調香師になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

調香師になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

調香師になるには香りの知識や技術も大事ですが、特殊な香りの世界だからこそ、精神的な強さも必要です。仕事として続けるには香りが好きという気持ちを持ち続けられるかがポイント。どんな性格の人が向いているか、求められる適性や必要なスキル、学校選び、取得すると便利な資格など、調香師になるための情報をまとめました。

調香師になるには何が必要?

調香師になるには香りについて知識が必要

調香師はいろんな香りを調合していくという仕事なので、オシャレなイメージもありますが、一日に何十種類もの香りを嗅いで、あらゆる香りを覚えなければいけないハードな仕事です。

いくつかの香料が混ざった香りを嗅いで、すぐに香りの内容を理解しないといけません。1000種類以上の香りを使い分ける必要があるので、香りについての知識が必要になります。日常生活でも香りについて敏感になっておくことも大切です。

優れた嗅覚がないと調香師にはなれない

調香師は自分の鼻で香りを確かめながら仕事を行います。鼻で匂いを確認しながらより理想に近い香りに仕上げていくのが仕事です。よって人よりも優れた嗅覚が調香師には求められます。

嗅覚は意識していないとどんどん鈍くなっていくものなので、優れた嗅覚を維持するために日頃から多くの匂いや香りに敏感になっておくことも必要になります。ちょっとした違いでもすぐに理解出来る嗅覚がないと調香師の仕事は務まりません。嗅いだことのないはじめての匂いについても反応できるような鋭い嗅覚が求められるのです。

調香師は新しい香りを作り上げる仕事なので、人並み以上の鋭い嗅覚とそれを維持する努力がとても大事といえます。

忍耐力も調香師の大切な要素

調香師は特殊な仕事であり、一朝一夕になれる仕事ではありません。プロの調香師として活躍するためには、調香師のアシスタントとして香りに携わり、訓練を積むことが一般的です。訓練期間は人にもよりますが5年から10年といわれていて、長期的に匂いについて触れて学ばないといけません。

感覚の鋭さが必要とされるストレスのかかる仕事でもあり、さらに下積みの訓練期間にも耐えられる忍耐力が求められる仕事が調香師なのです。

体力も必要な調香師の仕事

調香師の仕事は優雅なイメージとは異なり、ハードなので基礎体力も重要になります。毎日同じような匂いを嗅いで研究を重ねるためストレスが溜まりやすく、精神力とともに体力も必要とします。また、嗅覚に頼る仕事であるため、体調に左右されやすいです。

日常的にも鼻を香りに敏感にしておかないといけないので、特に調香師になる前の訓練期間で心が折れてしまう人もいます。匂いを嗅ぎ分け求める匂いを探求するために、ストレスを溜めないようにコントロールする必要があり、毎日仕事を続けるためには風邪などで体調を崩さないようにすることも大切です。

絶対必要ではないが調香師に関する資格があるほうが有利

調香師になるには、何らかの資格が絶対必要というわけではありません。ただ、持っていれば一定の知識やスキルがあるという証明になり、転職などにも有利に働く可能性が高い資格はあります。

調香師として働く人が取得する資格のなかには、嗅覚が求められる国家資格の臭気判定士や日本調香技術師検定が挙げられます。

調香師に向いている人、適性がある人

調香師になるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

記憶力は調香師の適性のひとつ

調香師は数千種類あるといわれる香りをそれぞれ嗅ぎ分ける必要があり、その香りを1つ1つ記憶しなければいけません。

匂いに敏感な嗅覚も必要になりますが、プロの調香師のなかには記憶力が一番大事と考える人もいるようです。嗅いだ香りを記憶する力は生まれ持った能力が大きいとされていますが、長年の訓練でも向上します。

また、匂いを記憶して嗅ぎ分けるためには、風邪をひかない、タバコも吸わないなど、日頃の努力も求められます。

調香師は流行や求められるニーズに応える仕事

自分の好きな香りだけを作って生活できる調香師は少なく、一般的にはクライアントの依頼で決められた予算や期限で香りを作り上げることになります。自分の好きな香りに頑固に固執するのではなく、あらゆるクライアントのニーズに合わせられる柔軟性が求められます。

香りには流行もあり日々変わるものですが、現在ではどのような香りが好まれているのかを察知するセンスも必要です。幅広い人に受け入れられる香りを作るのが調香師としてのおもな仕事なのです。

イメージを表現できる発想力があるとベター

ニーズに応える香りを調香する調香師には柔軟な発想を持っている人が適しています。さまざまな香りを嗅ぎ分けて研ぎ澄まされた嗅覚を身につけつつ、調香では柔軟に発想を展開できるのが優れた調香師です。

多くの匂いの中で、この匂いとこの匂いを合わせればよい匂いになるということをすぐに判断できる能力とともに、求められるイメージに応えられる香りを思いつけるなど、日頃からセンスと発想力に自信がある人に、調香師として適性があると考えられます。

とにかく香りが好きということ

とにかく香りが好きということが調香師として向いている人の一番の条件です。1日に多くの香りを嗅ぐ必要のある調香師は嗅ぎすぎて鼻が炎症を起こしてしまうこともあります。精神的な負担のかかる仕事でもあるので、香りが好きという気持ちは仕事を続けていくモチベーションとして、とても大事な要素です。

あらゆる匂いに興味を持って、香りを好きでいられる人が調香師として向いています。

調香師になるために役立つ学校

調香師になるために学校に通うことは、自分と同じように調香師を目指す仲間に出会えるということ。一人前になるにはかなりの時間を要する仕事だからこそ、励ましあい刺激しあうこともできるのが魅力です。

香りの基礎が学べる専門学校

調香師を目指すには、専門学校で香りについての基礎知識を学ぶ人も多いです。食べ物のフレーバーの香りや香水や化粧品を楽しむフレグランスの香りなど、幅広い分野の香りの開発技術を同時に学ぶことができます。

専門学校に通うことで、調香師として必要な基礎知識を学び、調香師に必要な嗅覚や発想力も養うことができます。さまざまな香りについて、対応できる力をつけることができるのが大きな強みです。

カリキュラムやサポート内容を比較して学校選びを

香りの専門職である調香師になるための専門学校は全国にあります。学校によっては香りについての実習を多くカリキュラムに組み込まれているものもあり、海外のパフューマーから指導を受けられる機会もあります。

プロによる指導が受けられれば調香師を目指す人にとってもよい刺激になりますし、具体的にイメージがしやすくなります。就職に強い専門学校もあるので、それぞれの調香師として学校選びは慎重に行いましょう。

大学でも調香師になるための勉強が可能

調香師になるために学校に通う選択肢としては、大学の中にも香りに関する学部・学科が用意されていることがあります。専門学校とは異なり、4年間の在学中に資格取得を目指すなど幅広い準備ができるのが大きな魅力です。

以下のような学部・学科名の場合は、調香師を目指す人のためのカリキュラムが用意されていることがあるのでくわしくチェックしてみるといいでしょう。

  • 農学部
  • 薬学部
  • 美容学部
  • 農芸化学部

調香師になるには?まとめ

資格があればベター。匂いへの興味と忍耐力が調香師を目指す原動力に

匂いが好きなことと、鋭い嗅覚と忍耐力は必須。調香師になるには長い訓練期間が必要になり、見かけよりハードな仕事でもあるので、精神的に疲れても続けていく力が必要です。加えてセンスや発想力があり、流行に敏感な人は、調香師という特殊な仕事の上で強い武器なると考えられます。

未経験では仕事に就くことはできない職業なので、専門学校や大学で香りについての知識を学んだり資格を取得すれば、就職で有利になる可能性があるでしょう。香りが好きで嗅覚に自信がある人は、調香師になることを検討してみてはいかがでしょうか。

調香師の参考情報

平均年収350万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

調香師の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB