映像クリエイターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

映像クリエイターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

テレビ、映画、ミュージックビデオ、CM、ゲームの映像など、さまざまなフィールドの最先端で活躍し、今まさに注目を集めている仕事が映像クリエイターです。クリエイティブな仕事につきたい若者なら一度はあこがれる職業でしょう。今回はこの記事で、映像クリエイターの具体的な仕事内容や特徴、やりがいなどをご紹介します。

映像クリエイターとはどんな仕事?

人は、自分が思い描く何かを表現するとき、音楽、造形、イラスト、詩などを用いますが、映像クリエイターはそれらをさまざまな方法や技術を用いて、映像で表現し映像作品を創り出します。

映像で表現することができるものには、テレビ、映画、CM、ゲーム、動画、ビデオといったさまざまなコンテンツがあります。したがって、映像クリエイターとしての仕事のフィールドも幅広いメディアにまたがっています。

活躍できる場

実際、 映像クリエイターとして活躍できる場としてはどんなものがあるのでしょうか?

  • 映像制作会
  • テレビ制作会社
  • ビデオ制作会社
  • アニメ制作会社
  • ゲーム制作会社
  • WEB制作会社
  • 広告代理店
  • 結婚式場など

活躍できる場もさまざまですが、その内容も「コマーシャル」、「テレビ番組」、「映画」、「プロモーションビデオ」、「ミュージックビデオ」、「アニメーション」、「ゲーム」、「Webコンテンツ」とさまざまな分野があり、映像クリエイターの需要は高まっています。

また、需要の高まりに伴って、より高品質な映像制作技術など、高いクオリティや映像センスも求められるようになってきています。

学歴は必要か

映像クリエイターを目指す人の多くは、美術系、芸術系の映像関係の学科のある大学や専門学校で学んでから、映像制作会社、広告代理店、テレビ局などに就職するのが一般的でしょう。

大学や専門学校では、映像に関する基礎から専門的な知識や技術にいたるまで、確実に身に付けることができますし、映像関連の資格取得にも役立ちます。ただ、就職に必ずしも学歴が必要ではないというのも事実です。企業によっては大学卒業でなければ採用しないというところもあるようですが、どちらかといえば学歴よりも実力がものを言う世界です。

大きな映像制作会社、広告代理店、テレビ局などに就職できればよいですが、中小の制作会社のなかには正社員ではなくアルバイトからでないと受け入れてもらえないというところもあるようです。映像制作関連の企業はアルバイトを募集しているところも多く、そこからスキルや経験を積む人も多いようです。

求人や企業情報などを見れば、「何を目指している企業か」、「おもに取り組んでいる仕事は何か」、「どんな人材を求めているか」、といった情報がわかり、「何を身につけていればその企業に必要とされるか」や「この企業に入れば将来どんな仕事を任せてもらえそうか」ということも見えてきます。

どんな進路でどんな映像クリエイターを目指すのかを検討するためにも、映像制作を手がけている各企業の情報や概要について調べておいたほうがよいでしょう。

資格は必要か

映像制作において、特に重要視される資格ですが、「CGエンジニア検定」は持っているとよいでしょう。「映像処理エンジニア検定」、「映像音響処理技術者認定試験」なども、就職に有利に働くこともあり、持っていて損はないと思われます。

しかし、学歴と同様、持っていれば大丈夫、必ずしも認められる、というわけではありません。やはり、受け入れてくれる企業があなたの力を必要とするかどうかが重要です。

さらに、資格よりも映像コンテストなどの入選のほうが大きな意味を持つこともあります。コンテスト情報には常に関心を払い、入選を目指して積極的に参加するとよいでしょう。

映像クリエイターの具体的な仕事内容

まずはアシスタントとして実力をつける

映像クリエイターとしての仕事につくため、映像、テレビ、ゲームの制作会社やテレビ局や広告代理店などに入社してまず行うことは、先輩にアシスタントとしてついて数年間みっちり学ぶことです。そうした下積みの実務経験は無駄になることはなく、高いスキルを取得するためのよい機会を得ることになるのです。

アシスタントとして鍛えられるうちに、絵コンテやシナリオの清書、撮影や編集機材についての知識や技術や発注の仕方なども身につき徐々に企画の提案、映像編集などの仕事を任されるようになれば、作品の担当をメインで携われるようになります。将来的には正社員やフリーランスへの道が開かれることもあるでしょう。

クライアントの依頼に応える

映像クリエイターとして行う仕事は、クライアントから与えられる依頼に沿ってイメージを膨らませ、映像作品として形にしていくことです。

自分はこうしたいというのがあっても、あくまでもクライアントの意図を汲むことが必要です。そのため、クライアントや他のスタッフたちとのコミュニケーションがとても重要になってきます。もちろんそうした話し合いの中で自分のアイデアが採用されることもあります。

それでもたいていの場合、意見の食い違いや、企画が通らなかったり、映像編集のやり直しなども多い仕事ですので、柔軟さとともに、あきらめず根気よく仕事に積極的に取り組んで行く姿勢も必須となります。

映像クリエイターの仕事である「制作系」と「技術系」

映像クリエイターの仕事には「制作系」と「技術系」があり、多くは分業となっています。しかし、制作会社や内容によっては「制作系」と「技術系」、どちらもこなせることが求められる場合もあります。

映像クリエイターの仕事も競争が激しい世界です。実力をつけるためにも、将来的に独立してフリーランスとして活躍するためにも、できるだけどちらもこなせるようになることが、先行き役立つでしょう。

制作系

制作系はプロデューサーによる企画を作成する仕事で、さまざまな作品を制作するために受注したクライアントの要望に沿って打ち合わせをして企画を練ります。

ターゲットとなる層の選定、何を伝えるか、予算や製作期間はどうかなどを話し合いながら、脚本、絵コンテを創り上げていきますから、柔軟な想像力、アイデアが必要です。

技術系

技術系はディレクターによる映像制作を完成させる仕事で、制作するための撮影、編集、加工を行います。さまざまな機材、最新の技術を使いこなす必要がありますので、そのためのCGデザインや特撮技術といった高い専門的技術を身に付けていなければなりません。

もちろん、アシスタントディレクター、カメラマン、カメラマンアシスタント、編集オペレーター、CGクリエーター、などの多くの技術スタッフと関わり合いながら協力して創り上げていくわけですが、皆をまとめてディレクションする仕事として、映像制作の現場で重要な役割を担うことになります。

映像クリエイターの仕事のやりがい

共感できる喜び

映像クリエイターを仕事とする人たちは、自分が抱いていたイメージやクライアントから託されたメッセージなど、表現したい、伝えたいと思っていたものを映像作品として完成させることができた時、大きな達成感や満足感が得られるといいます。

そこにたどり着くまでのさまざまな過程を経て、経験した失敗、調整、試行錯誤といった苦労が報われ、次の作品への糧になるのを感じ、確実にスキルアップできる瞬間でしょう。

しかし、映像クリエイターとしての最高の喜びは、クライアントや映像作品の視聴者から、楽しい、感動した、共感した、感化を受けた、といった感想や高い評価をもらうことだといいます。それは最も大きなやりがいといえるでしょう。

作品作りから得られる知識や出会い

映像クリエイターの仕事は、多岐に及び、さまざまな分野の仕事に携わります。そのため、企画の段階からいろいろな情報を調べる必要があったり、たくさんの異分野の人と接する機会も増えます。

自分の知らなかった情報や知識に触れ、異なる世界や考え方を学ぶことができますし、たくさんの人と接することでも感化を受け、さらに、後に自分の助けとなる人脈も得られるかもしれません。

それは、なかなか普通の仕事からは得られない体験となりますから、一人の表現者として成長する機会がたくさん与えられる仕事という点でも、やりがいにつながるでしょう。

映像クリエイターの仕事内容まとめ

経験を積むことによって一人前の映像クリエイターを目指す

映像クリエイターの仕事に絶対的に必要な資格や学歴はありませんが、場合によってそれが役立つこともあります。しかし、実績や経験がものをいう世界ですから、与えられた仕事をコツコツこなし、積極的に学んで実力をつけることで、はじめて認められます。

映像クリエイターとして、困難な状況でもあきらめないで努力し続け、その努力が実を結ぶときに大きなやりがいを得られる仕事です。

映像クリエイターの参考情報

平均年収350万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映像クリエイターの関連記事