セールスエンジニアになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

セールスエンジニアになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

セールスエンジニアになるためには特別な資格は必要ではありません。誰でもなることができますが、専門性の高い職業なので技術支援するための専門知識やコミュニケーション能力、営業力などの適性が必要です。また、時代の変化に対応できる柔軟性や広い視野を持っておくことなども必要になります。この記事では、セールスエンジニアになるための条件を詳しく解説します。

セールスエンジニアになるには何が必要?

セールスエンジニアは誰でもなれる

セールスエンジニアとはIT企業や機械メーカーに勤務する、営業もこなすことができるエンジニアのことを言います。専門性も高く、キャリアップも期待できるので就職業界でも注目が高まっています。

では、セールスエンジニアになるにはどうすればいいのでしょうか?

セールスエンジニアは資格なしでも大丈夫

セールスエンジニアになるためには特別な資格は必要ではありません。やる気と適性があれば誰でもなることができます。

しかし、セールスエンジニアは営業に同行して技術的な説明を行う必要があるため、関係する資格を持っていると有利になります。特に国家資格やベンダー資格は会社からも重宝されますし、就職面接の際にも自分を効果的にアピールすることができます。

また、セールスエンジニアとして活動している間に資格を取っておけば転職の時に有利になりますし、キャリアアップにつながります。

このようにセールスエンジニアになるために絶対に必要な資格はありませんが、自分の可能性を最大限に伸ばしたいのであれば関係する資格を持っておきましょう。

会社によっては資格保有が条件の場合も

セールスエンジニアはIT企業や機械メーカで勤務することが多いですが、大企業や特殊なシステムを取り扱っている会社の場合、特定の資格保有を就職の条件に挙げていることもあります。

IT関係であればシステム情報系の資格が必要になりますし、機械メーカーの場合は関係する機械系の資格が必要になります。セールスエンジニアとして活躍して、将来キャリアアップしたいのであれば、現場で経験を積みながら資格取得に励むと効果的です。

まずはエンジニアとして経験を積むことが必要

セールスエンジニアとして活躍している人の多くは、最初、技術者としてスキルを磨くことが多いようです。機械メーカーであれば製造や設計について学習し、IT関係であればシステムの構築などの基本的なスキルを磨きます。

その後、営業職の人材不足やさらなるキャリアアップのため、セールスエンジニアとして転属する人が多いようです。製品のことを深く知っているエンジニアであればクライアントと円滑にコミュニケーションをとることができますし、難しい質問を受けた時でも営業マンとして最適な回答をすることができます。

セールスエンジニアは誰でもなることができる仕事ですが専門性が高く、一人前になるためには多くの時間と経験が必要になります。

セールスエンジニアに向いている人、適正がある人

セールスエンジニアになるためには適性が必要になります。どのような人がセールスエンジニアに向いているのか詳しく解説します。

視野が広い人

セールスエンジニアはクライアントと自社の関連部署との橋渡しを行う必要があります。社内エンジニアの意向をクライアントに伝え、クライアントの要望を社内の関連部署に伝達しなければいけません。

両者の橋渡しをするためには広い視野を持ち、冷静に状況を判断する能力が必要になります。広い視野を持っていれば、一点集中型になるのではなくクライアントと社内の意向をくみ上げプロジェクトを成功させることができます。

新しいことにチャレンジできる人

企業が求めているセールスエンジニアは、新しいことにチャレンジしながら技術と営業職を向上させることができる人です。同じやり方に固執するのではなく、常に新しい方法や解決策を見いだせる人の方がセールスエンジニアとして成功しやすいでしょう。

特にIT業界や機械メーカーの技術力は日々進歩しているため、チャレンジ精神がないセールスエンジニアは時代に取り残されてしまい、会社にとっても有用な人材とはなれません。

貪欲に情報を吸収して、分からないことがあれば自分で調べるバイタリティーある人はセールスエンジニアとして成功できる素質を持っています。

勉強好きな人

IT業界でのセールスエンジニアになると最初はプログラミングなどの基礎知識を学習し、システム試験を行ったり、設計書を書くようになります。要件定義書を書けるようになると仕事の幅が広がり、プログラミング言語の種類やインターネット関する知見も深くなります。

そのレベルに達するまでには多くの時間を勉強に当てる必要があります。仕事の合間を縫って少しずつ学習することによって一流のITセールスエンジニアとして成功できるのです。元来、勉強が好きという人は成功するための素質を持っているといえるでしょう。

業界の変化に対応できる人

機械メーカー、IT業界共に数年前では想像もしなかったような製品が開発され市場で提供されています。例えば、AIの開発と販売は活発に行われていますが、数年前では人工知能の製品がこれほどまでに市場に出回るとは想像できませんでした。

セールスエンジニアには幅広い知識と共に、時代の流れに対応できる応用力が必要になります。自分のやり方や考え方に囚われるのではなく、柔軟に対応できるセールスエンジニアであれば長い期間に渡って活躍できますし、社内でも重宝されるでしょう。

人に説明するのが上手な人

セールスエンジニアは、自社の製品やシステムの良さをクライアントに理解してもらうために分かりやすい説明をしなければいけません。

エンジニアとして自分では理解できているけど相手に上手に説明できない…という状態ではセールスエンジニアとして活躍することは難しくなります。

自社製品を利用するとどのようなメリットがあるのか、どれほどの効果性があるのかなどをパソコンなどを使って、視覚に訴える方法で説明する必要もあります。

また、クライアントに対してだけでなく自社のエンジニアとも意思を通わせ、お客がどのようなことを求めているかなどを的確に伝えなければいけません。高いコミュニケーション能力はセールスエンジニアにとって不可欠と言えます。

ビジネス英語が話せる人

IT業界や機械メーカーでは海外の製品を扱うことも多く、海外企業とのやり取りが必要になることもあります。特に海外進出に力を入れている企業の場合、高い英語力が必要になる可能性が高く、ビジネス英語をマスターしておくことでセールスエンジニアとしての評価も高くなります。

英語が苦手といわれている日本人ですが、キャリアアップのために英語の学習に励んでおくといいでしょう。目標は日常会話レベルで満足するのではなく、ビジネスシーンでも通用する英語力を身に着けることです。

すでに英語力を身に着けている人は適性を備えていることになりますし、現段階では全く話せないという人も独学や英会話スクールに通うことで高い英語力を備えることができます。

セールスエンジニアになるための学校や講座

大学:大手企業の場合は大卒が条件の場合もある

セールスエンジニアになるための特別な学校などはありませんが、一流企業の場合は大卒を条件にしている場合が多く、少なくても短大卒業が条件になることがあります。

入社してすぐにセールスエンジニアとしてポストを与えられるわけではなく、地道な下積み時期を経験しなければいけません。多くのことを学び、当てはめ、失敗を繰り返すでしょう。

大手企業が大卒者を条件にしている理由には、一定の学力や勉強の習慣がなければセールスエンジニアとして成功することは難しいという判断なのかもしれません。

大学はコミュニケーション能力と人間関係を学ぶ機会になる

大学では日本各地からやってきた人と知り合うことになります。バックグラウンドも異なりますし、それぞれ目標にしているものも異なります。

その環境の中で友達を作り、コミュニケーションを取っていくことはセールスエンジニアとしての能力を磨くことになります。セールスエンジニアは自分の言い分だけを主張するエンジニアではなく、ただ商品を売ればいいという営業マンとも違います。

クライアントと密接につながる職種なので良好な人間関係やコミュニケーションの取り方が重要になります。大学での生活期間をセールスエンジニアになるための準備期間と見なすといいでしょう。

専門学校でIT関係の知識を深める

セールスエンジニアになるために専門学校に行かなければいけないというわけではありませんが、セールスエンジニアの多くはIT業界で活躍しています。

IT関係に特化している専門学校に通えば将来IT系のセールスエンジニアとして活躍できる土台を作ることができます。

例えば、専門学校ではセールスエンジニアに必要な以下の知識を深めることができます。

  • IT全般に関する基本的な知識
  • プログラミングに関する知識
  • システム設計に関する知識

コンピューターの基礎知識は幅広く、独学で学ぶにはハードルが高いですが、専門学校ではハードウェアやソフトウェア、コンピューターの動作原理などを教えてもらえます。

また、JavaやVisual Basicなどのプログラミングの基礎も習得します。周りから信頼されるセールスエンジニアになるためには幅広い知識が必要になりますから、専門学校で基礎学習を行うのも一つの方法です。

セールスエンジニアになるには?まとめ

セールスエンジニアになるには、専門知識やコミュニケーション能力などの適性は必要

今回はセールスエンジニアになるために必要なことをご紹介しました。

セールスエンジニアには特別な資格は必要ではありませんが、高いコミュニケーション能力や勉強好きという適性が求められます。 また、海外で活躍できるセールスエンジニアを目指すのであれば英語力も必要になります。

一流のセールスエンジニアになれば、自分の可能性を最大限に広げられますし、高額年収を得ることができるかもしれません。時間をかけて知識、経験、適性を備えていくことがセールスエンジニアになるために必要なことなのです。

セールスエンジニアの参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

セールスエンジニアの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB