調香師の給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

調香師の給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

香りのプロフェッショナル、調香師の平均の給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?勤務先や規模によって変動しやすい調香師の給与。特殊な分野の世界だからこそ、経験や実績に左右されるケースが多いようです。より高い年収を目指すのであれば、独立や開業を目指して働き方を変えるのも一つの手かもしれません。

調香師の初任給

新人調香師給与は平均20万円

調香師として働く場合、初任給は20万円前後が相場といわれています。訓練期間が長く、一人前になるには長期的な学びが必要になる調香師ですが、初任給は、一般的な企業の大卒新人の初任給と同じくらいであると考えられます。

転職したときの給与は経験や役職で左右されやすい

調香師の世界ではスキルアップやキャリアアップのために転職をする人も多くいます。専門的な職業であり、香りのプロとして一人前になるまでに5年から10年の訓練期間があるために、転職した場合の初任給は調香師としての経験によって大きく左右されます。

専門的な分野であることから一般的な会社員の給与よりは高めの設定になることが多く、経験豊富な調香師が転職した場合、25万から30万円の給与でスタートするケースが多いようです。

調香師として長い訓練期間をクリアし、10年以上働いているなどの長い経験年数があれば、高い給与が期待できますが、勤務先の規模にもよって大きな差があり、調香師として働く企業の給与体系について調べておく必要があります。

職場によっては新卒採用者と同等の給与を提示される場合もあるので、調香師としての知識や経験についてアピールをすることが大事になります。

異業種から調香師への転職は給与の確認を

異業種から調香師に転職する場合には年齢関係なく新卒の年代と同じ給与になることが多いです。

調香師の仕事は一人前になるまでにはかなりの時間がかかる特殊な仕事であるため、他の業界でいくら経験があってもプラスに働くことは少ないと考えられます。転職前の仕事内容に関係なく大幅に給与が減ってしまう可能性もあるので慎重な判断が必要になります。

調香師の平均給与

調香師の平均給与は約35万円

厚生労働省のデータによると調香師の平均給与は、全国平均が約35万円となっています。

調香師は毎日香りの研究を行い、クライアントからの依頼に沿って香りを作るのが仕事になります。香りについての豊富な知識を持ち、かすかな匂いの違いも敏感に感じとる嗅覚によって仕事をこなさなければいけません。訓練期間中の下積み時代にはアシスタントとして学びながら雑用を行うなど、見た目よりハードな仕事といえます。

そういった苦労を経たうえで晴れて一人前となった調香師の給与レベルは、特殊な専門職として高めの傾向にあります。スキルアップできたり、新しい香りの研究がうまくいったときにはやりがいも大きい仕事であり、給与と仕事の大変さややりがいとのバランスがうまく取れている職業だと考えられます。

勤務期間に応じて給与もアップすることが多い

調香師の給与は、勤務期間に応じてアップするのが一般的です。もともと特別な資格がなくても業務に就くことは可能なので、最終学歴によって採用時の給与が左右されることは少ない傾向にあります。

男女でも平均給与に差がある

調香師として国内の企業で勤めている人はほとんどが理系出身の男性といわれています。理系学生の比率は圧倒的に男性が多いことが、調香師として活躍するのは男性が多いことに繋がっているといえます。

最近では女性の職業選択の幅が広がり、女性の調香師も増えてきています。給与面を考えると女性よりも男性の方が平均給与は高い傾向にあります。

女性の調香師も増えてはきていますが、研究職の調香師は残業も多く、定時で仕事を終わらせることは難しい職業です。家庭との両立を目指す女性にとって厳しい労働環境であるため、途中で辞める人も多い現状があります。

一方で男性は日々香りについての研究を行うことで確実に経験を積み、給与アップに繋がっているといえます。

調香師として働く場所の規模・状況によって給与も変動

調香師の平均給与は30万円から40万円といわれていて一般的な企業に比べると高めの傾向がありますが、勤務先の企業規模や条件によって、給与も変動すると考えていいでしょう。

調香師の活躍の場として多いのは、おもに食品会社や香料会社、化粧品メーカーなどです。働く企業の規模によっても給与が変動することは覚えておきましょう。

フリーの調香師として活躍する方が年収水準は高い

調香師として活躍する人のなかには一般企業で働くのではなく、フリーとして独立する人も増えています。世界的に有名な調香師の場合が多いですが、日本でも独立して調香師として活躍している人はいます。自社ブランドを立ち上げてオリジナルの香水などの販売をすることで中には年収1000万円以上稼ぐ人もいます。

しかし、よほど名の知れた実績の高い調香師でなければ、フリーで成功することは難しいでしょう。また、独立すると、調香の仕事以外にも香料の仕入れや製造工場など企画力や営業力が必要になります。

香りについての知識や経験、センスなど調香師としての技術に加えて、自身で会社を起こして続けていく経営力も必要になります。

経験や実績によっては給与アップにつながることも

調香師の給与は一般的に見て高いほうですが、高い実力があれば大幅な給与アップを見込める仕事といわれています。

香りのコンテストで成績を残したり、調香師として役職に就いていた場合には給与アップに繋がります。特殊な香りの分野の専門家として実績が大きく影響する仕事です。

資格取得をする事で給与に反映される場合も

調香師の仕事は特別な資格が必要のない仕事ではありますが、関連する資格は多く、資格を取得することで給与に反映される場合もあります。

将来的に独立を見据えている場合でも資格を取得しておくことはお勧めです。資格のなかでも給与への評価に繋がりやすいのは薬剤師の資格で、化粧品関連の調香師として仕事をする際には大きな武器になります。

薬剤師になるには、6年生の大学を卒業して長期的な学習が必要になる薬剤師国家試験をクリアしなければいけないので、ハードルが高いからこそ、給与アップには繋がりやすいでしょう。

調香師に関連する代表的な資格には臭気判定士もあります。臭いについてのプロとして活躍できる臭気判定士も国家資格であり、取得しておくと役に立つ資格でしょう。ただ、臭気判定士や薬剤師の資格が給与アップに繋がるかどうかは、勤務先と調香師としての実績次第というのが実情です。

調香師の年収統計

調香師の年収は350万円から500万円前後

調香師の平均年収を、厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると、約425万円になります。

新人の場合月々の給与が20万円であれば、年収は200万円台になることも考えられますが、経験や勤続年数によって上がっていく傾向にあるので一般的な企業の社員の年収よりは高くなっています。

独立すれば平均給与以上の給与や年収の可能性も

調香師として平均以上の給与・年収を稼いでいる人の多くは、独立してフリーとして活動している人になります。自身が開発した香水がヒットすれば年収1000万円以上を目指すことも夢ではないでしょう。

訓練期間が長く長期的な経験が必要

調香師として一人前になるには長い時間が必要になり5年から10年といわれています。アシスタントとして広く香りについて学ぶことになりますが、その期間は十分な収入を得られないことも多いようです。

調香師の補佐として一番近くで香りの研究を学べることは大きな魅力であり、調香師としての近道になりますが、心が折れないように続けることがポイントになりそうです。

調香師の給与・年収まとめ

調香師の年収レベルは高め。給与とやりがいが得られる仕事

調香師の平均給与や年収レベルは、一般の会社員よりも高めの傾向と言えます。特殊な香りのスキルを持つ専門的な仕事だからこそ、実績と経験を積んでいけば給与アップも見込めます。

資格が必要な業務ではありませんが、薬剤師や臭気判定士など関連資格を取得することで香りについての知識を証明できることにつながります。香りの研究を地道に続け、匂いの感覚とセンスを磨くことで、将来的に調香師として名が知られ、自分のオリジナルの香水を販売できる独立のチャンスもあるかもしれません。

調香師への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

調香師の参考情報

平均年収350万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

調香師の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB