バレーボール選手になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

バレーボール選手になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

大きな試合で活躍しているバレーボール選手を見ていると、いつかこんなバレーボール選手になりたい。なるにはどうしたらいいのだろうと思うものです。それで今回はこの記事で、いつからどのようにバレーボール選手を目指すことができるかについて詳しくご紹介いたします。

バレーボール選手になるには何が必要?

できれば小学生から目指す

バレーボール選手になりたければ、とにかく注目されるような選手になることを目指して成長していくという事です。そのために大切なのはできる限り早くから始めるという事です。

スポーツクラブも最近はいろいろありますが、基礎からしっかり学べて週3~4日以上の本格的レッスンが受けられ、バレーボール選手を目指すためのトレーニング、技術、サポートを受けられるクラブ、スクールに通う必要があります。

小学生であっても、すでに全国大会を目指して日々練習に励む小学生バレーボールチームやよい指導者が所属する一流選手を育ててきた実績のあるスポーツクラブなど、様々なクラブ、スクールがあります。実際、多くの有名な選手は実際そうした小学生クラブ、スクールから学んできています。

1人1人の良さを伸ばし強化し、同時に弱点をいち早くサポートしてもらえるきめ細かな指導は本人のやりがいや自信につながり、何より信頼してその指導についていくことができるでしょう。

親子で見学

親子で見学に行き練習風景を実際に見て肌で感じて見ることは大切です。そして、いろいろな人に積極的に話しかけて全体の雰囲気を知るようにしましょう。生徒たちやその親、指導者の表情やその雰囲気からもいろいろ感じ取ることができます。

何でも疑問に思う事や心配事を正直に質問して問題解消に努め、子供が楽しんで取り組めそうかよく話し合うことも大切です。バレーボール選手になりたいという思いを実現させるには、どうしても親も共にその目標に向かって助けていくことが必然的に生じます。

本格的なクラブ、スクールは、それなりの月謝や諸費用が相当かかりますし、練習試合などの遠征費もかかりますから、家族ぐるみで応援していくなら責任感や最後までやり遂げようとベストを尽くせるでしょう。

スポーツクラブが近くにあり自分で通える範囲であればいいですがそうでなければ親が送り迎えをする必要も出てきます。

丈夫な体を作る

バレーボールは、激しい運動でケガも多いため柔軟な身体作りや瞬発力を付けておくことは大切です。ただし、そのために無理な運動を続けるのはかえって危険です。その時その時に必要な強化すべき時期がありますから焦ってがむしゃらな練習をせず指導に忠実に従い何でも相談して柔軟に取り組む姿勢も大切です。

健康的な食事はもちろん睡眠もしっかりとるなど健康的な生活習慣を身につけるように自己鍛錬が必要です。その場合でも、親の助けは何より必要となるでしょう。

強豪中学への入学を目指す

普通の中学、高校でバレーボール部に入りそれからバレーボールが楽しくなってバレーボール選手を目指したいと思うようになることもあるでしょう。ですが、バレーボール選手になりたければそれでは難しいといえます。

何か他の人にはない人より秀でたものが無ければ難しいのです。小学生から始める利点は、大きな大会で活躍するならバレーボールの強豪中学の目に留まりやすくなることです。実際にそのようにしてバレーボールの名門中学校に推薦で入学した有名選手もいます。

そうした強豪中学は中高一貫の場合があり、中学から高校の6年間をかけてじっくりバレーボール選手へと成長するステップを踏んでいくことになりますから、もっともよいスタートを切ることができるのです。

いずれにしても、強豪中学、高校、大学に勧誘されるように日々練習を重ね、活躍できる選手を目指す事です。そこから更なる有名チームに抜擢されるならプロとしての道が開かれていきます。実業団やV.LEAGUEV(2018/19シーズンより。元Vリーグ)でスカウトされるかもしれませんし有名クラブチームの入団テストで合格できるかもしれません。

バレーボール選手に向いている人、適性がある人

身長がある

バレーボール選手として必要な身体的特徴は、身長です。日本人男子選手の身長は平均190㎝、女子選手の身長は平均178㎝です。身長が高い外国勢との試合でなくてはならない持ち味としては、やはりブロックでしょう。世界と戦っていくためには、身長が高いことは不可欠な要素になります。

身長がただ高いだけでなく、海外選手の上を行く跳躍力、さらに速いボールに反応するための瞬発力も必要です。これらの要素を兼ね備えることで、海外の選手とも互角に戦っていけるようになります。

根性がある

決めた目標に向かって頑張り続けるにはそれなりの根性が必要です。バレーボール選手を目指す長い道のりには様々な経験をします。できないところは克服し苦手なところは得意にするという地道な練習こそが、武器となることもあるのです。

また、自分を他の人と比較して「自分のあそこがダメだ、ここもダメ」と考えたりせずに「自分はここが得意だからそこを伸ばしてみよう」、「これだけは人に負けないコントロールを身につけよう」と自分の得意分野を伸ばしていくには失敗や落胆をばねにして思考をコントロールし、何事もあきらめないで頑張りぬこうとする根性はとても助けになるのです。

実際にバレーボール選手を目指したいけれど、身長がどうしても足りないという人も数多くいます。身長が低いという自分にはどうすることもできないマイナス要素を持つとしても、誰にも負けない瞬発力やジャンプ力を向上させることによって、チームになくてはならない存在としてチームに貢献している選手は各スポーツ界にいるものです。

バレーボール選手になるための学校・教室

バレーボール選手になるための学校・教室はありませんし資格などもありません。ただ、バレーボール選手として活躍している人たちのほとんどが活用してきた教育の場はありましたので、そのいくつかをご紹介いたします。

小学生からのスポーツクラブ

小学生から始められるスポーツクラブは各地にあります。

  • ひまわりバレーボールクラブ
  • スポーツ少年団バレーボール
  • 秋川JVC

上記は一部ですがよい指導者のいるスポーツ教室はまだまだありますので、よく調べて実際に親子で見学にいくのがおすすめです。

できれば体験をさせてもらいそこにいる人にいろいろ質問して「子供自身がやってみたいと思うかどうか」、「親も協力できるか」、「無理なく通えそうか」といったことを皆が納得できるかどうかどうかを真剣に考えることは必要です。

小学生からスポーツ教室に通うことにしたのであれば、あとはコツコツと練習を重ねて基礎を身に着け、成長させてもらいながら強豪校を目指してさらにチームワークや技術を学びバレーボール選手として1つ1つ階段を上るように努力して目標をとらえていくことしかありません。

しかしそうした努力がいつか晴れ舞台で活躍するバレーボール選手へと成長するのですから、長い道のりも積極的に取り組んでいくなら、やりがいにつながるでしょう。

バレーボール選手になるには?まとめ

バレーボール選手になるには、小学生から選手として技術を身につけよう

大抵は、中学、高校の授業や部活で初めてバレーボールの楽しさに触れるのではないでしょうか。ですが、バレーボール選手になるには、できるだけ早くから正しい基礎 やチームワークとしてのルールを身に着け 、練習を重ねつつ高い技術を身につけていく必要があります。

最善なのは小学生から目指す事ですが、長い道のりです。1つ1つの目標を追い求め、達成感を積み重ねていくならそれがやりがいにつながり、バレーボール選手を目指しつつ前進できるでしょう。

バレーボール選手の参考情報

平均年収400万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種スポーツ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

バレーボール選手の関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB