バレーボール選手の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

バレーボール選手の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

バレーボール選手の仕事内容をご存知でしょうか。ただバレーボールの試合に出続けることが選手の仕事ではありません。選手によっては試合以外にもさまざまな場所で、バレーボール選手として活躍するケースもあります。このページでは、バレーボール選手の仕事内容を詳しく紹介します。

バレーボール選手とはどんな仕事?

バレーボール選手はどのような仕事をすることになるのでしょうか。バレーボール選手の仕事内容について紹介していきます。

Vリーグでバレーボール選手として活動

バレーボール選手として主戦場となる仕事がVリーグでの試合出場です。プロのバレーボール選手として1年間Vリーグに参加をして、チームを優勝へと導くことが主な仕事となります。1試合に出場できる選手は6名です。しかし、バレーボールは複数名を自由に交代できるので、控え選手だとしても活躍する場所はあります。

バレーボール選手として目指すところはVリーグのトッププレイヤーなので、プロの選手になったら常にトッププレイヤーになることができるようにスキルを磨くことが求められます。

バレーボールを広める役割の仕事

バレーボール選手の仕事はバレーをプレイしていれば良いわけではありません。プレイヤーの中には、バレーボールを広めるための仕事を試合の合間をぬってしている選手も少なくありません。バレーボールは認知されているスポーツであるものの、プロ選手としてはまだまだ食べていくことが難しい仕事です。

バレーボール人口を増やす、ファンを増やすという名目でバレーボールを広めるという仕事も選手にとってはとても大切な仕事なので、ファンサービスにも力を入れる必要があると覚えておくと良いでしょう。

バレーボール選手の具体的な仕事内容

バレーボール選手がどのような仕事をしているのか、大まかな仕事内容は理解できたのではないでしょうか。それでは、具体的にどのような仕事を行なっているのか仕事内容について紹介していきます。

Vリーグに出場する

バレーボール選手の花形と言えるのが、Vリーグの選手として試合に出場することです。選手としての能力が高ければ、選手としての契約金も高くスタープレーヤーとして活躍することができます。Vリーグでの活躍がなければ、バレーボール選手としてデビューを飾っても数年でクビになってしまうこともあるので、活躍をする必要があります。

また、Vリーグは2部制になっており、1部でチームを強くすることがどのチームにも求められることなので、所属したチームを優勝させなければ給与はもちろんのこと、自分の居場所がなくなってしまう可能性があるため、必死に活躍をする必要があります。

有名選手になれば海外進出も

Vリーグの選手の中でも優秀な才能を発揮することができれば、選手としての活動範囲も広がります。例えば、弱小チームを率いるようなエース級の選手になれば、強豪チームからのオファーも考えられます。

国内の強豪チームで活躍をすれば、海外リーグで活躍できるチャンスも広がり、海外選手として活躍をすれば、日本だけでなく世界からも注目される選手になり、より世界的なバレーボール選手として注目される可能性があるので、Vリーグで結果を出せるような選手になることがステップアップするための近道であると言えます。

日本代表に選出される

海外で活躍をするような選手になると、国際大会の代表選手として選抜されることもあります。国際大会に出場すれば、日本国内から注目を集められるようになります。実際に、バレーボール選手として知名度の高い選手の多くは国際試合に出場をしていた選手ばかりです。

また、国際大会で優秀な成績を収めることができれば、選手を引退した後もバレーボールの仕事に携わることができるので、国際大会に出場できるよう、Vリーグでアピールするようにしましょう。

タレントとして活動

有名なバレーボール選手になると、知名度を活用したタレント活動をする選手も少なくありません。Vリーグで活躍をし、国際大会でも優秀な成績を残すと、次のような仕事を行うことも夢ではありません。

イベント出演

国際大会を戦う選手になれば、スポーツイベントに招待されることもあります。アスリートとしての意見を伝えるだけで問題ないので、事前準備を考える必要はありません。イベントに出演を重ねていけば知名度があがり、将来的にはテレビ出演も不可能ではないでしょう。

講演会を行う

バレーボール選手として活躍できれば、自分の体験談を元にした講演会を開くことも可能です。著名な選手になれば、講演会を開くだけで高額なギャラを受け取ることができます。講演会は現役引退後も行うことができるので、ぜひ講演会を開くことができるような選手を目指すようにしましょう。

特別教室を開く

著名な選手の中には、バレーボール人口を広げるためのバレーボール教室を開いている方もいます。特別教室の回数は少ないものの、現役の選手が指導してくれるということで、子どもたちからも人気で参加者も殺到します。

コーチとして活動

バレーボール選手として活動ができなくなっても、引退後は指導者として活躍する選手も少なくありません。選手で培った経験を指導者で活用することができるので、選手生命が絶たれた後も、バレーボールに携わる仕事を模索しましょう。

最初の頃は、Vリーグのチームコーチから始めることになりますが、ランクがあがれば監督に昇格し、優秀な成績を収めれば日本代表の監督を打診されることもあります。コーチになった後も常に評価が大きく関係するので、評価されるような強い指導者を目指すようにしましょう。

バレーボール選手の仕事のやりがい

バレーボール選手のやりがいについて紹介していきます。

好きだったスポーツを仕事にできる

バレーボール選手は、バレーボールに部活で打ち込んでいた人たちにとっては憧れの仕事です。好きでバレーボールを始めた人がバレーボール選手になれたら、自分の好きなものが仕事になるという誰もが羨む状況であると言えるでしょう。

もちろん、選手になれば好きなスポーツも苦しいものと考える方もいるでしょう。しかし、選ばれた人しかできない仕事なので、誇りを持って選手として試合に全力で取り組むようにしましょう。

子どもに夢を与えられる仕事

バレーボール選手は、子どもに夢を与えることができる仕事です。あなたが選手として活躍する姿を見て、バレーボール選手を目指す子どももいます。人の人生を大きく変えることができる仕事なので、誇りを持ってバレーボール選手として活動することが求められます。

人を励ますことができる仕事

一生懸命プレーをする姿を見て、励まされる人もいます。自分の行動が全て人に何かの影響を与えることができる仕事なので、選手として活動をしてうまくいかないことがあっても、諦めずに練習に取り組むことも時には必要になります。

不特定多数の人に直接訴えかけることができる数少ない仕事なので、バレーボール選手になった時は人を励ますことができるような熱いプレーができる選手になれるように心がけましょう。

このように、バレーボール選手になると普通の人が体験できないような経験をすることができます。バレーボール人口は他の競技に比べて少ないスポーツですが、選手として活動をすればきっと良いものを得ることができるでしょう。

バレーボール選手の仕事内容まとめ

試合だけでなくマルチな活動ができる仕事

バレーボール選手の仕事をまとめると、試合にただ出場するのではなく、バレーボール人口を増やすためにさまざまな現場に足を運び、普及活動など地道な活動をすることもあります。

バレーボールは国際大会のみしか注目されないという状況があるので、選手の不断の努力が求められます。これからバレーボール選手を目指す方は、試合だけでなくマルチな活躍が求められているということを覚えておくようにしましょう。

バレーボール選手の参考情報

平均年収400万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種スポーツ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

バレーボール選手の関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB