販売促進の給与・年収は?初任給や支給される手当まとめ

販売促進の給与・年収は?初任給や支給される手当まとめ

専門的な分野で人気の高い販売促進。平均の給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?勤務先によって変動しやすい傾向にある販売促進の給与。専門的な仕事だからこそ、学歴よりも経験に左右されるケースが多いようです。今回はこの記事で、販売促進の平均給与や年収とともに、給与アップの可能性や手段についてご紹介します。

販売促進の初任給

新人の給与は平均18~20万円

販売促進として働く場合、初任給は18~20万円程度が相場といわれています。細かい分析や調査を行う専門家として人気の高い職業の販売促進ですが、給与面では他の企業と同じような初任給であると言えます。

どこで働くかによっても多少の差はあるようですが、特に新人の頃は販売促進として覚えるべき要素が多く精神的にもハードな為、対価としては相応な金額であると考えられます。

転職したときの給与は経験や役職で左右されやすい

販売促進の世界では、よりレベルの高い場所で経験を積むために転職する人も多くいます。転職した場合の初任給はこれまでの経験や採用予定の役職によって決まるのが普通です。課長や部長などでの採用であれば、25万円以上の給与でスタートするのが一般的と言われています。

基本的に販売促進の仕事として10年以上働いているなど、一定の経験やスキルがあれば新卒採用者と同じ給与でスタートすることは少ないようです。勤務先によっても給与スタートの基準は異なりますので、確認しておく必要があります。

中には新卒採用者と同じ給与を提示される場合もあるので、経験や実績をアピールすることが大切です。

異業種から販売促進への転職は給与の確認を

異業種から販売促進に転職する場合には、年齢に関係なく新卒と同じ給与になることが多いです。転職前の業種によっては給与が大きく下がってしまう可能性もあるので決めるときには慎重に行いましょう。

販売促進と言ってもアクセサリーやアパレル、百貨店などジャンルは様々あるので、ジャンル別でも販売促進への転職時には確認が必要になります。

販売促進の平均給与

販売促進の平均給与は約28万円

厚生労働省のデータによると、販売促進の給与は全国平均が約28万円となっています。

販売促進の仕事は商品の販売をするために企画を作成し、商品の発売日が近くなると忙しくなり夜遅くまで働く必要があり、新人の頃は慣れるまで特に大変に感じるでしょう。ただ仕事に慣れて来て自身の考えるキャンペーンやイベントが成功すると、大きなやりがいに繋がる仕事です。給与だけに捉われて心が折れない様にする事も大切になりそうです。

勤務期間に応じて給与もアップすることが多い

販売促進の仕事の給与は、勤務期間に応じてアップするのが一般的です。特別な資格がなくても業務に就くことが可能なので、最終学歴によっても採用時の給与が左右されることは少ない傾向にあるようです。

求人を探す際は給与以外の手当もチェック

販売促進の全体の統計では、給与とは別に支給される賞与は一般的な企業と同等か多めという結果が出ています。

当然企業によっても異なりますし、販売促進の世界はその商品の販売が近づくと忙しくなり残業も多くなる傾向があります。企業によっては基本給以外の各種手当や残業代が支給されない場合もあるので、働く事を検討している企業について確認しておく事をお勧めします。

転職をする場合には、求人票の一覧で残業代が支給されるか給与以外に賞与や各種手当について理解を深めましょう。

経験や実績によっては給与アップにつながることも

販売促進の給与は一般的に見て高い方だと言えますが、高い実力や経験があればさらに高額な給与が期待できます。スキルアップで転職をする場合にも幅広いジャンルで販売促進の経験や部長や課長などの役職に就いていた経験があれば、給与に実績を考慮してもらえる可能性も高いでしょう。

他にも自信が考えた企画で有名な商品を販売促進出来た経験やコストを抑えて大きく売り出しに成功した実積があれば給与アップのチャンスが生まれるかもしれません。

資格取得が給与や手当に反映されるケースも

販売促進の仕事は経験や実績が重視する仕事で、結果が証明という事につながります。資格を取得しておけばその分野の知識やスキルの証明にもなるので、給与アップに大きく反映される可能性があります。

販売促進の仕事で特に給与への対価に繋がりやすいのは、セールスに関する戦略や統計のスキルを学べるプロモーショナル・マーケター認証資格やマーケティングの知識を証明するマーケティング・ビジネス実務検定の資格です。流通やIT業界でも人気が高い資格で持っていれば十分なスキルの証明にもなるでしょう。

せっかく取得した資格を活かすためにも、就職や転職の際に資格手当の支給される企業を探してみるのも良いです。資格手当が出るかどうかは、求人票の一覧に記載されているはずです。

販売促進の平均年収

販売促進の年収は300~600万円前後

販売促進の平均年収を平均給与と年間賞与から算出すると約450万円になります。新人の場合月々の給与が20万円であれば、年収は300万円台になることも考えられるため、販売促進の一般的な年収は300~450万円程度と予想されます。

販売促進として経験を積んで役職が上のポジションになれば給与アップも見込めますが、長時間労働になりやすいので肉体的にも精神的にも負担のかかる仕事内容なので、年収レベルは高めの傾向にあると考えられます。高額な年収が期待できる販売促進の仕事ですが、勤務先にもよって異なる事は覚えておきましょう。

男女でも年収に大きな差が出る

販売促進の仕事は男性と女性を比較すると男性の方が割合は高い傾向にあり全体の約70%が男性です。販売促進の男性の平均年収は約550万円で、女性の平均年収は約430万円という結果になっています。

男性の方が年収が大きいのは、出産や結婚で職場を去るケースが多いためと考えられるでしょう。販売促進は経験を積んで年齢を重ねることで給与がアップしていく傾向にあるようですが、若いうちから実績を上げて給与アップさせることも可能と言えます。

企業によっては契約社員としての働き方も

販売促進の仕事として契約社員という形で雇っている企業もあります。非正規雇用の給与は数か月から数年間の契約になり、正社員よりも給与が低い事が一般的です。契約社員は給与は安い反面、定時に帰れるなど、自分の時間を作りたい人にはお勧めです。

契約社員でも待遇は企業にとって異なるものの、住宅手当や提携しているスポーツジムや旅館を利用できることもあります。契約社員の給与は時給にすると1,000円~1,500円ほどになることが一般的です。

販売促進としてアルバイトという働き方も

販売促進として自分の時間を確保しつつ働きたい人はアルバイトとして働く事も出来ます。新商品に伴うキャンペーンやイベントなどの時期はとても忙しい傾向にあるのでアルバイトやパートを雇う企業が多いのです。短期間での仕事になりますが、アルバイトという形で様々な企業を渡り歩く人もいます。

アルバイトとして販売促進としての仕事をする際の1,000円前後になることが多いようです。アルバイトで働く場合の年収は、時給や働いた時間に給与が左右されますので、年収は200万円~400万円程と幅があるようです。

販売促進の給与・年収まとめ

販売促進の年収レベルは高め。やりがいも得られる仕事

販売促進の平均給与や年収レベルは精神的・肉体的にも負担の大きい仕事内容に比較すると、高めの傾向と言えます。経験を積んで実力を付ければ高年収を獲得することも出来ます。

販売促進という職業は経験を積んで努力を続ける事で自分の理想が叶うかもしれない、夢のある仕事と言えるでしょう。

販売促進(セールスプロモーション)の参考情報

平均年収300万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

販売促進(セールスプロモーション)の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB