CADオペレーターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

CADオペレーターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

CADオペレーターの平均給与は25~32万円前後になっており、一流企業になれば平均値以上の給与を得ることも可能です。取り扱う業界や勤務する会社の規模によっても年収の差がでてきますが、基本的にはCADスキルが高くなればなるほど年収もアップします。本記事では、CADオペレーターの初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

CADオペレーターの初任給

CADオペレーターの平均初任給は18~23万円前後

CADオペレーターの初任給は地域や会社によっても違いがありますが、平均して18~23万円前後と言われています。厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査と比べてみても平均的な数値になっており、CADオペレーターの初任給はサラリーマンの平均値に近いと考えていいでしょう。

CADオペレーターはスキルと経験、そして知識が必要となる職種です。関係する業界に詳しくなるためには時間がかかりますし、設計士の意向を十分に理解して、質の高い図面を仕上げるには訓練が必要です。

そのため、入社してすぐは先輩CADオペレーターの手伝いをしたり、CADソフトの基本的な使い方や応用技術を習得することになります。将来的には高い年収を得ることができる可能性のあるCADオペレーターですが、最初は平均的な給与になります。

CADの資格があれば初任給も高くなる

CADオペレーターの初任給は平均的ですが、会社によっては資格を持っていると資格手当が支給されるところもあります。

一例では、CAD利用技術者資格を持っていると月に5,000~10,000円前後の手当てが支給されます。ほかにも建築CAD検定なども建築業界では認知度が高く、就職する前に関係する資格を持っておけば、資格手当が支給され、初任給も平均よりも高くなるでしょう。

また、会社によっては就職した後に、資格取得のサポートをしてくれる場合もあります。資格を取るための費用を会社が一部、または全額負担してくれるケースも多いようです。先輩CADオペレーターの意見を聞きながら対策を進めることができるので合格率も高くなります。

実力が重視される業界なので、可能な範囲で資格を持っておくと高い初任給が期待できます。

男女による格差は少なく、重視されるのはCADのスキル

CADオペレーターの業界で重視されるのはスキルと経験です。そのため、男女による格差が少なく、女性でも十分な知識とスキルを持っていれば、男性と同じ水準の初任給を得ることが可能です。

実際、CADオペレーターの世界では4人に1人が女性とも言われており、IT業界の中では女性が活躍しやすい仕事です。また、一般事務員として働いていた女性がCADの操作方法を勉強して、CADオペレーターとして活躍することもあるようです。

モノ作りが好きな女性や男性が活躍する世界で肩を並べて働きたいという女性にはおすすめの仕事です。

CADオペレーターの平均給与

CADオペレーターの平均給与は25~32万円前後

CADオペレーターの平均給与は25~32万円前後となっており、勤務する会社や個人のスキルによって違いがあります。

一例として、年齢別に見たCADオペレーターの給与とボーナスをまとめました。

年齢 月額給与 ボーナス
20~24歳 18.0万円 18.3万円
25~29歳 24.8万円 75.3万円
30~34歳 25.3万円 86.3万円
35~39歳 26.3万円 89.3万円
40~44歳 28.1万円 100.4万円
45~49歳 30.1万円 112.4万円
50~54歳 33.5万円 120.5万円
55~59歳 28.9万円 119.4万円
60~65歳 22.4万円 81.3万円

上記の表は国税庁が発表している年齢別階層年収の比率に合わせて、CADオペレーターの平均年収を独自に計算したものです。一概には言えませんが、30代、40代になると25~33万円前後の給与になり、サラリーマンの平均給与に近くなります。

しかし、基本的にはCADオペレーターは設計士とは違うので、月額50万円以上を貰えるような職種とは言えないでしょう。

勤務年数が長く、スキルがアップすれば給与にも反映される

CADオペレーターの世界ではスキルと知識が重視されるので、給与をたくさんもらうためにはスキルを磨かなければいけません。個人差がありますが、勤務期間が長くなると業界に関係する知識やCADソフトの使い方も熟知できます。

経験が浅い20代では高い給与は期待できませんが、10年ほどの経験を積み、30代・40代になれば、CADオペレーターとして生活していけるだけの給与を貰うことができるでしょう。

CADオペレーターを目指す人の中には大学や専門学校で技術を身に着けたから就職する人と、全くの未経験者からスタートする人がいます。実力の差が給与に反映されるので、就職する前に、可能な範囲で資格や知識を得ておくことをお勧めします。

正社員以外の雇用形態も充実

CADオペレーターが活躍できる業界は、建築・電気・アパレル業界など幅広く、正社員以外でも雇用してもらえる可能性があります。

契約社員やアルバイト、パート要員として働くこともでき、十分なスキルと経験があれば在宅勤務も可能です。

派遣社員として働く場合の時給は1,500円から1,800円前後になっており、通常のサービス業の派遣業務と比べると高額になります。

在宅要員として働く場合は、完全歩合制になることが多く、作図一枚を提出することで報酬が確定します。手掛ける図面と業種にもよりますが、10~20万円前後の報酬が得られます。

全国的にみてもCADオペレーターの時間給は高い

CADオペレーターが時間給で働く場合、全国的にみても高い水準になっています。インターネット上の求人情報を確認すると、CADオペレーターの時給は1,200~1,750円前後になっており、一般事務の平均時給と比較すると100円から500円ほど高い計算になります。

2次元CADよりも3次元CADの方が難易度が高く、実用性があるといわれており、3次元CADやCATIAV5などのスキルを持っているとさらに高い時給になることが予想されます。

正社員以外にも雇用の需要があることを考えると、結婚や産後などの状況でも自分のスキルを活かすことができそうです。長いスパンで使えるスキルを身に着けたい方はCADオペレーターに挑戦してみるといいでしょう。

残業代も給与アップにつながる

勤務する会社や個人の能力によっても異なるため一概には言えませんが、CADオペレーターは残業が多い職業と言われています。忙しい時期になると20時間以上の残業が必要になることもあり、期限が迫っていると休日出勤が求められることもあります。

そのため、残業代もCADオペレーターにとっては給与アップにつながる重要な要素になります。時間外労働には割増料金が設定されることもありますし、プロジェクトの成功に寄与したならインセンティブ報酬が支払われることもあります。

しかし、会社によっては残業代が基本給に組み込まれている場合もあるので、どの前後の残業代が支払われるのか事前に確認しておきましょう。

CAD関連の資格を取得すれば給与アップが期待できる

CADオペレーターとして活躍し、高い給与を得たいのであれば資格を取得するといいでしょう。CADオペレーターには民間団体が実施している資格試験がいくつかあり、その中でもCAD利用技術者試験は知名度が高く、自分のスキルを効果的にアピールできます。

実際、一流の建設業やデザイン会社では、一定のCADスキルを持っている人のみ募集することがあり、資格を持っておくなら大企業での活躍も期待できます。

CAD利用技術者試験以外にも、テクニカルイラストレーションという資格があり、合格すると技能士としての称号が与えられます。CADを使ってカタログのイラストや工業製品の取扱説明書を作図する能力が問われ、この資格を取得すれば一定以上のCADスキルを持っていることをアピールできます。

CADオペレーターとして高い給与を貰いたいのであれば、これらの資格取得に挑戦してみましょう。

CADオペレーターの平均年収

CADオペレーターの平均年収は300~400万円前後

CADオペレーターの平均年収は、個人差がありますが300~400万円前後と言われており、サラリーマンの平均年収と同じ年収水準になります。しかし、実務経験や特殊な作図スキルがある場合は平均年収よりも高くなる傾向があり、500万円以上の年収を得ているCADオペレーターもいます。

特に最近ではスマートフォンなどの精密機器の設計業務が忙しくなっており、設計士の作図をサポートするCADオペレーターが必要とされているようです。

汎用ではないCADを使用した作図業務の場合、大学や専門学校では学習できない分野になることも多く、そのようなCADを使いこなせるCADオペレーターは重宝され、年収も高くなります。技術とスキル、専門性によって年収が大きく変わることを念頭に置いておきましょう。

活躍する業種によって年収は異なる

CADオペレーターが活躍できる場所は幅広く、活動する業界によって年収も若干異なります。以下に例を挙げます。

設計事務所 約340万円
建築会社 約360万円
デザイナー事務所 約370万円
土木会社 約350万円
在宅勤務 約290万円

CADと言えば、一般的には建築業界が思い浮かびますが、デザイン業界や土木系でもCADオペレーターの需要があります。

しかし最近では、設計士がCADの使い方をマスターして、基本的な作図は設計士が行うことも増えてきているようです。そのため、CADオペレーターには基本的なスキル以上の技術が求められており、就職のハードルは高くなっています。

また、デザイン業界でCADオペレーターとして活躍したいのであれば、AutoCADやJw-Cadなどの建築業界で使用されているCADとは違うソフトの使い方をマスターする必要があるでしょう。

活躍する業界によって年収の額も若干変わってくるので、自分がどの業界で活躍したいのか検討してから、CAD操作の習得に励むことをおすすめします。

大都市のほうが平均年収が高い傾向にある

高い年収を希望するのであれば、都心に移動してCADオペレーターとして活動するという方法もあります。全国的に言えることですが、大都市の方が平均年収が高い傾向にあり、CADオペレーターの場合も地方に比べると、東京・大阪・名古屋などは給与の水準が高くなっています。

参考として、国税庁が発表している都道府県別年収を独自に計算して、地域別の平均年収を計算しました。

都道府県 平均年収
北海道 320.5万円
青森 282.0万円
東京 515.0万円
愛知 411.5万円
三重 368.0万円
大阪 441.0万円
福岡 362.0万円
鹿児島 311.5万円
沖縄 299.0万円

一概には言えませんが、大都市の方が地方よりも年収水準が高く、東京で活躍する一流のCADオペレーターであれば500万円以上の年収も可能です。もちろん、大都市に行けば必ず高い年収が貰えるというわけではありませんが、一つの可能性をして検討してもいいでしょう。

会社の規模によって年収は変わる

CADオペレーターの年収は勤務する会社の規模によっても変わってきます。一流の大企業であれば400万円以上の年収も可能ですが、個人事務所や小規模な設計事務所の場合は300万円前後の年収になるでしょう。

一概には言えませんが、参考として会社の規模別にまとめた年収表をご覧ください。

企業規模 平均年収
大企業のCADデザイナー・オペレーター 411.4万円
中企業のCADデザイナー・オペレーター 345.4万円
小企業のCADデザイナー・オペレーター 300.6万円

上記の表でいうならば、小規模と大規模な企業の場合、年収が100万円前後違うことになります。もちろん、一流企業であれば求められることも多く、プレッシャーとの戦いになりますが、自分の可能性とスキルを伸ばすためには大企業への就職を目指すといいでしょう。

役職が付けばCADオペレーターの年収もアップ

会社に勤務するCADオペレーターであれば、通常のサラリーマンと同じ扱いなので、働きが認められれば役職が付き、年収もアップします。

会社の規模や業界によっても差があるので、一概には言えませんが、参考として役職別の年収をまとめました。

役職 平均年収 ボーナス
主任 313.2万円 78.3万円
係長 389.8万円 97.5万円
課長 515.1万円 128.8万円
部長 569.4万円 142.4万円

上記の表を参考にするなら課長、部長クラスになると年収も500万円以上になり、ボーナスも100万円以上が期待できます。

設計士とは異なるCADオペレーターが500万円以上の年収を得ることは簡単ではありませんが、不可能ではありません。高額年収を目指して、スキルの向上に努めましょう。

CADオペレーターが年収をアップさせるために必要な能力

CADオペレーターとして高い年収を得るためには必要な能力があります。今回は3つの能力に絞ってご紹介します。

  • 正確性
  • コミュニケーション能力
  • 問題を解決する能力

まず、重要なのは正確性です。設計士がイメージした内容を正確に図面に書き込んでいかなければいけません。ミリ単位の仕事なので、正確で几帳面な仕事が求められます。

また、CADオペレーターは設計士の意図を正確に理解し、時にはクライアントとも密な意思疎通を図る必要があるので、コミュニケーション能力も欠かせない能力です。

そして、作図にはトラブルがつきものですから、設計ミスや施工手順などのトラブルが発生した時にいかに早く対応し、問題を解決できるかもCADオペレーターに求められています。

これらの能力を備えているCADオペレーターは重宝され、必然的に年収もアップしていくでしょう。

CADオペレーターがキャリアアップする方法

CADオペレーターとして十分のスキルを身に着けたならキャリアアップを目指しましょう。

例えば、建築系で経験を積んだCADオペレーターであれば、難易度の高い、一級建築士を目指せます。一級建築士の平均年収は約700万円前後になり、CADオペレーターの平均年収と比べると大きなステップアップになります。

他にも機械設計工や歯科技工士にキャリアアップするという方法もあり、コツコツとスキルを身に着けるなら、より年収の高い職業へ転職することもできます。

CADオペレーターの給与・年収まとめ

大企業への就職、特殊なCAD操作をマスターすれば高額年収が可能

今回はCADオペレーターの給料・年収について特集しました。基本的にはCADオペレーターの年収は平均水準になっており、とりわけ高い年収を期待できる職業ではなさそうです。

しかし、一流企業への就職や資格の取得、特殊なソフトの操作方法をマスターすれば平均以上の年収を得ることも可能です。

CADオペレーターは建築業界、土木、機械系で活躍することができますが、自分がどのようなキャリアプランを進みたいのかを検討しておく必要があります。

これからも需要が増えると見込まれているCADオペレーター、是非、挑戦してみてください。

CADオペレーターの参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

CADオペレーターの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB