映像クリエイターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

映像クリエイターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

テレビで流れるCMや映画の制作、動画コンテンツ、CGなど、さまざまな分野で活躍する映像クリエイター。情報化社会といわれている今の時代に最も必要とされている職種だといっても過言ではないといえるでしょう。現在最先端の職業ともいえる、映像クリエイターの給与や年収についてご紹介します。

映像クリエイターの初任給

さまざまな分野で求人がある

映像クリエイターの求人を検索すると、あらゆる業種や業界で、映像制作の人材が募集されています。

その業種は、テレビや映画などの映像制作会社やIT関連だけでなく、不動産業やアパレル業界、観光業界など、多岐にわたっています。自社で独自の映像を制作して様々なメディアで配信したいと考える企業が増えてきているためでしょう。

募集の際に提示されている給与額は、業種や企業によってもさまざまですが、概ね基本給が15万円~25万円くらいの職場が多いようです。中には24万円~40万円台、さらには30万円~60万円近くの金額が提示されている企業もありますが、応募者の経験やスキルのレベルによって、双方が納得できる金額を出すことが併せて掲載されています。

現在は映像による情報発信に力を入れている企業も多いため、制作に携わる優れたスタッフを確保したいという思いから、高待遇で迎え入れようと、好条件を提示している企業が多いのでしょう。

アルバイトスタッフの求人が示す給与

映像クリエイターの求人があるのは、正社員だけではありません。映像制作アシスタントなどとして、アルバイトスタッフの求人もあります。

時給は1000円前後と、一般的なアルバイトと同じくらいですが、最低でも週に3日以上、1日5時間以上など、長時間の勤務が条件とされているので、月に6万円以上、勤務日数や時間によっては10数万円の収入にはなるでしょう。

アルバイトの求人には、時給3000円前後という高待遇のものもありますが、こちらはフリーランスや経験者など、即戦力としてのスキルを持っている方が対象です。

ちなみにこれらの求人情報は、すでに新年度が始まっている4月中旬のものです。いずれにしても、多くの企業が映像制作に力を入れており、そのための人材確保に努めようとしていることがうかがえます。

ただ、社員にしてもアルバイトにしても、求人に示されている給与額は幅があるため、実際にはそれほど高額の給与が支払われているというわけではないというのが現状のようです。

映像クリエイターの平均給与

Webデザイナーの年代別平均給与

映像クリエイターが働く職場にはさまざまな分野や領域があります。全ての業種の映像クリエイターの平均給与を算出するのは難しいため、ここでは主に広告映像の企画・制作、ミュージックビデオや企業向けCGのコンポジット、タレント・有名人の映像制作に携わる人たちの給与についてお伝えします。

求人等の各種データによると、タレント・有名人の映像制作に携わる場合でおよそ月給23万円~40万円前後、ミュージックビデオやライブやイベントのステージ映像制作に携わる場合でおよそ25万円~45万円前後、広告映像の企画・制作に携わる場合でおよそ25万円~40万円前後となります。

最近ではyoutubeなどVTuber案件の動画やアニメーションなど、動きのある映像の製作が多く求められるようになってきたことから、より高い製作技術を持っている場合、フリーランスとして業務委託形式で発注しているケースも多くなっています。そのため、より高収入を得たいのであれば、技術を身につけて独立する、という選択肢も視野に入れると良いでしょう。

多忙で不安定な映像クリエイターの仕事

映像制作に関わる仕事の多くは、情報配信のため自社で製作するよりも、映像制作会社やフリーランスの映像クリエイターに依頼して行う場合がほとんどです。小さな映像制作会社やフリーランスが依頼を受ける仕事は、クライアントの予算によっても収入に開きが出てきます。

参考までに、フリーランスとして業務委託を受ける場合、案件にもよりますがVTuber案件を例にすると、およそ月給換算で55万円の報酬額にて依頼しているケースがあります。

実際に、映像制作の業務に携わっている方の話によると、忙しいときは早朝から深夜までの長時間労働になるため、残業代はかなり入ると語られています。フリーランスであれば、クライアントからの依頼の有無によって収入が左右される面があることも否めません。

映像クリエイターの平均年収

職場や立場によってさまざまな年収に分かれる

映像クリエイターの年収は、職種や企業、スキルなどによってさまざまですが、前述の月給から算出した場合、およそ300万円~500万円がボーナスなしの平均年収としては現実的な金額となります。ボーナスあり(最低2ヶ月)で算出した場合、350万円~600万円前後だと推測されます。

なお、大手のテレビ局や映像制作会社・広告代理店などは給与が高額になっています。経験年数が長くなり、スキルが高まってきたり、昇進してチーフになったりすれば、年収700万円~1000万円以上の高収入になることもあります。こういった大手企業は入社すること自体が狭き門ですが、仕事をしながら確実にスキルアップができ、経験とともに収入を上げることが可能なので、やりがいを得られる職場といえるでしょう。

一方、下請けの仕事が多い小さな映像制作会社の場合は待遇が良いとはいえないことが多いです。雇用形態も正社員ではなく、契約社員やアルバイトといった非正規雇用で働くケースもあり、その際の時給が1,000円程度という場合もあります。

映像業界は、資格や学歴に関係なく仕事に就くことができますが、徹底した実力主義の世界なので、大手の企業などに入ってスキルを磨けば確実に収入がアップするものの、下請けなどの小さな会社の非正規で働く場合には低収入で終わってしまうこともあり得るのです。

フリーランスの映像クリエイター

映像制作の仕事は、学歴や資格にとらわれることはない半面、徹底した実力主義の世界なので、フリーランスの場合も、知名度や技術力によって大きく開きがでてきます。

有名な映像クリエイターの場合,仕事を1本受注すれば、それだけで数万円~数十万円、長時間の映像など場合によっては数百万円という収入につながることもあります。
実際、業界で有名な映像クリエイターで、年収が1,000万円~2,000万円という方もいます。

その一方で、まだ駆け出しの若手映像クリエイターは、作業に膨大な時間がかかったにも関わらず、得られる収入がごくわずかというケースもあります。しかし、それでも多くの仕事の依頼に応え、良い仕事を続けることによって、だんだん収入をアップさせることができるのも、実力主義のこの業界ならではといえます。

駆け出しのフリーランスの場合、個人で依頼を受けるだけでなく、映像制作会社でのアルバイトなど非正規の仕事もしながら経験を積んで実力を伸ばす努力も有効でしょう。

需要が高く高収入が得られる映像制作の分野

映像制作の分野の中でも、最近需要の高まりとともにその技術を持っていれば高収入につながる分野があります。

1つはゲーム制作に携わる分野です。ゲームのキャラクターデザインや映像制作などに関わる映像クリエイターは求人数も多く、提示されている給与額は、アルバイトでも1,500円~2,000円近く、正社員の年収として300万円~800万円などと示されています。アミューズメントやスマートフォン用に新しいゲームの需要が高まっているのがその理由でしょう。

もう1つは、3DCGの分野です。3D映像に対する需要も増えてきているのですが、3DのCG制作技術は、教えている専門学校などが増えているとはいえ、まだまだ高度な技術であることに変わりはありません。

3DCG制作も、ゲーム制作と同様に高待遇が提示され、求人で提示されている年収額が300万円~650万円前後、アルバイトの場合も時給が1,300円~2,000円近くとなっています。フリーランスの場合は、CG制作に専門に携わっている場合、年収額が1,000万円になることもあるようです。

この2つの分野に高待遇で多くの人材が求められている現状は、高いスキルが高い収入に結び付く映像制作の世界で、高まる需要に応えられる技術を持つことが、高収入を得るチャンスに結びつくことを示す一例といえるでしょう。

映像クリエイターの給与・年収のまとめ

実力の高さが高収入に結び付く映像制作の世界

映像制作の仕事は最近需要が高まってきているとはいえ、実力によって収入額にも開きがある厳しい世界です。しかし、世の中の動きに目を向けながら仕事の経験を積み、良い映像をたくさん世に送り出すことで認められるうちに、高い収入を手にすることも夢ではありません。

各企業や個人が映像による情報コンテンツ提供に力を入れようとする現代、映像クリエイターは今後ますます仕事の機会が増えていく職業だと言えるでしょう。

映像クリエイターの参考情報

平均年収350万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映像クリエイターの関連記事