e-Sportsマネージャーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

e-Sportsマネージャーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

近年、若い世代を中心に人気を博しているのがe-Sportsマネージャーという職業です。マーケット規模が拡大しているe-Sports市場において、実際にe-Sportsマネージャーになることでどれくらいの年収や給与を稼げるのでしょうか。この記事では、e-Sportsマネージャーの収入面についてご紹介します。

e-Sportsマネージャーの初任給

初任給は18万円から23万円前後

e-Sportsマネージャーとして働く場合、初任給は18万円から23万円前後となります。基本的には、e-Sportsチームを運営している会社やe-Sportsチームに就職することになります。

会社やチームによって条件はさまざまですが、一般的な会社員と同じような初任給になると考えておけば問題ありません。

会社によっては高卒や専門卒、大卒といった学歴の違いで初任給を分けることがあります。その辺は募集要項を確認しつつ条件面を判断することがポイントです。

未経験の状態から経験を積みスキルアップを図ることで、少しずつ年収アップを期待できます。

一般的な会社員と同じ立場

e-Sportsマネージャーの場合は、一般的な会社員と同じ立場で採用されることが多いです。e-Sportsプロゲーマーの場合は個人事業主といった働き方もできますが、マネージャーの場合はプロゲーマーとは異なります。

チームや会社に雇ってもらって初めて仕事ができると考えておいた方が良いでしょう。1人でマネジメント業務を行うことはできませんし、複数人の組織があって初めてマネージャーの存在が必要となります。

その点において雇用の安定性は確保されやすい職業です。会社という組織の中で自己研鑽を積み、チームに貢献することが重要です。

長時間労働も覚悟

e-Sportsマネージャーとして勤務する場合、ある程度の長時間労働を覚悟することも重要です。基本的に選手のお世話やサポートをするのがマネージャーの仕事です。

選手は1日10時間以上練習をすることも多く、その合間をぬってマネージャーとの打ち合わせやプロモーション活動などを行うことになります。

選手の練習に付き合うことは多くありませんが、マネージャーは練習開始前や終了後の時間を確保しておかなければなりません。そうなると自然に勤務開始が早くなり、勤務終了が遅くなることがあります。

毎日同じような流れが続くわけではありませんが、選手ありきの仕事であることは間違いありません。そうした部分の割り切りを持った上で就職を検討することがポイントです。

e-Sportsマネージャーの平均給与の統計

平均月収は28万円前後

e-Sportsマネージャーの平均給与は約28万円前後です。厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータによると、他に分類されないもののサービス業の平均月収は約28万円となっています。

e-Sports全体が歴史の浅い業界であり、プロゲーマーも含めて確定的な平均月収や平均年収が公開されているわけではありません。それでも一般的な会社員と同じ立場で働くことを考えた場合、28万円から30万円前後の月収を稼いでいても全く不思議ではないでしょう。

証券会社の中には、世界におけるe-Sports市場が2022年までに30億ドル程度まで拡大すると予測する会社もあります。それだけ可能性を秘めた市場であり、今後ますます給料が高くなるチャンスもあるでしょう。

安定的な収入を確保できる

e-Sportsマネージャーの平均月収は28万円前後と考えられますが、安定感がある職業としておすすめです。

選手の場合は活躍できなければ安定的な収入を確保することが難しくなります。一方で、マネージャーであればチームが存続する限り仕事がなくなることはありません。

会社員としての立場を確保されていることが多く、万一チームが消滅したとしてもこれまでのマネジメント経験を他の分野で活かすことができるでしょう。あるいは、他のe-Sportsチームに移籍してマネージャーとして働くこともできます。

この辺は選手との大きな違いであり、活躍の場は広がっています。また、選手の場合は選手寿命が25歳前後と言われていますが、マネージャーの場合は年齢を重ねても活躍できます。

むしろ、年齢や経験を重ねることでマネージャーとしての価値を見出しやすくなるでしょう。長期的な安定感や収入の確保という点でもおすすめの職業です。

プロゲーマーほど高くならない

e-Sportsマネージャーの場合は安定的な収入を確保できますが、プロゲーマーほど高くならないことも理解しておきましょう。

プロゲーマーの場合、試合や大会で活躍し続ければ数千万円単位の収入を得ることも可能です。場合によっては億単位の年収を稼ぐことも不可能ではありません。

特に海外では高額賞金の大会も多く、優勝すれば数億円単位の賞金を得られるチャンスも広がっています。それだけプロゲーマーは夢のある仕事ですが、e-Sportsマネージャーはそういうわけではありません。

チームや選手が活躍して会社としての売上が上がれば多少のインセンティブを得られることもあるでしょう。しかし、基本的には選手が活躍して得た賞金は選手に還元されることがほとんどです。

少しはマネージャーにも還元されることがありますが、一気に数千万円単位の収入を得られることはありません。その辺は十分に理解しておく必要があります。

給与や年収を上げる方法

プロゲーマーほどではありませんが、e-Sportsマネージャーとしても給与や年収を上げる方法はあります。

基本的には会社員として働くことになるので、年齢や経験に応じて基本給が上がることもあるでしょう。それ以外の部分でも、自らできることを増やすことがポイントです。

マネージャーとしてのスキルを上げる

まずは、マネージャーとしてのスキルを上げることが重要です。選手のスケジュール管理や練習試合の調整、大会へのエントリーや選手の栄養管理、メンタル面のコントロールやプロモーション活動など、マネージャーとしてやるべきことは数多くあります。

そうした1つ1つの仕事を確実にこなしていき、なおかつ質を高めていくことで自身のe-Sportsマネージャーとしての価値を上げることが重要です。それがチームや会社からの評価につながり、給与アップを勝ち取るための最善の手段と言えます。

イベント開催のスキルを磨く

会社内やチーム内で評価されることも重要ですが、他社や他チームからの評価を上げることも有効です。その方法としてイベント開催のスキルを磨くことが挙げられます。

e-Sportsでは大会の他、ファンとの交流イベントやスポンサー同士との交流イベントなど、さまざまなイベントが開催されています。そうしたイベントを仕切る立場として活躍できれば、市場価値も高まります。

自らイベントを主催できるようになれば、それだけでも収入源を確保できるでしょう。場合によっては他社からの引き抜きを受けることもあります。多くの人たちが集まるイベントだからこそ、自身の活躍ぶりを多くの関係者にアピールすることが重要です。

選手の育成とチーム力強化

選手の育成とチーム力強化に力を注ぐことも重要なポイントです。選手が強くなって大会で好成績を収めることができれば、それだけチーム内に入ってくるお金も多くなります。賞金の大部分は選手に還元されますが、マネージャーに配分されることも少なくありません。

チーム内の資金が潤沢になれば、選手にとってより良い環境を用意したり施設を確保したりすることもできます。そうなると強い選手を確保しやすくなり、さらにチーム力の強化につながるという良いサイクルができるでしょう。

選手に的確なアドバイスを送ったりキャラクターの特徴を教えたりするなど、少しでもチーム力向上のために貢献することが重要です。

インストラクターとしての活躍

年収や給与を上げる方法としては、インストラクターとして活躍することも有効です。e-Sportsマネージャーという枠に捉われるのではなく、専門学校やプロゲーマーを目指す人たちの場所に出向いて、講師として仕事を行うのです。

実際にe-Sportsチームで働いているからこそ見えてくる部分や苦しいこと、辛いこと、やりがいなどもあるでしょう。そうした内部事情を話すだけでも生徒にとっては大きな刺激になります。

もちろん、ゲームの解説やアドバイスをできればそれもインストラクターとして仕事にできます。会社内やチーム内にとどまらずに活躍の場を広げることで、給与アップや市場価値の向上につながります。

YouTubeを活用したブランディング

選手を上手く活用して収入を上げる方法もあります。それがYouTubeを活用したブランディングです。すでに自分自身のYouTubeチャンネルを持っている選手も多いですが、そのお手伝いをして視聴数を伸ばすことが重要です。

ゲーム実況をはじめとしてどういったコンテンツを用意すれば視聴数が伸びるのか分析を行い、選手と共に配信活動を行います。動画配信によって広告収入が増えていけば、チームとしての利益にもつながります。

その一部を還元してもらう形で給与アップにつなげることもできるでしょう。

e-Sportsマネージャーの年収統計

平均年収は400万円前後

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータを参考にすると、他に分類されないもののサービス業の平均年収はボーナスも入れた中で約383万円です。

e-Sportsマネージャー単体での平均年収ではありませんが、おおよその目安として参考になる数字です。日本国内全体の平均年収は440万円前後とされている中で決して高い年収ではありません。

まずは、e-Sportsマネージャーとしての経験を積み、マネージャーとしてのスキルアップを図ることが重要です。その上でチームや組織の売上拡大に貢献できれば年収アップにも期待できるでしょう。

高年収には期待しにくい

e-Sportsマネージャーはあくまでも会社員として雇われることが多く、プロゲーマーのように爆発的な高年収を期待することは難しいです。それでも会社員として経験を積み、他のマネージャーにはないスキルや魅力があれば年収1,000万円程度まで目指すことは可能です。

しかし、それも一握りのマネージャーであり、多くのe-Sportsマネージャーは年収400万円前後に収まることになります。普通に働いていても大幅な年収増加は期待できません。

高年収を得るためには自分にしかないスキルを磨いたり、自分ならではの価値を見出したりするなど、独自性を追求することが大切です。

自らが経営側に回ることも選択肢

e-Sportsマネージャーとしてある程度の経験を積めたら、自らが経営側に回ることも選択肢の1つです。経営者になることで大幅な年収増加にも期待できます。

最初はどこかの会社やチームに所属してe-Sportsマネージャーとして働くことになります。ある程度の経験やスキルを積み、自分でもできると思ったら、別の組織やチームを立ち上げて独立するのです。

そこでチームメンバーを募集して運営を行っていけば、自らが経営者としてチームや選手の管理を行えます。会社員として雇われているだけでは年収の限界が見えてくることがあります。

それ以上の収入を期待したい場合は独立することがおすすめです。 e-Sportsの世界であれば十分に実現可能なことであり、自らの意思次第で大きなチャンスを手に入れられます。

e-Sportsマネージャーの給与・年収まとめ

e-Sportsマネージャーの年収は平均的!独立も視野に

e-Sportsマネージャーの年収や給与は決して高くありません。一般的な会社員と同じ程度の年収が目安であり、プロゲーマーのように数千万円単位や億単位の年収を目指すことは難しいでしょう。それでも好きなゲームに携わることができてやりがいを感じるという方は少なくありません。

仕事を行う上でどこに価値を置くのかはその人次第です。お金を稼ぐことに焦点を当てたいのか、好きなことをできていることに幸せを感じるのか、チームや組織の一員として働くことにやりがいを感じるのかは人それぞれです。

その中でお金を稼ぐことに焦点を当てたいのであれば、経験を積んで独立することも悪くありません。自らチーム運営をできるぐらいにスキルを磨けば夢も大きく広がっていきます。自分なりの夢や目標を持ってe-Sportsマネージャーという仕事にチャレンジしてみると良いでしょう。

e-Sportsマネージャーの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種マンガ・アニメ・ゲーム

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

e-Sportsマネージャーの関連記事

マンガ・アニメ・ゲームに関する他の職業KANREN JOB