公認会計士の給与や年収は?経験を積めば圧倒的な高年収を獲得できる

公認会計士の給与や年収は?経験を積めば圧倒的な高年収を獲得できる

努力して勉強してなれない人も多く、だれもが憧れる職業の公認会計士。平均の給料や年収はいくらくらいなのでしょうか?今回はこの記事で公認会計士の平均給与や年収とともに、給与アップの可能性や手段についてご紹介します。

公認会計士の初任給

公認会計士の給料は平均30万円

日本の三大難関国家試験の一つと言われる公認会計士ですが、公認会計士として働く場合に初任給は30万円前後が相場と言われています。

大学を卒業してすぐに公認会計士として仕事をすることは難しいですが、試験に合格して監査法人に勤めることが出来れば、一般企業よりも高収入を期待できる仕事でもあります。

一般企業よりも高額な初任給を得ることが出来る公認会計士ですが、残業も多く、仕事としては専門的で大変な部分も覚悟しておきましょう。

事務所の規模によって報酬は左右される

公認会計士は初任給を含めて一般的な企業よりも高額のケースが多いですが、事務所の規模や経営状況によっても報酬は左右されます。

大手監査法人になれば信頼度も高く、経営規模の大きい企業との取引が多くなるので、報酬面でも有利になると言えます。

経営規模が小さい事務所に勤める場合には、得られる報酬は少ないケースが多いので、働く職場の規模も公認会計士として考えおくことをお勧めします。

公認会計士として昇格した場合には給料はどれくらい変わる

公認会計士としての仕事は一般企業と同じように年齢や会社の貢献度によって昇格があります。昇格することで得られる給料は上がりますが、スタッフ、シニア、マネージャーなどランクがあります。

シニアとスタッフの収入の差としても10万円から15万円程あり、昇格するまでの期間はかかりますが、夢のある仕事と言えます。

公認会計士の平均給与の統計

公認会計士の平均給与は約50万円

厚生労働省のデータによると、公認会計士の平均給与は約50万円となっています。有資格者として企業の会計監査や税務を担っているブランド力も高い専門職の公認会計士は、平均給与も高額という事が分かります。

20代で公認会計士として仕事をしても、一般企業から比べると高給与ですし、年齢を重ねて経験や役職が上がればぐんぐん給与も上がっていきます。

ただ、残業が当たり前の仕事であるため、肉体的にも精神的にも負担がかかる仕事とも言えます。給与だけに捉われて、心が折れないようにすることも大切になりそうです。

一番平均給与が大きい年代は50代

会計のプロである公認会計士ですが、平均して給与が大きい年代は50代と言われています。経験を積んでいけば役職も上がり、50代の平均給与は約70万円で、20代の平均と比べれば30万円以上変わってきます。

役職が上がれば管理職になり、残業代が出なくなることになりますが、それでも年齢を重ねるごとに給与の上がり方が大きい仕事の一つと言えます。

ボーナスもかなり大きなウエイトを占める公認会計士

公認会計士として監査法人に勤める場合にボーナスもかなり大きく、給与の2か月分を年に2回支給されます。

20代の公認会計士のボーナスは約140万円程で、50代になると300万円程になり、給与の金額に影響されるボーナスもかなり大きなウエイトを占めていると言えます。

20代でも100万円以上のボーナスが貰える事も公認会計士の魅力と言えますが、年齢を重ねるごとにボーナスも跳ね上がる事になります。

企業の規模によって変わる月収

公認会計士として仕事をする場合に、監査法人の規模によっても月に貰える金額は変わってきます。厚生労働省の企業規模比率によると、大企業の公認会計士の平均月収は約67万円で、中企業は約55万円です。小企業になると、50万円程が平均で約20万円の差があります。

会計のプロとして公認会計士は多くの企業に必要とされていますが、自身が働く企業の規模も、働く上では考えておく必要があります。

公認会計士の平均年収の統計

公認会計士の平均年収は約700万円

公認会計士は難関の国家試験を突破した会計のプロとして、平均年収は約700万円とかなり高給です。なるために難しい関門をクリアする必要があるので、それ相応の報酬が期待できるのです。

大手監査法人に勤める場合にはより高給が期待できますが、残業は当たり前の世界なので、仕事量を考えるとそれほど多いとは言えないかもしれません。

男性と女性では年収に差がある

公認会計士の年収は、男性と女性で年収に大きな差があります。女性の公認会計士の場合には、平均年収が男性よりも200万円ほど少なく約500万円程です。

女性の方が男性より少ない理由としては、男性と比べると開業してフリーランスの公認会計士が少ない為と言えます。

女性の場合には出産や育児などをメインでする人も多いので、安定性を求めて福利厚生の厚い監査法人のスタッフとして勤務していることが多いです。女性は男性より平均年収に大きな差がありますが、それでも仕事にも育児にも専念出来ますし、安定した収入が得られることは大きな魅力であると言えます。

役職で大きく変わる公認会計士の年収

公認会計士は給料が多い事で人気のある仕事ですが、年齢や役職に応じて年収がかなり変わってきます。公認会計士として一番初めは、スタッフとして約500万円前後の年収が平均的ですが、シニアに昇格すると約700万円までアップして、マネージャーになれば約1000万円程の年収が得られます。

シニアからマネージャーへ昇格すると管理職になり、残業代が出なくなるのでマネージャーに昇格する前に開業する人も多いのが公認会計士の世界ではよくある事です。マネージャーからパートナーに昇格すると、年収1500万円以上の高給を獲得することが出来ます。

一般的にスタッフから始まりマネージャーへの昇格までは10年以上かかるので、地道に会社への貢献をして長いスパンで考えることをおすすめします。

将来的に独立すると年収はさらに望める

公認会計士として働く人の中には、キャリアアップを目指してフリーランスとして活躍する人も多いです。

個人で事務所を開設して、経営を財務の面からサポートすることが業務になりますが、フリーランスとして活躍するには、安定した価値をクライアントに提供できる事や、営業力なども含めて実力主義になります。公認会計士の業務と税理士の業務を兼任して行う事になるのが一般的ですが、年収は2000万円以上と言われています。

監査法人である程度の経験を積んだ場合には、公認会計士として独立開業することも考えておくと良いでしょう。

働く地域でも年収は大きく変わる

厚生労働省が出した都道府県の平均給与比較によると、公認会計士の平均年収は地域によっても大きく金額が異なります。一番年収が高い地域は東京で平均1296万円、ついで大阪、愛知の順番に高いです。都心部の地域の方が大きい仕事の案件が入りやすく、それが年収に大きな影響をしていると言えます。

公認会計士の年収が低い地域としては、宮崎や佐賀、沖縄が約740万円前後になっています。東京と比べると500万円以上平均年収の差があるので、公認会計士として仕事をする場合には仕事をする地域も考えておくことが大事になりそうです。

公認会計士の給料・年収まとめ

公認会計士の年収レベルは高め。残業が当たり前だが経験を積めば高給与が得られる

公認会計士の平均給与と年収レベルは、残業など肉体的にも精神的にも専門分野という事から負担は大きいですが、高めの傾向と言えます。

経験や役職、働く地域や企業の規模でも差が大きいですが、圧倒的に高いハードルをクリアした人のみが出来る公認会計士だからこその高給与と言えます。経験を積んで役職が上がれば、さらなる高給与が期待できますし、途中でフリーランスとして独立開業することで、2000万円以上の年収を獲得する事も可能な夢のある仕事です。

公認会計士という仕事は、資格合格難易度Sランクの高いハードルをクリアしてこそできる専門職なので、経験の蓄積と企業への貢献をしていけば大きな収入に繋がる夢のある仕事と言えるでしょう。

ミイダスで「あなたの適正年収」を診断可能!

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値、スキル、パーソナリティを診断・データ分析できるサービスです。

公認会計士の参考情報

平均年収800万円~
必要資格
  • 公認会計士
資格区分 国家資格
職種金融

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

公認会計士の関連記事

金融に関する他の職業KANREN JOB