DTPオペレーターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

DTPオペレーターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

DTPオペレーターは、さまざまなデザイナーが作ったデザインを忠実に再現させるために編集を行い、印刷物として問題なく印刷ができるデータを作成する仕事です。どのようなスキルがDTPオペレーターになるには求められるのでしょうか。このページでは、DTPオペレーターについて紹介します。

DTPオペレーターになるには何が必要?

DTPオペレーターになるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。DTPオペレーターになるために必要なことを紹介していきます。

Photoshopのスキル

DTPのデータはクライアントによってさまざまです。その中でも最も主流となっているものがPhotoshopです。Photoshopのスキルをしっかり持っていれば、どのようなクライアントに対しても柔軟に対応することが可能になります。

しかしPhotoshopのスキルが全くないとデータのやりとりに苦労するだけでなく、仕事を任せられない可能性があるのでDTPオペレーターを目指すのであれば、Photoshopのスキルを磨いておくようにしましょう。

判断力

DTPオペレーターは、クライアントとなるイラストレーターやデザイナーの要求に応じたデータ作成をしなければなりません。いくら良いデザインが完成していたとしても、DTPオペレーターが印刷にあったデータに修正を行い編集しなければ、雑誌や書籍、印刷物にした時に意図しないレイアウトになってしまう可能性があります。

このような状況を避けるために、DTPオペレーターはデザイナーやクライアントの要望に応えるためにはどのようにすれば良いか、作品ごとに判断しデータ作成をしていく必要があります。判断力がなければDTPをどのように作成すれば良いかわからないため、難しいデザインになれば、うまく反映することができないという判断を下さなければいけないこともあります。

パソコンの知識

DTPオペレーターを志すのであれば、パソコンの知識が必要不可欠になります。全てのデータを扱う上でパソコンの知識が必要です。

もちろん、Photoshopのような特別なアプリの知識も必要不可欠です。しかし相手の使用しているPCやアプリケーションによってはデータがうまく反映されず、データのやりとりがうまくいかないというケースも考えられます。

このような状況下で、どのような作業をする必要があるのか、クライアントに対してどのような対処方法をすれば良いかが異なるので、パソコンの知識を少しでも多く蓄えておくようにしましょう。

DTPオペレーターに向いている人、適性がある人

それではDTPオペレーターに向いている人、適性がある人はどのような人物なのでしょうか。ここからはDTPオペレーターに向いている人、適性がある人について紹介していきます。次のような人物がDTPオペレーターに適しているといえます。

向いている人

DTPオペレーターに向いている人の特徴を紹介しましょう。次のような人物であればDTPオペレーターに適した人物であるといえます。

細かい作業が得意な人

DTPオペレーターの作業は細かい作業の連続です。フォントの調整、文字間隔の調整、色味の調整など既存のデザインに沿ったデータに編集するため、細かい点を修正しながら印刷物にした時にデータがうまく反映させるために細かい作業を多く行って実現をさせます。

時には、素人ではわからないような細かい作業を求められることもあります。このような場合でも、「細部まできちんと再現することができる」というスキルが求められます。そのためめんどうな細かい作業でも苦にならないようなスキルが必要になります。

指示通りの要求に応えることができる

DTPオペレーターは、デザイナーに指示されたものをその通りに反映させる必要があります。自分の解釈ではなく、指示通りに完璧にこなす必要があるので言われたことを忠実に再現することができるスキルもDTPオペレーターには求められます。

機械に詳しい

DTPオペレーターはパソコンに詳しくなければ勤まりません。パソコンに詳しい方はDTPオペレーターとしてもきちんと仕事をこなすことができるので、機械に強い、パソコンのソフトに対して知識が豊富な方には有利な仕事であるといえます。

約束をしっかり守ることができる

DTPデータの作成では、期限が限られているケースがあります。場合によっては2〜3日で仕上げることもあれば1日で仕上げる必要があるケースもあります。どのようなケースで仕事が振られても納期をきちんと守らなければなりません。

納期を破ってしまうと印刷物の完成が遅れてしまう可能性があり、クライアントだけでなく商品の発売を遅らせてしまう可能性があるので、約束をしっかり守れる人はDTPオペレーターとして評価され、向いている仕事であるといえます。

印刷に関する知識を熟知している人

デザイナーの作った作品の中には、どうしてもDTPオペレーターの手に追えないデータもあります。このような発注を受けた場合、印刷物に詳しければ「できる」「できない」をクライアント側に伝えることができます。そのため印刷に熟知をしている方であれば、DTPオペレーターに向いているといえます。

適性がある人

DTPオペレーターにはどのような方であれば適性があるといえるのでしょうか。DTPオペレーターに適性がある人物像について紹介していきます。

コツコツやることが好きな人

DTPオペレーターの仕事はコツコツとやる仕事が多いため、細かい作業をコツコツやる方が適した仕事であるといえます。1日中パソコンに向かう仕事でもあるので、コツコツとパソコンの前で作業ができる方にはオススメの仕事です。

臨機応変な対応ができる人

DTPデータの編集は全く同じ作業がありません。依頼内容によっては全く違うケースもあります。そのためその都度対応をしっかりできるような臨機応変に対応することができる方がオススメです。

依頼内容によっては臨機応変に対応をしなければいけないケースもあるので、臨機応変に柔軟に対応することができる方には適した仕事であるといえます。

単純作業が得意な人

DTPオペレーターの仕事は言われた通りのデータを作ることが仕事になるため、単純な作業が多くなってしまいます。そのため単純作業に飽きてしまうようであれば、途中で断念してしまうケースもあります。単純作業が得意な方にはDTPオペレーターの仕事はオススメであるといえるでしょう。

DTPオペレーターになるための学校・教室

DTPオペレーターになるための学校や教室はあるのでしょうかDTPオペレーターを育成する学校を紹介しましょう。

デザインの専門学校に通う

DTPオペレーターの仕事はデザイン系の大学や専門学校で学ぶことができます。DTPオペレーターに必要なPhotoshopの扱い方を中心に学ぶだけでなく、どのようなスキルが求められるかを実践的に学ぶことができるので、これから専門学校、大学に通おうと検討している方は芸術系の専門学校を検討してみましょう。

パソコンスクールで学ぶ

専門学校以外でDTPオペレーターを学ぶのであれば、パソコンスクールがオススメです。パソコンスクールでは段階に合わせた学習をすることができるので、自分に合ったコースに入会してDTPオペレーターに求められているスキルを磨くようにしましょう。

Photoshopのスキルが必要不可欠になるため、Photoshopのことが全くわからないようであれば、Photoshopのノウハウを学ぶようにしましょう。

DTPオペレーターになるには?まとめ

パソコンスキルが必要不可欠な仕事

DTPオペレーターは、デザイナーが作りあげたデザインを印刷物にするために修正を行う重要な仕事です。完璧な仕事をするためには、パソコンに関する豊富なスキルが必要になるので、これかDTPオペレーターを志すのであればパソコンの知識を学んでおくようにしましょう。

パソコンのスキルがあればDTPオペレーターとしての仕事を完璧にこなすことができるため、興味がある方はパソコンスキルを磨いておきましょう。

DTPオペレーターへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ユーキャン

DTPオペレーターの参考情報

平均年収300万円〜400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

DTPオペレーターの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB