CADオペレーターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

CADオペレーターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

CADオペレーターの主な仕事内容は、設計士の意向を確認しながら図面を作成することです。仕事をする上で、CADと呼ばれる図面作成ソフトを使います。CADにはさまざまな種類があり、業界によって使用されるCADは異なります。専門性の高い仕事であり、実力と経験を積むなら、将来、大きくステップアップすることも可能です。本記事では、CADオペレーターの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

CADオペレーターとはどんな仕事?

日本ではさまざまなモノづくりが行われていますが、その基盤をなすものが図面作成です。

CADオペレーターは幅広い業界で活躍しており、将来CADオペレーターになりたいと思っている人も多いでしょう。今回はCADオペレーターの仕事内容について詳しく解説します。

CADオペレーターはCADという図面作成ソフトを操作する人

CADオペレーターはCADという図面作成ソフトを操作して、設計者が考案した設計図やデザイナーのデザインなどを図面に書き起こしていく人のことです。

基本的には、CADオペレーター自身は設計やデザインを行いませんが、設計者の意図を理解する能力や担当する製品の知識が必要です。CADオペレーターが仕上げた図面に従って施工者が建物を建設したり、服などの商品が制作されていくので非常に重要な仕事です。

CADオペレーターが使うCADってなに?

CADとはComputer Aided Designの略でキャドと読みます。建築業界のみならず、機械や電気、アパレル業界などでも使用されています。CADオペレーターはこのCADを使って図面を作成し、モノづくりの最初の段階を担当します。

ひと昔前は手で図面を書いている時代もありましたが、今ではほとんどはコンピューターでの設計になっています。そのため、CADオペレーターの需要は増加傾向にありますが、単にCADが使えるというレベルでは就職は難しくなっており、効率よく作業を行える能力や就職する業界での業務経験などが求められます。

CADにはいろいろな種類がある

CADにはいろいろな種類があり、就職する業界や会社によって使用するCADが異なります。特に、建設業界で幅広く使用されているAutoCADやJw-CADは2次元設計に対応しており、多くの企業で使用されています。また、航空機メーカーや自動車業界ではCATIAやI-deasなどのCADが一般的です。

もともとCADは飛行機を設計するために開発された設計ソフトですが、1960年代以降、さまざまな業界で使用されており、今後もCADを使える人の需要は大きくなると見込まれています。

最近では、航空業界や建築業界だけでなく、服飾業やスマートフォンなどの精密機器の企業でもCADが導入されています。CADの使い方をマスターしておくなら、将来さまざまな業界への就職が可能になります。

CADを使うメリットは?

CADオペレーターは設計者からの依頼に基づいて、図面の作成を行っていきますが、データ化された図面の方が情報を管理しやすくなります。また、修正依頼が入ったときも、必要な箇所だけ書き換えることもできますし、過去のテンプレートなどを使って時間を短縮することも可能です。

以前は2次元CADが主流でしたが、3次元CADが普及することによって、だれが見ても分かりやすい形で図面を仕上げることができます。手作業であれば何十時間もかかる図面作成がたったの数時間で終わることもあります。CADを使用するメリットは非常に大きく、現代のモノづくりには欠かせないソフトです。

CADオペレーターには専門的な技術が必要

CADオペレーターがCADを使って効果的な図面の作成を行うためには、高度な知識と専門的な技術が必要です。コンピューターの基本的な使い方を知っていれば、後は自動的にCADが設計してくれるというものではなく、あくまでもCADオペレーターの手腕によって作業が進んでいきます。

十分に知識を持たない人が作業をしても効率が悪く、プロジェクトが進まないだけでなく、設計者の意図が十分に反映されず、後の作業工程にも大きな影響が及びます。CADオペレーターには専門的な知識が必要であることを覚えておきましょう。

CADオペレータと設計士の違い

各業界で活躍する設計士にもCADの操作技術が求められますが、CADオペレーターとは業務内容が異なります。設計士にはクライアントの意向を汲みながら設計する能力やオリジナリティのある作品を作り出す能力が必要です。

一方、CADオペレーターは設計者の意向やデザインを目に見える形で表現するのが仕事なので、イメージを表現する能力が必要になります。誰が見てもわかるように図面を作成し、クライアントや設計士がイメージしたとおりに作業が進むように図面を仕上げます。

両者の関係を言い換えるなら、脚本家と俳優のような関係と言えるでしょう。

CADオペレーターが活躍できる場所

CADオペレーターは図面作成に関する専門性の高い仕事を行うため、多種多様な業界で活躍できます。一例を以下に挙げます。

  • 建築業界
  • リフォーム業界
  • インテリア業界
  • 自動車
  • 航空業界
  • 機械・電機業界
  • ジュエリー・アパレル
  • その他の設計業種

CADオペレーターが活躍できる場所はたくさんあり、会社の規模も大企業から個人のデザイン事務所などさまざまです。

自分がどのような業界に進みたいかによって習得するCADの種類も変わり、熟達するなら転職などにも有利になります。設計の世界に興味のある方は挑戦してみるといいでしょう。

CADオペレーターの給料はサラリーマンの平均水準

個人の実力や勤務する会社の規模のよって違いがありますが、CADオペレーターの平均年収は300~400万円程度になっているようです。当然、勤務年数が長くなったり、建築や電機のデザインに関するスキルを身に着けるとさらに年収もアップします。

CADオペレーターのなかには、設計アシスタント業務を行いながら設計スキルを身に着け、設計者やデザイナーとなり年収500万円以上を得ている人もいます。

もし、派遣社員やアルバイトとして勤務する場合は時給1300~2000円程度が相場のようです。今後もCADを使っての設計業務は増える見込みですから、将来的にも安定した需要が見込めるでしょう。

CADオペレーターの具体的な仕事内容

CADオペレーターの仕事は、CADを使ったタスク全般と言えますが、基本的には以下の流れで進んでいきます。一つずつ、詳しく解説します。

設計士との綿密な打ち合わせ

CADオペレーターの最初の仕事は設計士との綿密な打ち合わせです。設計士の意向を正確に把握して、図面に落とし込むことができるかがCADオペレーターの腕の見せ所です。

まず、設計士はクライアントや自分自身のアイデアをCADオペレーターに伝えます。そして、CADオペレーターが作った図面を見て、現場で働く人たちは作業を行います。

もし、CADオペレーターの仕事内容が不十分であれば、作業工程や仕上がりにも大きな影響が及びます。設計はミリ単位の世界ですから少しのズレもないように綿密に打ち合わせを行います。

設計図の作成

打ち合わせで入手した情報をもとに、CADオペレーターは図面を仕上げていきます。図面を作成する時がCADオペレーターにとって一番重要な部分ですから、慎重に仕上げていきます。

例えば、細かな点、図面上の配置や構成だけでなく線の太さにも注意を払います。大型建築物の場合、建物が完成するまでには何十枚もの設計図が必要になります。

少しでもミスがあれば全体の統率が取れなくなりますし、現場との連携も難しくなるため、丁寧な仕事を求められます。そのため、CADオペレーターには集中力やコミュニケーション能力なども必要です。

図面の修正作業

一回の図面作成で作業が完了するわけではありません。何度も修正をおこない、より精密な図面を仕上げていきます。

例えば、一軒家の設計の場合であれば動線の修正や水回りの配置を修正することでより効率の良い、住みやすい家づくりになります。CADは手書き設計よりも線の修正や構成の配置換えなどが簡単に行えるので、比較的、短い時間で完了するでしょう。

時には、プロジェクトが始まってから設計士やクライアントの考えが変わり、大幅な修正が必要になることもあります。その時は再度、打ち合わせを行って指示通りの図面を描き上げていきますが、現場作業が進行しているため、できるだけ早く仕上げることが必要です。

いつでも修正に対応できるように準備しておくのもCADオペレーターの役目です。

図面の管理と複製

完成した図面を保管して必要な時に取り出せるように管理するのもCADオペレーターの仕事です。新しいプロジェクトを立ち上げる時に過去のデータを参考にすることもあるので紛失しないように注意します。

また、現場の責任者や作業員も設計図を見ながら作業を進めていくので図面の複製が必要です。CADオペレーターは専用のクラウドなどを使って関係者全員が必要な図面を取り出せるように取り計らいます。

大きな作業プロジェクトになると、建物が完成した後に国からの検査や承認を得るために設計図が必要になることもあります。うっかり無くしてしまった…では済まされないことなので、図面の管理と保管もCADオペレーターの重要な仕事です。

CADオペレーターの仕事のやりがい

CADオペレーターの仕事内容に関してはご理解いただけたと思います。それでは、CADオペレーターの仕事のやりがいについて解説していきます。

目に見えるかたちで達成感がある

巨大な建造物から精密な機械まで、設計者が制作した図面に基づいて作り上げられていきます。CADオペレーターは設計を行うわけではありませんが、自分の仕事が大きな役割を果たしているという実感を持つことができます。

建造物やスマートフォンなどの機械製品が出来上がったとき、モノづくりに携わっている人でしか味わえない満足感とやりがいがあります。

また、完成したものが大勢の人に使用され、世の中に出回っていくことを考えると、これらかもCADオペレーターとして仕事を続けていこうという気持ちになります。

一人前になれば幅広い業界で活動可能

CADオペレーターが活動できる場所はひろく、キャリアを積めば転職にも有利になります。最初は建築業界でCADに関するスキルを磨き、そのあと航空業界や自動車業界に転職する人もいるようです。

時代によって需要が大きい業種・分野は異なります。そのため、CADオペレーターとして一人前の仕事ができるようになれば、自分の好きな業界で働くことも夢ではありません。

この仕事は専門性が高い職業なので、一人前と見なしてもらうまでには時間がかかります。しかし、今やっていることが将来にも役に立つ!という確信があればスキルの向上にも熱が入りますし、新しい設計ソフトの習得にも励むことができます。

活動できる業種・分野の幅が広いというのはCADオペレーターの魅力の一つです。

業界の知識が深まる

CADオペレーターはさまざまな業界で活躍します。電気や機械、自動車などの図面を作成するので、業界に関する知識が深くなります。

例えば、自動車の図面を手掛けるCADオペレーターであれば、普通の人が知ることのできない車の細部にわたる知識を得ることができ、自分が専門性の高い仕事をしているという実感を味わうことができます。

特定の分野で高い専門知識を習得するなら、キャリアアップも期待できますし、転職の際にも有利になります。

CADソフトに関するスキルが向上する

CADオペレーターが使用するCADには多くの種類があり、一般的に使用されているAutoCADやJw-cad以外にも、特殊な業界のみで使用されているCADがあります。

CADオペレーターとしてスキルと経験を積むなら、使用できるCADソフトの種類が増え、図面作成の専門家として活躍できます。航空業界や自動車業界などで使用されているような特殊なCADソフト扱えるCADオペレーターは少ないので、日々勉強を続けることで専門性の高い仕事を行えるようになります。

やればやるほどスキルが向上するというのもCADオペレーターの大きな魅力です。

人とのつながりを感じながら仕事ができる

CADオペレーターは設計士からの指示を受けて図面を作り上げていきますが、完成するまでには多くの人と関係することになります。設計士の代わりにクライアントの意向を確認することもありますし、他社との連携を確認することもあるでしょう。

また、CADオペレーターが作成した図面は現場の作業員が使用しますから、各現場のスタッフともコミュニケーションを図る必要もでてきます。いろいろな人と意見を交換しながら一つの作品を作り上げていく喜びは、現場作業をした人にしか味わえないものです。

CADオペレーターとしてのスキルと経験を発揮しながら、よりアイデアや意見は取り入れていくという姿勢は社内全体の雰囲気を良くしますし、CADオペレーター自身のやりがいにもつながります。

熟練のCADオペレーターになれば独立も可能

CADオペレーターとして十分のスキルを身に着けたなら、独立して在宅で仕事を行うことができます。フリーランサーとして仕事を行うなら会社に出社する必要もありませんし、自分の好きな時間に仕事をすることができます。

もちろん、CADオペレーターとして独立することは簡単ではありません。少しでもミスをすればすべて自分の責任になりますし、次の仕事を貰えなくなる可能性もあります。十分な仕事を確保するためには、在宅ワークの求人サイトなどを使って自分を売り込んでいく必要もあります。

しかし、自分の可能性を能力を最大限に試したいのであれば独立するのもいいでしょう。自分の頑張り次第でいろいろな道が開けてくるので、CADオペレーターには大きなやりがいがあります。

CADオペレーターの仕事内容まとめ

CADオペレーターの活躍できる場所は多く、やりがいのある仕事

モノづくりにおいて設計業務は欠かせない工程です。そのため、設計士の意向を汲みながら図面を作成していくCADオペレーターの存在は重要です。高性能な機械や機器が発明されていく現代において、CADオペレーターの需要は今後も増加していくでしょう。

CADオペレーターとして一人前のスキルと経験を積めば、自動車や航空業界、建設業界などで活躍することができますし、特殊なCADソフトの使い方をマスターすればキャリアアップも可能です。

CADオペレーターは大きな可能性を持っている仕事ですから、CADに興味のある方はCADオペレーターを目指すといいでしょう。

CADオペレーターの参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

CADオペレーターの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB