バスガイドになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

バスガイドになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

バスガイドになるには、技術や知識を磨く以外にコミュニケーション能力や精神的・肉体的な強さも必要です。仕事として続けるには、お客様を楽しませたいという情熱を持ち続けることもポイント。本記事では、バスガイドになるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

バスガイドになるには何が必要?

おもてなしの心がバスガイドに大切な要素

バスガイドはお客様と接する機会が多い職業です。常にお客様が側にいるというほど近い仕事になります。

バスガイドを目指す人の中にはバスに乗車するお客様に喜んでもらいたいという思いを持っている人も多いですが、その気持ちはおもてなしに繋がっていると言えます。

笑顔で挨拶や元気にコミュニケーションをとることは、バスガイドになる上でもっとも求められるスキルの一つです。

探求心がバスガイドの仕事に役立つ

バスガイドとして働くには飽くなき探究心を持つことも大切です。バスガイドは様々な土地を訪れて、その土地を紹介する事でお客様を楽しませる仕事だからです。

バスガイドは、バスの車内で見えた景色の説明や目的地に着いた時に説明を行います。説明する内容によってバスガイドの良し悪しが決まってくるとも言われています。

自分で観光地について勉強して、より深い情報を伝えたいという探究心が大切です。

体力も必要なバスガイドの仕事

華やかに見える職業ですが、バスガイドの仕事はかなりハードなので基礎体力がしっかりとあることも重要です。バスガイドは基本的にずっと話しっぱなしですし、お客様の荷物を運ぶ場合もあるので基礎体力がしっかりあることも重要です。

ツアーにもよりますが早朝に出勤をして準備をすることも多く、次のツアーの準備で夜遅くなる日もあります。新人の頃は雑用も多く、より長時間労働になりやすいでしょう。

お客様に満足できるサービスを提供するためには体が資本。自己管理を行い、体調を崩さないようにすることも大切です。

絶対必要ではないがバスガイドに関する資格があるほうが有利

バスガイドになるには何かの資格が必要というわけではありません。ですが、資格を取得していればスキルの証明になるので就職や転職で有利になると言えるでしょう。

バスガイドとして働く人が取得する資格で代表的なものは、国内旅程管理主任者や国内旅行地理検定が挙げられます。

語学力でコミュニケーションの幅を広げる

バスガイドになるには英会話ができないとダメというわけではありませんが、日常会話が出来れば仕事の幅が広がる可能性があります。

バスツアーを利用する人は日本人だけとは限りません。外国人も多くバスツアーを利用するので、観光地の説明を英語でできれば、より魅力を伝えることができます。バスガイドとして英語が堪能であれば仕事の幅が広がります。

いずれにせよ、語学に関心を持つことはバスガイドになるにはプラスになると考えられます。

バスガイドに向いている人、適性がある人

忍耐力はバスガイドの適性のひとつ

バスガイドに求められる適性としてまずは忍耐力があげられます。

バスガイドはお客様に対して観光地の説明をして楽しませるのが目的です。お客様によっては話を聞く気がない人や絡んでくる人もいます。全員が良いお客様とは限りません。

場合によっては罵倒を浴びせられることもあるかもしれません。そんな時も上手くかわして耐え忍ぶことができる人が求められるでしょう。

コミュニケーション力がある人はバスガイド向き

バスガイドの仕事は決まった場所で決まったことを説明するだけではありません。

移動中にお客様から質問されたりすることも多くあります。お客様から話しかけられたら笑顔で対応する必要があります。また、積極的にお客様と会話をして良い空気を作り上げていきます。

人と話すことが好きで、誰とも分け隔てなく話せるコミュニケーション力がある人はバスガイドとして適性があると言えるでしょう。

知識が豊富な人はバスガイドの適性がある

バスガイドはお客様に喜ばれるガイドをする必要があります。バスツアーで訪れる観光地には歴史や文化があり、それを説明する知識は絶対に必要です。

バスツアーで訪れる観光地は種類が多く、すぐに覚えられませんが、もともと地理や歴史が好きな人で知識を持っている人はバスガイドに向いていると言えるでしょう。

勉強が好きな人はバスガイド向き

豊富な知識を持っていればバスガイドの適性があると言えますが、多くの人は日々勉強して観光地の特徴を暗記します。

より深い情報を伝えるためには、仕事終わりに自発的に学習をすることが大切です。観光地の情報だけでなく話し方のコツやマナーなど地道な努力を続けることが大切です。

そのため、勉強が好きな人もバスガイドに向いていると考えられます。

自然な笑顔が出来る人もバスガイド向き

バスガイドとして働くには豊富な知識が必要ですが、お客様から好感を持たれるバスガイドは笑顔が素敵な人です。

いくら知識を持っていて深い情報を説明できたとしても、無愛想であればバスガイドとして仕事を続けるのは難しいでしょう。どんな時も笑顔で対応して、自然な笑顔が出来る人はバスガイドとして適性があると考えられます。

バスガイドになるための学校

バスガイドとしての基礎が学べる専門学校

バスガイドになるための学校としては専門学校に通う人が多いです。観光地の情報だけでなく、マナーや接客、話し方のまで幅広い分野で学ぶ必要があります。

専門学校に通うことで、バスガイドに必要な基礎知識を学べます。それぞれ異なるお客様との接し方など細かい部分まで対応できる力をつけられるのもメリットです。

カリキュラムやサポート内容を比較して学校選びを

バスガイドになるための専門学校は全国にあり、選択肢としては豊富です。学校によっては現役のバスガイドの授業が用意されていたり、留学コースが用意されている場合もあります。

プロの指導が受けられれば現場の雰囲気を感じられますし、何よりバスガイドに対する不安や疑問を解消することができます。

就職支援が手厚い学校であれば進路に対する悩みも軽減されるはずです。社会人として昼間仕事をしている人であれば、夜間コースのある学校を選択するのもポイントになるでしょう。

学校によってはカリキュラムや支援内容が異なるので、専門学校を選ぶ際には自分が目指すバスガイド像に近づけるようにじっくりと比較しましょう。

バスガイドになるには?まとめ

資格があればベター。まずは情熱がバスガイドを続ける原動力に

バスガイドになるには、観光地に対する興味とお客様を楽しめたいという情熱、どんなに仕事がハードでも続けられる忍耐力が必要です。

加えて、英語など語学力がある人は、バスガイドの仕事をする上で強い武器になると考えられます。

また、未経験でもバスガイドになることは可能ですが、資格があればベターです。専門学校や大学でバスガイドの知識の基本を学んだり、国内旅程管理主任者や国内旅行地理検定の資格を持っていれば就職にも有利になる可能性があるでしょう。

バスガイドの参考情報

平均年収250万円〜350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種旅行・ホテル

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

バスガイドの関連記事

旅行・ホテルに関する他の職業KANREN JOB