映像制作会社社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

映像制作会社社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

私たちが普段目にしているテレビ番組や人気映画など、さまざまな映像を制作している「映像制作会社」。そんな映像制作会社の社員になるためには、いったいどのようなことが必要なのでしょうか?本記事では、映像制作会社社員になるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

映像制作会社社員になるには何が必要?

学歴や資格がなくても映像制作会社社員になれる

映像制作と聞くと技術職のように感じるため、学歴や資格が求められると思っている方は多いのではないでしょうか?しかし、映像制作会社社員は学歴や資格を求められることがないので、映像制作に興味関心がある方であれば目指すことができる職業だといわれています。

そのため、テレビ番組や映画などの映像を作ってみたい、業界に携わる仕事がしたいと考えている方は、思い切ってチャレンジしてみるのも良いでしょう。ですが、映像を制作するにあたって専門的な知識や技術は必要になるので、専門的な学校で勉強をする必要があります。

自分が目指す分野の採用情報を事前に調べておく

映像制作会社社員になるには、まず自分が目指す分野の採用情報を事前に調べておくことが大切です。というのも、映像制作会社では「映像制作・編集」「営業・経理」と大きく分けて2種類の職種に分類されていて、それぞれで採用条件や審査内容が異なるといわれています。

採用条件や審査内容が職種で異なる理由は、それぞれの職種で求められるものが異なるため、応募者に適性があるのかを見極めるために分けられているようです。そのため、映像制作会社社員になるのであれば、事前に入社する会社の採用情報を確認しておくことが重要なポイントになるでしょう。

入社を希望する会社の企業研究は必須

映像制作会社にはさまざまな企業が存在していて、それぞれで専門的に制作している映像は異なります。テレビ番組の映像制作や映画関連の映像制作、ゲームの映像やミュージックビデオの映像作成など、会社によって専門としている分野はさまざまです。

そのため、自分が目的とする映像制作会社社員になるには、入社を希望する会社の企業研究は必須といえるでしょう。「有名な企業だから」「募集を行っていたから」といった理由で入社してしまうと、あなたが目指していた映像制作を行うことはできません。

目的と違う会社では長く勤務することが難しいので、映像制作会社社員として活躍したいと考えるのであれば、必ず企業研究を行っておきましょう。

映像制作に関する勉強をしておけば仕事に役立つ

映像制作関連の仕事が未経験という方は、就職前に業務に関連する勉強を行っておくと実務に役立てることができます。映像作成にはどんな技術が必要なのか、自分が希望する職種にはどんなスキルが必要なのかなどを知っていれば、必ず仕事に生かすことができるでしょう。

また、映像制作関連が未経験という方は、作成する映像のアイデアを生み出す能力が大切だといわれています。そのため、映画・ミュージックビデオ・書籍などを普段から積極的に鑑賞することを心掛け、アイデアを生み出す訓練を行っておくと良いでしょう。

映像制作会社社員に向いている人、適性がある人

物作りが好きで好奇心が旺盛な人

映像制作会社社員の仕事は、作成するテーマに合ったアイデアを生み出し、映像として具現化すること。そのため、物作りが好きな方はこの職業に向いているといえるでしょう。

また、常に良い映像を作りたい、自分のイメージを映像として作り上げたいという好奇心の旺盛な人も、映像制作会社社員に向いているといわれています。

作成する映像のテーマは常に変化しますし、見る人に印象や影響を与えるものでなければなりません。そのため、物作りが好きというのはもちろんですが、新しいものをどんどん制作したいという好奇心は映像制作会社社員として必要なことでもあります。

人と関わることが好きな人

映像制作会社社員は複数人のチームで業務を行うため、一人でコツコツと仕事をする人ではなく、人と関わることが好きな人に向いている職業だといわれています。自分のイメージする映像を技術スタッフや撮影するカメラマンに説明して、出演者との入念な打ち合わせを行うことで1つの映像を作りあげます。

つまり、コミュニケーション能力が高い人であれば、映像制作会社社員としての適性があるといえます。映像制作は個人で作るのはとても難しいため、チームで協力しながら行うことが大切です。そのため、映像制作を個人で行いたいという方は、出演・撮影・編集・公開の全てを個人で行うユーチューバーがおすすめされています。

物事を客観的に見ることができる

作成した映像は見た人によって受ける印象が異なります。そのため、「作成した映像に改善点はないのか」「もっと工夫できることはないか」と考え、物事を客観的に見ることができる人は、映像制作会社社員として適性があるといわれています。

しかし、自分が作りあげた映像の多くは自信作でもありますし、視聴者の視点から見るというのは難しいものです。そのため、映像制作会社社員を目指すのであれば、普段の行動や自分が行うさまざまなことを客観的に見るクセを付けることを心掛けてみてはいかがでしょうか?

力や体力に自信がある人

映像制作会社社員の仕事は映像を作るだけでなく、撮影を行う現場で重たい機材を運ぶこともあれば、編集作業に数日間かかったり徹夜をしたりといった日々が続くことがあります。

そのため、映像制作会社社員の向いている人の特徴の中には、力や体力に自信がある人が含まれています。また、場合によっては不規則な生活が長期間続くこともあるので、体調管理をしっかりとできる方も、この職業に向いているといえるでしょう。

映像制作会社社員になるための学校・教室

映像制作に関する学科を設けた大学・専門学校

映像制作会社社員を目指すのであれば、「放送映像学科」「プロモーション映像科」「映画学科」など、映像制作に関する学科を設けている専門学校や大学がおすすめです。

専門的な知識や技術を学ぶことができるので、将来的に「映像制作会社社員になりたい」と考えている学生さんは、学科のある学校へと進学してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、学校によっては同じ映像制作でもさまざまなジャンルの学科を設けているところもあります。自分が目指す映像制作の知識や技術を身につけたいという方は、このような学校への進学を検討してみてください。

おすすめの学校は「日本大学」

映像制作会社社員になるための学校は全国にたくさんありますが、その中でもおすすめされているのは「日本大学」です。こちらの学校では「芸術学部」があり、「放送学科」「映画学科」という2つの学科を設けていて、過去にさまざまなクリエイターを数多く出している有名校です。

校内には充実した設備が整えられていますし、学校行事で行われる「学生映画祭」では自分の実力を試すことができるので、高い知識と技術を身に付けることができるでしょう。また、授業ではさまざまな実習や演習が行われるので、卒業までに自分の進みたい道をしっかりと見極められます。

映像制作会社社員になるには?まとめ

学歴や資格が不要なのでされでも目指しやすい職業

映画制作会社社員になるには学歴や必要な資格がないので、誰でも目指しやすい職業であることがわかりました。

専門的な学科を設けた学校に通えば仕事に必要な知識や技術を学ぶことができるので、紹介したような大学や専門学校に進学すると良いでしょう。また、映画制作会社社員は未経験者でも目指すことができる職業なので、興味のある方はぜひ目指してみてはいかがでしょうか?

実際に現場でスキルアップをすることで、未経験でも業界で活躍することは可能になるでしょう。

映像制作会社社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

映像制作会社社員の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映像制作会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB