映像クリエイターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

映像クリエイターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

専門的な世界だからこそ、映像クリエイターになるには知識や技術を磨く以外に精神的や肉体的な強さも重要です。仕事として続けるには表現力を持ち続けられるかがポイント。どんな性格の人が向いているのか、求められる適性や映像クリエイターにたるための学校選び、取得すると就職に有利な資格などをご紹介します。

映像クリエイターになるには何が必要?

映像クリエイターになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは発想力そして構想を実体化させるための技術力が必要になります。

芸術的センスが映像クリエイターの仕事に役立つ

映像クリエイターの仕事をする上で欠かせないことが芸術的なセンスです。映像は人の聴覚と視覚に訴えかける事ができるものです。映像クリエイターは美術的なセンスと音楽的なセンスの両方が必要になります。

テレビのコマーシャルや映画に興味がある事やアートに精通している事、幅広いジャンルの音楽を知っている事、良い音を聞き分ける事が出来る事は映像クリエイターに必要な事なのです。芸術的なセンスがある人は映像クリエイターとして素晴らしい作品を作り上げることが出来ると考えられます。

コミュニケーション能力も映像クリエイターの大切な要素

映像クリエイターとしてコミュニケーション能力はとても大切な要素の1つです。映像クリエイターはどの現場でも多くの人と関わる事が多いです。打ち合わせから外注、関係業者への発注など会話する機会は多いのです。映像クリエイターとしてコミュニケーション能力も大切になります。

体力も必要な映像クリエイターの仕事

映像クリエイターの仕事はかなりハードなので基礎体力がある事も大切です。映像クリエイターとして映像を作るには、多くの機材が必要になり、運んだりする事もあるので体力的にもハードになります。

映像を作るにあたって長時間作業をする事も精神的な負担は大きくなるでしょう。良い映像を作るためにも体が資本です。自己管理をしっかりとして体調を崩さないようにする事も大切です。

絶対必要ではないが映像クリエイターに関する資格があるほうが有利

映像クリエイターになるには、何かの資格が絶対必要というわけではありません。資格を持っていれば一定の知識やスキルの証明になるので転職や就職で有利に働く可能性はあります。映像クリエイターとして働く人が取得する資格の代表的なものはCGクリエイター検定が挙げられます。

映像クリエイターに向いている人、適性がある人

映像クリエイターになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

チャレンジ精神は映像クリエイターの適性のひとつ

映像クリエイターに求められる適性としてまずはチャレンジ精神が挙げられます。映像を制作には、ありきたりなものではなく、斬新なアイデアが求められる事もあります。新しい挑戦にはリスクが伴いますが、リスクを恐れずに出来るチャレンジ精神がある人は映像クリエイターに向いています。

ポジティブな思考が出来る人は映像クリエイター向き

映像クリエイターの仕事は実力主義であり結果を残さないと淘汰されてしまう世界です。結果を残す事が出来れば、映像クリエイターとして上を目指すことが出来ます。厳しい映像クリエイターの世界でも取り巻く環境をプラスに考えて努力し続ける事が出来るポジティブな思考が出来る人は適性があると言えるでしょう。

技術的な学習を続けられる人も映像クリエイター向き

映像クリエイターの仕事は一般の仕事と比べると専門的で特殊な仕事です。映像クリエイターとして活躍するには芸術的なセンスだけでなく撮影や編集で使用する機材の知識とテクニックが必要になります。機材の種類も多いので、専門的な技術の勉強を日々出来る人こそ映像クリエイターに向いています。

映像クリエイターには向上心も求められる

映像の表現方法や表現技術は年々変化し続けます。映像クリエイターとして活躍するために、変化に柔軟に対応出来なければいけません。向上心を持って現場に満足せずに変化する表現方法や技術を学び続ける人こそ適性があると考えます。

我慢してコツコツと努力できる人

映像クリエイターは目立ちたがりや派手な事が好きな人も向いていますが、コツコツと努力する事が大切です。我慢が出来ないタイプの人は映像クリエイターとして向いていません。

映像クリエイターとして活躍している主張が強い人もいるかもしれませんが、その人たちは人知れず努力してきた人です。コツコツと努力が出来ない人であれば一時的に活躍する事が出来ますが、新しい技術にすぐに置いていかれてしまいます。

映像クリエイターになるための学校

映像クリエイターになるために学校に通う事は同じように映像クリエイターを目指す仲間に出会える事。お互いに助け合い刺激しあって目指せることも魅力です。

映像作りの基礎が学べる専門学校

映像クリエイターになるには専門学校に通う人も多いです。機材と扱い方や映像加工方法などの実践的なテクニックを身につける事が出来ます。東京や大阪などの大都市を中心に映像クリエイターを目指せる専門学校が多くあり、映像学科やCGクリエイターコースなどあらゆる学科やコースがある事も魅力の1つです。

専門学校に通うことにより、映像クリエイターとして必要な基礎知識を学んでスキルを身に付ける事が出来ます。専門学校によっては活躍するプロからの指導を受ける事も出来たりします。

カリキュラムやサポート内容を比較して学校選びを

映像クリエイターになるための専門学校は全国にあり選択肢は豊富です。学校によってはプロからの指導や留学コースが用意されていることもあります。最新の機材について学ぶ事も出来るので、より現場に近い雰囲気で学習ができます。

専門学校によっては資格取得支援や就職に強い学校もあり、卒業の後の進路に対する不安も減るはずです。社会人のための夜間コースなど自分のライフスタイルに合わせて利用できる事は大きな魅力です。

大学でも映像クリエイターになるための勉強が可能

映像クリエイターになるために学校に通う選択肢として専門学校以外では大学で映像クリエイターの技術を学ぶ事も出来ます。

一般的に最も難易度が高いのは、芸術大学や美術大学の映像関係の学科です。入学試験を突破する為には何年も浪人する事は珍しくありません。他にも映像を学べる大学は武蔵野美術大学の映像学科や多摩美術大学の映像演劇学科やグラフィックデザイン学科などが挙げられます。

専門的な大学でなくても総合大学の中にも美術系の学部や学科がある場合もあります。日本大学芸術学部の映画学科や立命館大学の映像学部も知名度は高いです。

アルバイトで経験を積んで映像クリエイターになることも可能

映像クリエイターになるには専門的な学校で知識や技術を学ばないといけない決まりはありません。現場で働きながら映像クリエイターとしてのスキルを身につける事も選択肢にあります。

求人情報を検索すれば全国的に求人があり未経験で採用される可能性はあります。早いうちから現場に飛び込む事は必要なスキルを早く身につけられるメリットがあります。

映像クリエイターになるには?まとめ

資格があればベター。表現力と芸術的センスが映像クリエイターを続ける力に

表現力や芸術的なセンス。映像クリエイターになるにはどんなに仕事がハードでも続けられる力が必要です。加えてコミュニケーション能力やコツコツ努力できる人は、専門的な映像クリエイターの仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就く事は可能と言えますが、資格や学歴があればその方が良いと言えます。専門学校や大学で映像クリエイターとしての基礎を学び、CGクリエイター検定などの資格を持っていれば転職や現場などで有利に働く可能性があります。

映像クリエイターの参考情報

平均年収350万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映像クリエイターの関連記事