品質管理の給与・年収は?初任給や支給される手当まとめ

品質管理の給与・年収は?初任給や支給される手当まとめ

品質管理は、商品の安全性、クオリティを保つために必要不可欠な仕事です。品質管理の仕事では、給与がどのくらいもらうことができ、年収はどの程度になるかをご存知でしょうか。このページでは、品質管理の仕事について詳しく紹介します。ぜひ参考にしてください。

品質管理の初任給

品質管理の仕事を行う方がどの程度の初任給をもらえるのかを解説していきましょう。

初任給の平均額

品質管理の仕事に携わる方の初任給はおよそ16万円〜20万円です。所属する企業によって異なりますが、この程度の額が初任給でもらえると認識しておきましょう。少しでも給与をあげるためには、大手企業の品質管理を行うべきですが、大企業・中小企業でもそこまで金額に変わりがありません。

しかし、品質管理の仕事を生涯の仕事として行おうと考えているのであれば、20代のうちに様々な知識を蓄えておく必要があります。

20代のうちにしておくべきこと

品質管理の仕事は資格が不要なため、人事異動で全く違う部署の方が品質管理の仕事に携わるということもあります。そのため、品質管理を生涯的に行いたいのであれば、ある程度品質管理の知識を蓄えておく必要があります。

特に20代は品質管理の仕事に携わりながら現場で学習をしていく大切な期間です。この期間では、次のようなことに意識しながら品質管理の仕事を学んでいくようにしましょう。

業界の知識を蓄える

品質管理といっても、さまざまな業種があります。業種によってチェックする項目や管理内容が大きく異なってくるので、業界ごとに品質管理のノウハウが異なるため、携わっている仕事の品質管理を完璧に覚える勉強をするようにしましょう。業界の知識が豊富になれば、経験豊富な人材と認識され同じ業界であれば転職も可能です。

また、就職をする際は今後も業績が伸びることが期待できる分野の品質管理の仕事を検討しましょう。医薬品メーカー、精密機械の需要は今後も期待できるため新卒で品質管理の仕事を検討している方にはオススメです。

QC検定を受ける

日本規格協会が定める品質管理の仕事をする上で必要と言われている「QC検定」を取得するための学習を20代で行なっても良いでしょう。QC検定は1級〜4級まであり、4級は基礎的な学習で取得することができるものの、1級は難易度の高い資格です。

そのため、1級を取得するために仕事をしながらコツコツと学習しておきましょう。20代のうちに資格を取得しておけば、現場で活用することができるだけでなく、出世することも可能です。また、転職をする上でも武器になるので、ぜひQC検定を受けるようにしましょう。

このように、初任給の給与の期間のうちは報酬が安くても、意識的にさまざまな行動をすることが自分にとってプラスに働きます。ぜひ参考にしてください。

品質管理の平均給与の統計

品質管理の平均的な給与の統計はどのようになっているのでしょうか。給与面について解説していきましょう。

給与の平均

品質管理の給与平均は、20万円〜30万円です。一般的な企業に比べるとやや低めです。もちろん良い企業になれば40万円の給与をもらうことができます。企業によって、待遇が大きく違っているということも覚えておきましょう。

また、最近では給与面を改善する企業もあるため、品質管理=ダメな仕事ではないことを理解しておきましょう。もちろん、人が行なっていた仕事を今後機械が行うことも多くなります。しかし、最終的な判断は人間が行うため、品質管理の仕事は今後も継続的にあると考えて良いでしょう。

給与水準を少しでも上げるためには

品質管理の仕事は、決して高い給与の仕事ではありません。そのため、仕事をする上ではさまざまな工夫を考え、給与をあげるための方法を検討しておく必要があります。生涯品質管理の仕事に携わりたいと考えているのであれば、次のようなことにも意識をしてみましょう。

資格を取得する

品質管理の仕事には、資格は不要と言われていても資格取得をするように心がけましょう。現段階では、QC検定の資格を保有しているかどうかが、品質管理の仕事をする上でとても重要な判断基準になります。

資格を取得することで、待遇は多少上がることがありますが職場によっては直接上がらないこともあります。もし、上がらなければ資格取得者を求めている企業に転職することを考えましょう。転職する際の武器になる可能性があるので、資格取得をオススメします。

責任者になる

品質管理の仕事でも、リーダークラスになれば手当が+αでつきます。もし、給与を高くしたいと考えているのであれば、責任者クラスの役職につくようにしましょう。

責任者は限られた人しかなれません。ただ仕事をこなすだけでなく、実績も必要になるため、職場で自分が品質管理者になったことで、どのような結果が生まれたかを明確にさせながら会社にアピールをしていきましょう。

転職をする

給与面の待遇を改善する方法で転職をするという方法もあります。転職をすることで、待遇を大幅に改善することもできます。もちろん、待遇を改善してもらうためには、それなりの実績やスキルが必要です。資格はもちろんのこと、前職でどのような実績を残しているかもとても重要です。

もちろん、転職をする際は業界の動向はもちろんのこと、今後成長する可能性がある企業かを見極めながら転職活動を行うことも必要になるので覚えておきましょう。

品質管理の年収統計

品質管理の年収はどの程度なのでしょうか。品質管理に携わる方の給与の統計をみていきましょう。

年収の統計

品質管理の仕事の年収を平均すると、約389万円です。しかし、これは品質管理を扱う職種によって異なるので、業界によって大きく差が出ます。食品メーカーであれば300万円台ではありますが、

精密機械、大手自動車メーカーの品質管理の仕事になれば、700万円台も夢ではありません。そのため、どのような職種の品質管理を行うかはとても重要なるということを覚えておきましょう。

業界を変えての転職は可能か

品質管理の仕事は、業界によっても給与が異なるので良い待遇の職場を探したいと誰もが考えるでしょう。同じ業界の転職ではなく、品質管理の仕事は業界が変わると転職は難しいのでしょうか。

類似している業界であれば、問題ないと言えます。しかし、あまりにも違う業界になるとその業界について学習する必要があり、現場で活躍するまでに期間を要することがあります。そのため、同じ業界での転職を考える方が良い職場を探すためには効率が良いと言えるでしょう。

ただし、ヘッドハンティングされるケースは例外です。あなたの能力を見込んでオファーすることになるため、別の業界でも良い待遇で転職することができるだけでなく、今までのノウハウを活用することができます。

年収を高くする方法は

年収を少しでも高くしたいのであれば、実績を作ることがとても重要です。

品質管理の仕事は、実績が必ずつきます。自分の仕事が直接商品への成果としてみることができるので、まずは成績をあげることを始めるようにしましょう。それでも、収入があがらなければ大手企業の転職を視野に入れた転職活動をすることをオススメします。

大手企業で働けば、品質管理の仕事でも待遇が良いだけでなく画期的な方法を編み出せれば責任のあるポジションに昇格することも可能です。品質管理の仕事は、努力次第で収入をあげることができる仕事でもあるので、資格、学習をしっかりした上で業務に取り掛かるようにしましょう。

品質管理の給料・年収まとめ

品質管理は努力次第で収入が改善する

品質管理の仕事は資格が不要の仕事なので、だれでも行うことができます。しかし、ただ品質管理の仕事をしているだけでは、待遇が大きく改善されるということはありません。

待遇の改善には自分でさまざまな努力をする事が求められ、努力次第では給与が大きく変わるので、ぜひ品質管理の仕事で待遇が悪いと感じている方は転職を視野に入れて仕事をするようにしてください。

品質管理の参考情報

平均年収400万円~700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

品質管理の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB