e-Sportsイベントスタッフの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

e-Sportsイベントスタッフの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

新しい分野として成長を遂げているのがe-Sportsの世界です。そのe-Sports業界で活躍したいという人材も増えており、e-Sportsイベントスタッフを目指す方も少なくありません。目指す上では、e-Sportsイベントスタッフとして働く場合の給与水準についても気になることでしょう。本記事では、e-Sportsイベントスタッフの初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

e-Sportsイベントスタッフの初任給

初任給は17万円から23万円前後

e-Sportsイベントスタッフとして勤務する場合、初任給の目安は17万円から23万円前後です。

就職する会社や団体にもよりますが、最初はそれぞれの会社が提示する給料をいただくことになります。他の業界や業種と比べても適正な初任給であり、高すぎるわけでも安すぎるわけでもありません。

会社によっては学歴で多少給料の差をつけることがありますが、それほど大きく変わることはないでしょう。まずはイベント制作会社や企画会社、e-Sports関連の仕事を手掛ける会社に就職することがポイントです。

経験を積んでいけば次第に給料も上がっていくでしょう。最初のうちは苦労することもありますが、将来的な活躍や成功を信じて地道に努力を重ねることが重要です。

基本は会社員として就職

e-Sportsイベントスタッフとして働くのであれば、基本的に会社員として就職するケースがほとんどです。プロゲーマーの場合は個人事業主として働くことも可能ですが、イベントスタッフの場合はどこかの会社に雇ってもらって初めて仕事ができます。

自らイベント開催できるスキルや経験があれば個人事業主や経営者という立場で働くこともできますが、最初からそこを目指すのはやや厳しい面があります。

まずはイベント制作会社や企画会社などに就職してキャリアを積むことを意識しましょう。

アルバイト採用の可能性も

まだまだ発展途上なe-Sports業界ですが、e-Sports関連の仕事をしたいという方は数多くいます。

プロゲーマーを目指す方も多いですし、マネージャーやアシスタントという立場でチームや選手に関わる人材もいます。その中でe-Sportsイベントスタッフを目指す方も多いのが実態であり、なかなか需要と供給がかみ合わない部分もあるのが実情です。

e-Sportsイベントスタッフを採用したい企業の数となりたい人材の数がマッチしない場合、なかなか正社員として採用されるのは難しいでしょう。その場合、アルバイトとして雇ってもらうことも選択肢の1つです。

最初は時給1,000円前後の給料となりますが、経験を積むことで正社員への道が拓けることもあります。その企業で正社員になれなくても、別の会社で正社員として採用される可能性が出てきます。

e-Sportsイベントスタッフの正社員として就職できなかった場合、すぐに夢をあきらめるのではなくアルバイトとして経験を積むことも悪くないでしょう。

イベント直前は設営などで忙しい

e-Sportsイベントの開催間近になると、会場の設営や準備に追われる状況になります。イベントによって会場確保のタイミングは異なりますが、イベント前日や前々日などは徹夜で作業を行うことも珍しくありません。

機材の搬入やステージの装飾、スクリーンの設置や机の搬入、椅子の準備など、やるべきことは数多くあります。会場設営のためのアルバイトを雇うことも多く、イベント当日に向けて一気に準備を進めます。

イベント開催日が近づくと、それなりに忙しくなると想定しておいた方が良いでしょう。

e-Sportsイベントスタッフの平均給与の統計

平均月収は28万円前後

e-Sportsイベントスタッフの平均給与の平均月収は約28万円前後です。厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータを参考にすると、他に分類されないもののサービス業の平均月収は約28万円です。

e-Sports業界は比較的歴史が浅い業界であり、業界自体の詳しい年収や月収は公開されていません。

プロゲーマーの場合は、大会の優勝賞金で数千万円から数億円規模の報酬を得ることもあります。その点では大きな夢のある仕事ですが、e-Sportsイベントスタッフの場合はそこまでの大金を得ることはできないでしょう。

特に会社に所属する場合は会社員として給料をいただくことが基本であり、大きな金額を期待することは難しくなります。歴史が浅いということはそれだけチャンスがある業界とも言えます。今後の成長性や業界全体の発展次第では、まだまだ平均月収を上げる余地があるでしょう。

会社員として働けば安定感がある

会社員としてe-Sportsイベントに携われば、安定的にお金を稼ぐことができます。

個人事業主として働く場合は月々の報酬に差が出る場合がありますが、会社員であれば固定給をいただけます。その辺が会社員の良さであり、安心して働ける環境を自分で勝ち取ることが重要です。

経験を積んでキャリアアップを図れば平均月収以上の収入も期待できるでしょう。最初のうちはなかなか満足いく金額をいただけないかもしれませんが、将来の可能性を信じて努力を続けることが大切です。

プロゲーマーほどの年収は期待できない

e-Sportsと聞くとどうしてもプロゲーマーの印象が強くなりがちです。日本国内でもトッププロゲーマーとなると数千万円から数億円単位の年収を稼ぐ選手はいます。

海外のトッププロゲーマーとなると数十億円規模の年収を稼ぐ選手もいるなど、その金額に驚かされるという方も多いのではないでしょうか。

そういったイメージを持っていると、e-Sportsに関わる仕事をすれば大金を手に入れられると考える人も出てくるでしょう。しかし、現実はそれほど甘くありません。

そうした大金を手にできるのはプロゲーマーだけであり、e-Sportsイベントスタッフなどの裏方が大金を手にできるわけではありません。

基本的には会社員として会社から提示された給料を手にします。プロゲーマーの給料を見て大きな夢を抱き過ぎると、でくる現実とのギャップに苦しむことになるので注意が必要です。

e-Sportsイベントスタッフとして給料や年収を上げる方法

プロゲーマーと比較すると苦しくなりますが、e-Sportsイベントスタッフとして給料や年収を上げる方法がないわけではありません。

初任給や最初の数年間はそれほど給料が高くなくても、未来は自分の頑張り次第でいくらでも変えることができます。

e-Sportsイベントスタッフとして一流を目指したい、将来的には独立して自分のイベント会社を立ち上げたいといった野心を持つことも大切です。

e-Sportsイベントスタッフとしてのスキルを上げる

まず給料や年収を上げる方法としては、e-Sportsイベントスタッフとしてのスキルを上げることが重要です。最初のうちは会場設営を行うにしても、誰かから指示されなければ動けないことが多いでしょう。

イベントの企画や立案、進行に関しても自ら主体的に動くというよりは人からの指示によって動くケースが多くなります。そうした経験を積むうちに、自分なりの得意分野や得意な仕事を作ることが重要です。

イベントの企画を多く出すことができる、観客を楽しませるための演出を考えられる、会場設営を行う際にスタッフに指示出しができるなど、自分なりの強みを持つと次第に役職も上がっていきます。そうすると自然に給料や年収も上がるので、まずは自身のスキルアップを目指すことが重要です。

音響や映像などの技術的スキルを身につける

給料や年収を上げるためには、音響や映像などの技術的スキルを身につけることもポイントです。

スキルアップと重なる部分もありますが、BGMの選曲や音量、音楽を流すタイミングなど、音響として求められるスキルをクリアすれば、その道で活躍することもできます。

あるいは、映像スタッフや照明スタッフとしてのスキルを上げることも有効です。e-Sportsイベントはさまざまなスキルを持った技術者たちが協力して作り上げるものです。

その中で自らが貢献できる技術的なスキルを1つでも持っていれば、組織内でも重宝される存在として期待されるようになります。

管理職として他のスタッフを育成できるようにする

管理職として他のスタッフを育成できるようにすることも給料アップの秘訣です。今まで自分が経験してきたことを後輩のスタッフや新人スタッフに教えられるようになれば、その分イベントの準備もよりスムーズに行えます。

会社に所属していれば基本的に役職が上がれば給料も上がります。個人事業主やフリーランスといった立場でも他者に経験や技術を教えられれば、それなりに報酬も上がるでしょう。

他の業界や業種でも同じことが言えますが、e-Sportsイベントスタッフとして働く場合も管理職になって指示や指導できる立場を目指すことがおすすめです。

独立してイベント会社を立ち上げる

年収や給料を上げたい場合は、独立してイベント会社を立ち上げることも1つの手です。

自分が経営側の立場に回ることで、雇われていた時と比べて大きく年収を上げることも可能です。経営者になるとそれなりのリスクもつきまといますが、年収を上げる手段としてはおすすめです。

会社に雇用されているとなかなか給料が上がらないことがありますが、自分が経営すれば儲かった分を自分の報酬としてあてがうことができます。

社員を雇ったり仕事を取ってきたりするなど、会社員時代とは違った苦しさがありますが、それまでの経験やスキルを活かして独立することも視野に入れてみると良いでしょう。

e-Sportsイベントスタッフの平均年収の統計

平均年収は380万円前後

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータを参考にすると、他に分類されないもののサービス業の平均年収はボーナスも入れた中で約383万円です。

e-Sportsイベントスタッフ単体での平均年収ではありませんが、おおよその目安にできる年収です。決して悪い数字ではありませんが、少し贅沢な生活をしたい、毎月数万円貯金できるくらいのゆとりが欲しいと思っている方にはそれほど多い年収ではないでしょう。

380万円前後の年収で一般的な生活をすることは十分可能です。さらに稼ぎたいという方は、他のe-Sportsイベントスタッフにはないスキルを磨いたり経験を積んだりすることが重要です。会社内での立ち位置を上げたり独立したりすることで、平均年収以上の収入を期待できます。

会社によっては、部長クラスやマネージャークラスで800万円前後の年収を得られることもあります。高年収を得たい場合はその辺を目指して努力を重ねられると良いでしょう。

簡単に年収は上がらないことも

プロゲーマーと違って、e-Sportsイベントスタッフの場合は一気に大きな金額を手にすることが難しい職業です。

業界自体の歴史が浅いこともあり、会社や組織全体として思ったような売上に達しないこともあるでしょう。総合的に検討して、簡単には年収が上がらないことがあると意識することがポイントです。

そうした状況でも上手くやり繰りする術を身につけることが重要です。普段の生活で節制することも1つの方法です。

また、思ったように年収が上がらなかったとしてもスキルアップのための努力を怠らないことが重要です。自分にしかないスキル、イベントを行う上で重宝されるスキルを身につけておけばどこかで役立つ時が来ます。

転職を検討する際にも自分が身につけたスキルを重宝されることは少なくありません。e-Sportsイベントスタッフとして成長する気持ちを大切にしながら日々の仕事を行っていくと良いでしょう。

独立も視野に入れながら経験を積む

会社員やどこかのe-Sportsチームに所属しながら働いていると、平均的な年収から抜け出せなくなることがあります。仕事のやりがいやチームとの絆を優先するのであれば、そのまま残って働きつづけるという選択もできるでしょう。

一方で、自分の実力を試してみたい、これまで経験したきたことや培ってきたスキルを活かして仕事をしたいという場合は、独立を視野に入れることもおすすめです。単純にもっと多くの給料が欲しいという場合も独立することは悪くありません。

e-Sportsを軸にしたイベント会社自体がそれほど多くなく、他のイベント制作を手掛ける会社がe-Sportsイベントを開催するケースも少なくありません。演出なども既存の広告代理店が担当することが多く、考え方によってはまだまだ勝負できる可能性がある世界です。

自らの経験を活かしたe-Sportsイベントの演出を行えば、業界全体からの注目を浴びるチャンスでもあります。e-Sportsイベントスタッフにはさまざまな可能性があることを意識しながら自身のスキルアップに励むことがおすすめです。

e-Sportsイベントスタッフの年収・給与まとめ

e-Sportsイベントスタッフの年収は高くない!自らのスキルアップで高年収を掴み取ろう

e-Sportsイベントスタッフの給料や年収は決して高いものではなく、国内全体の年収と比べてもやや低い水準です。

給料以外の部分でやりがいを見いだせればとても素敵なことです。しかし、何年か経験を重ねると自分なりにやりたいことが出てきたり、もっと給料が欲しいと思ったりすることもあるでしょう。

会社員の立場で給料アップを目指すことも可能ですが、なかなか上がらないこともあります。その辺は個人の考え方次第であり、正解はありません。

独立以外に転職するという選択も可能でしょう。大切なことは常に自身のスキルアップのために努力を欠かさないことです。

何か1つでも誇れるスキルを身につけて業界内での市場価値を高めることを意識してみましょう。

e-Sportsイベントスタッフの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種マンガ・アニメ・ゲーム

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

e-Sportsイベントスタッフの関連記事

マンガ・アニメ・ゲームに関する他の職業KANREN JOB