DTPオペレーターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

DTPオペレーターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

DTPオペレーターの仕事内容は具体的にどのようなものでしょうか。DTPオペレーターとして働く人は出版社や印刷会社で仕事をする人が多いです。また、広告代理店で商品やサービスのプロモーションツールを作成する人もいます。正社員で雇用されることもありますが、派遣社員として人員を確保している会社も多いです。

DTPオペレーターとはどのような仕事?

そもそもDTPとは一体何?どのような業界で活躍している職業か

DTPとは「Desk Top Publishing」の略で日本語に訳すと卓上出版です。DTPオペレーターの仕事は具体的に、雑誌・新聞・チラシ・ポスターなど印刷物の紙面を作り、データに起こしていく仕事のことです。また、DTPオペレーターがデザイン作成やコピーライティングを行うことは基本的にありません。

クライアントの依頼内容をもとにデザイナーやコピーライターが原案(ラフ案)を作ります。クライアントの依頼とデザイナーの指示通りに紙面を編集・加工・調整などを行います。

DTPオペレーターはどんな仕事?印刷物の紙面構成がメインの業務内容

DTPオペレーターは書籍や雑誌の出版だけでなく、さまざまな場所で必要とされる仕事です。出版業界や印刷会社だけでなく、デザイン会社や広告代理店などでもDTPオペレーターは活躍しています。

基本的にはデザインなどを担当する人が出した案に沿って、パソコンソフトなどを使い紙面を作成するのが仕事です。しかし会社によっては「DTPオペレーター」として求人募集してもデザイナーの仕事の一部を担い、自分でデザインを行わなければならないこともあり、その場合「DTPデザイナー」と区別して呼ばれることもあります。

特にデザイン会社や広告代理店に勤めた場合、紙面のデザイン制作から求められることが多いようです。

正社員?派遣社員?専門職としてのDTPオペレーターの働き方とは

DTPオペレーターはソフトの操作方法を修得すれば基本的には誰でもできる(会社によってはデザインセンス・色彩センスなどを問われることがある)仕事です。そのため給与も低水準の傾向にあり、DTPオペレーターとして出版業界や広告業界を経験した後で、グラフィックデザイナーや編集者として転身しキャリアアップを図る人も多いです。

デザイナーやクライアントから指示を与えられるとその通りに実行する業務内容が多く、正社員としてDTPオペレーター専門の仕事に就いたとしても賃金がなかなか上がらないことも多くあります。またDTPオペレーターとして正社員で働く人は若い人が多い傾向があり、これには業界内のさまざまな事情があるようです。

例えばDTPオペレーターの経験を経て、デザイン系の仕事に途中でキャリアアップする人が多い、というのも関係あるといえます。DTPオペレーターより、個人のセンスと能力が結果を左右しやすいデザイナーの仕事の方が給与は上がりやすい傾向にあります。

また比較的大きな企業に勤めた場合、DTPオペレーターから昇進してデザイン系の仕事を命じられることもあるようです。DTPオペレーターとして契約社員・派遣スタッフ・アルバイトを雇用することで人員を確保している会社も多いです。年配で経験豊富なDTPオペレーターは正社員ではなく派遣スタッフとして働いているケースも多く見られます。

DTPオペレーター専門の派遣スタッフはよくある事務の派遣より時給がよく、正社員として働くよりも派遣スタッフとして働いたほうが待遇が良いことも多いようです。DTPオペレーター専門の派遣スタッフとして働いている人は、知識と経験が豊富で職場でも必要とされる実力のある人がほとんどです。

またDTPやデザイン関連の仕事を個人で請け負うなど、一般的な会社員に比べて多様性のある働き方をしている人も多いです。

DTPオペレーターの具体的な仕事内容

クライアントとの打ち合わせに参加して完成イメージをヒアリング

DTPオペレーターが紙面を制作し、完成させるまでの流れはある程度決まっていることが多いです。ただし、会社によって仕事の仕方やDTPオペレーターの業務内容の範囲が異なります。

また顧客によって依頼内容や注文内容が異なるため、担当する顧客ごとに今までどのようなひな形を使ってきたのかなど逐一確認する必要があるでしょう。担当のDTPオペレーターが交代する時などは念入りに引継ぎを行う必要があります。

仕事の内容によってはグラフィックデザイナーやコピーライターなど、制作にかかわる担当者たちがクライアントと打ち合わせを行います。

中には何度も似たような取引を何度も行っていることもあり、その場合は以前使ったデータの必要か所に修正を加えるだけのこともあります。色味を変えたり文面に変更を加えたりする作業だけなので、顔を突き合わせた打ち合わせは行われないこともあります。

グラフィックデザイナーがデザインし、コピーライターが文面を考える

クライアントからの要望や企画の主旨をヒアリングしたことをもとに、デザイナーやコピーライターが紙面のデザインや文章を考えます。その後ラフ案としてDTPオペレーターに後の作業を任せます。

ラフ案を決めるのは、紙面の大部分の方針を決めるデザイナーの手腕が問われる重要な作業です。最大限クライアントからの要望に応えようと時間がかかりすぎてしまうと、後にDTPオペレーターの作業が控えているため、スケジュールが大幅におしてしまうことも出てきます。

作業に重要ポイント「ひな形」作成と、必要とされるプロとしての細やかな気遣い

デザイナーから受け取ったラフ案をもとに、DTPオペレーターがデータに起こしていきます。初めて取り掛かる案件の場合、最初にひな形を作成します。何度も引き受けている類似の案件であればすでに作成されたひな形を使用します。

ひな形に不具合があると、そのあとの工程がすべて無駄になり最初からやり直しになってしまうことがあるため、ひな形作成の作業はより慎重に行う作業でもあります。

DTPオペレーターの仕事は、ラフ案通りにデータを作ればいいと思うかもしれません。しかしデザイナーやコピーライターによっては大まかな指示しか明示しないことも多くあり、1つのラフ案から数パターン、多いときは数十パターンの紙面を作り、その中から最も良いものを選びます。

経験豊富なベテランDTPオペレーターであれば、クライアントやデザイナーの意図を汲んだ紙面の構成を作ることができます。DTPオペレーターの腕の見せ所でもあります。

校正・クライアントなどに確認してもらい、OKがでるまで修正を重ねる

文章や漢字などに間違いはないか校正担当に確認してもらいます。またポスターやチラシなどデザイン性の高いものに関してはクライアントに直接確認してもらい、時には何度も修正を重ねる必要があります。

クライアントから変更が入ったら、どんな状況でも即修正を求められる

デザイン以外にも、クライアントから紙面の記載内容に急な変更が入った場合、対応する必要があります。

サービスや商品をプロモーションするためのチラシやポスターを作る会社でDTPオペレーターをしている場合、よくあるのが値段の変更です。旅行会社の料金表や、イベントのチケット料金まで、さまざまな事情で変さらになりやすい部分です。

同時に絶対に間違えがあってはならない部分であるため、DTPオペレーター、校正、デザイナー、営業担当など、金額表示や日付表示はかなり注意してみる部分です。

締め切りを厳密に守らなければならない職業、深夜作業や徹夜もある

印刷業界や出版業界では、締め切りが迫る中時間と戦いながら仕事をしなければならないことがあります。DTPオペレーターも同様で、クライアントと契約した期限内に入稿できそうにない場合は、深夜残業や徹夜をしてでも間に合わせる必要があります。

DTPオペレーターの仕事のやりがい

DTPオペレーターの手腕によって印刷物・出版物の読みやすさは変わる

DTPオペレーターの手腕によって、印刷物の出来具合が左右されます。そのためかなり細かなところにまで気を配る必要があるといえるでしょう。例えば文字のレイアウトです。どんな年齢層が手に取ることが多いのか、どのような場面で目にすることが多いのかによって文字の行間やフォントは異なります。

またどのような用紙に印刷されるのか考慮に入れたうえで配色を決めるなど、校正担当者やデザイナーもあまり気に留めなかった部分に気を配ります。DTPオペレーター本人しか知らない気遣いが印刷物を生かすこともあります。自分が行った仕事が読みやすい、手に取ってもらいやすい仕上がりになった時、やりがいを感じるといえるでしょう。

DTPオペレーターの経験を生かして同業界でキャリアップを目指せる

DTPオペレーターの経験を経て、同業界の別職種に転身する人も多いです。特に、デザイン事務所や広告代理店で働くDTPオペレーターはデザインセンスが求められることが多く、DTPオペレーターという職業もデザイン系の仕事に分類されることが多いです。

独自のセンスを生かして将来的にはグラフィックデザイナーになる人や、出版業界で編集者として活躍する人などキャリアアップする人が多いです。またDTPのスキルは専門スキルです。

使用するソフトなどは日々進化するので対応しなければなりませんが、DTPオペレーターの仕事経験を生かして就職活動・転職活動を行いやすいです。同業界でキャリアアップできるのは、やりがいの一つといえるでしょう。

DTPオペレーターの仕事内容まとめ

DTPオペレーターの仕事は印刷業界の「縁の下の力持ち」な専門職

DTPオペレーターの仕事はいわば業界においての「縁の下の力持ち」の要素が強いです。しかしDTPオペレーターが細かなところまで気を配って仕事を行い、クライアントとデザイナーの意図を汲むからこそ安心して仕事を進められます。

指示通りに紙面を構成すればいい仕事ではありますが、だからこそ実力のあるDTPオペレーターが行うと、結果に差が出るといえるでしょう。

DTPオペレーターへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

DTPオペレーターの参考情報

平均年収300万円〜400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

DTPオペレーターの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB