不動産営業の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

不動産営業の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

家を購入する、売却する、大家としてマンション経営をするなど不動産に関するさまざまな要望を叶えるために活躍するのが不動産営業の仕事です。このページでは、不動産営業がどのような仕事を行なっているかを詳しく紹介します。

不動産営業とはどんな仕事?

不動産営業はどのような仕事なのでしょうか。不動産営業と一言でいってもさまざまな仕事があります。それでは大まかな仕事内容について紹介していきます。

物件を売る

不動産営業で最も重要な仕事は、物件を売る仕事です。物件を売るといっても新築、中古、賃貸などさまざまな物件を取り扱うことになります。

新築物件を売る

新築物件は新しいマンションや家などがあり、人によって要望が異なります。戸建ての住宅になれば土地を購入し、どのような家を建てるかで価格は大きく変化します。マンションになれば、どのエリアに購入したいかお客さんの意見を聞いた上で提案をする必要があります。

土地から購入する場合は、お客さんの要望に合わせた内容を金額内でおさめる必要があるので、不動産営業としての手腕が問われることになります。

中古物件を売る

不動産営業でも中古物件を売ることもあります。中古物件は新築物件と異なり購入する希望もさまざまです。また中古物件となる物件を所有している売主を探す仕事も不動産営業が担当することもあります。

中古物件は時間経過とともに価格が変化していくため、不動産営業としての手腕が問われる仕事だといえるでしょう。

地上げ営業

不動産営業の中には、再開発で区画整理を行うために高値で買い取ることもあります。最近では悪質な地上げ営業をする不動産会社もあるので、警戒されてしまう仕事の1つでもあります。しかし、大手の不動産会社ではマンション開発、商業地開発などで土地を確保することは重要なことなので、地上げ営業は必要不可欠な仕事だといえます。

賃貸営業

物件を売る、買い取るだけが不動産営業の仕事ではありません。マンションや住宅の中には賃貸で貸している物件もあります。賃貸物件を管理する仕事も不動産営業の仕事です。また個人で運営している大家さんに対し、不動産会社に委託して物件を管理するという方法を提案することもあります。

空室率を無くし安定した収入を供給することができるような仕組みを提案し、多くの大家さんをサポートしている不動産会社もあるため、物件ではなく大家さんをサポートする仕事に就きたい場合は賃貸営業に特化した不動産会社で働くようにしましょう。

不動産営業の仕事の具体的な内容

不動産営業の仕事の大まかな内容を理解していただいたところで、不動産営業の具体的な仕事内容を紹介していきます。

良い物件を見つける

新築物件や中古物件を扱う不動産営業では、良い物件を見つけることが大切です。新築の物件を探すのであれば良い条件の土地を見つけることがとても重要です。中古物件になると、家の状態はもちろんのこと、売主をどのようにして見つけるかがとても重要になります。

良い物件を手に入れるためにも、不動産営業はさまざまな営業努力が必要になります。それでは、具体的にどのような営業努力が必要になるのでしょうか。

信頼関係を築く

不動産営業に共通していることは、信頼関係を作ることです。これは賃貸、新築物件、中古物件に限らず必要不可欠になります。信頼関係がなければ購入、売却してもらうことができず、自分の成績につなげることは難しいといえます。不動産営業を行うのであれば、初めに人脈作りが必要になるということを覚えておきましょう。

売主を安心させる

中古物件を購入する場合は売主との信頼関係が重要になります。売主に「この人に任せれば自分の物件を高く売ってもらうことができるだろう」と期待され、契約に結びつけることが可能になります。

このようになるためには、売主との信頼関係が必要です。信頼してもらえるかどうかは売主によって判断材料が異なるため誠心誠意を込めた対応を行い、認めてもらうようにしましょう。

好条件を提案する

新築、中古に限らず購入する・売却する方は「少しでも良い条件」ということを考えます。そのため、不動産営業は相手がどのような提案であれば、「良い物件」と考えてもらうことができるかを考えなければなりません。

顧客に対して好条件を提案することも、不動産営業の仕事になるので常に不動産の情報だけでなく相手の考えを理解しながら仕事を行うことになります。

賃貸のサポートをする

賃貸営業のサポートといっても、大家さんの物件を代わりに運営するだけではありません。大家さんに対して色々なことを提案していく必要があります。信頼関係を築きながらどのようなことを提案していくのでしょうか。

大家さんの後押しをする

借り手が全然現れることがない物件もあるため、場合によってはリフォームを大家さんに提案しなければならないこともあります。リフォームをするといっても大家さんにとっては大きな決断です。リフォームをしても借り手が現れないこともあります。

このような不安を解消し、大きな決断を後押しする仕事も不動産営業の仕事です。最近では、強引な後押しをする不動産会社があるため、誠心誠意の対応がさらに求められています。

賃貸物件として魅力な方法を検討する

賃貸物件としてどのように運用していくかを検討する仕事も不動産営業の仕事です。大家さんと相談するケースもあれば、全てを任せられるケースもあります。どのように運用していくかは不動産営業の手腕が問われるところなので、提案力も求められます。

不動産営業の仕事のやりがい

不動産営業の仕事のやりがいとはどのようなところにあるのでしょうか。不動産営業の仕事のやりがいについて紹介していきます。

感謝される仕事

不動産営業の仕事は感謝される仕事です。自分の働きによって売れなかった物件が高値で売れたことで感謝される、経営がうまくいっていなかった大家さんを助け感謝される、希望したエリアに新築物件を購入することができたので感謝されるなど状況はさまざまです。

希望に応えることができれば必ず相手から感謝される仕事なので、場合によっては仕事が終わったあとも友人として関係が続くこともあります。

人とのつながりが増える

不動産営業は、さまざまな人たちの関わりがなければ仕事が成立しません。そのため色々な人たちとの出会いがありつながりが増えます。さまざまな職種の人たちと関わることができる仕事でもあるので、誠実に仕事をしていれば思わぬ人脈ができる可能性がある仕事です。

努力が報われる

不動産営業は他の仕事と異なり、1つの契約に辿りつくためにかなりの努力を強いられることがあります。困難な状況でも自分が懸命に交渉を重ねることで成立することもあります。努力をした分だけ契約につながることができる仕事なので無駄なことがありません。努力家の方には向いている仕事だといえるでしょう。

仕事を通して貴重な体験ができる

家を購入することは、一生に一度あるかないかのことで決断力が必要な時があります。良い物件でも色々な不安から一人では決断することができない方も多くいます。そのような人に対して、購入を決断する後押しをする仕事も不動産営業の仕事です。

人の大きな人生の決断に携わることができる仕事は限られているので、仕事をしているだけで貴重な経験に携わることができます。

不動産営業の仕事内容まとめ

不動産営業はやる気次第でなんとでもなる仕事

不動産営業は、資格は無くても行うことができる仕事なので、やる気さえあれば優秀な営業マンとして仕事に取り組むことができます。

不動産営業はお客様の人生を大きく左右する仕事でもあるので、熱意を伝えれば相手に響くこともあります。やる気次第で仕事内容が大きく変化するので、熱意のある方は不動産営業の仕事を前向きに検討してみましょう。

不動産営業の参考情報

平均年収200万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

不動産営業の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB