために動いています。ホテルスタッフとして接客をすると、さまざまな要望・意向を持った人がいるのだということを身を持って体験することができます。フロントやロビーで接客をする場合、お客様からクレームを直接受けることもあります。

ホテルスタッフから他の仕事に転職するとしても、ホテルスタッフとして学んだ接遇・接客スキルは役に立つと言えるでしょう。また、さまざまなお客様の対応をすることで柔軟な対応力が身につきます。

外国語が話せるのは大きな武器!外国人のお客様に理解がある

最近では日本人の宿泊客だけでなく、外国人のお客様も多いです。ホテルの立地や宿泊する客層にもよりますが、英語だけでなく中国語・韓国語などアジア圏の言葉を話せると役に立つことが多いかもしれません。

また、外国人のお客様に対して理解がある人がホテルスタッフに向いているといえるでしょう。日本人が外国に旅行すると困ったりわからないことが出てくるように、たった1泊するだけで文化の違いによる困りごとが出てくることがあります。

また、観光地にあるホテルであれば、おすすめの観光スポットや有名な観光地までの交通手段など、説明できる語学力があればより良いサービスを提供できるでしょう。

ホテルスタッフになるために役立つ学校

「日本ホテルスクール 国際ホテル学科ホテル科」で一流のホテルスタッフを目指す

「日本ホテルスクール」はホテルが作ったホテリエを育成するための学校です。「国際ホテル学科ホテル科」ではホテルの専門知識について理論と実技を学ぶことができます。ホテル業界で仕事をするにあたって、なぜこの業務は必要なのか、ホテルの運営や管理に至るまで理論を学ぶカリキュラムが組まれています。

また、在学中にホテル実習が3回に分けて実施されます。都内をはじめとする一流ホテル3か所でクオリティの高いサービスを修得します。「レストランサービス」「客室サービス」、お客様をお出迎え・お見送りする「ベル」合計3つの現場体験ができます。

体験期間は8週間と長期なので、しっかりと仕事場の雰囲気を体感することができます。これらの実習実績は就職活動にも役立ちます。

ホテルスタッフとして海外で働きたい卒業生をサポート「海外ホテル研修制度」

日本ホテルスクールには海外ホテル研修制度があります。卒業後の1年間、海外のホテルに就職を希望する生徒をバックアップしてくれます。海外の一流ホテルで経験を積むことで、就職先の選択肢を日本国内外に広げることができます。

ホテルスタッフになるには?まとめ

サービス精神やおもてなしの心が一番大事

ホテルスタッフになるために特別必要な資格・学歴はありません。お客様へのサービス精神やおもてなしの心が必要となります。ホテル内でも接客部門やレストラン部門、営業企画部門など役割が分かれており、業務内容はさまざまです。

長期休暇などの繁忙期は忙しくなるため、体力・精神力ともに強い人でなければ仕事をこなすのは難しいかもしれません。また、接遇や接客、おもてなしについて学びたい人に向いていると言えるでしょう。

ホテルスタッフの参考情報

平均年収250万円〜400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種旅行・ホテル

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ホテルスタッフの関連記事

旅行・ホテルに関する他の職業KANREN JOB