品質管理になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

品質管理になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

製造現場に欠かすことができない品質管理の仕事をするためには、どのようなことが必要なのでしょうか。このページでは、品質管理の仕事を検討している方にはどのようなことが求められているのかを詳しく解説します。品質管理の仕事に向いている方、適性がある方についても詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

品質管理になるには何が必要?

品質管理の仕事をする上ではどのようなことが必要なのかを詳しく紹介していきましょう。品質管理の仕事には、次のようなスキルが求められます。

観察力

品質管理の仕事には、観察力が重要です。スタッフ、商品、品質などさまざまな点での観察力が必要になります。それでは、どのような場面で観察能力が必要になるのか紹介していきましょう。

スタッフの動き

品質管理の仕事を行う上で、スタッフの動きを観察する力が求められることもあります。スタッフの動きが明らかにおかしい場合や、非効率だと感じた場合は、品質管理の社員が問題点としてあげ、改善策を提案するということもあります。

観察力がなければ、スタッフは効率の悪いまま働くことになり、生産性が低下し場合によっては辞めてしまう場合もあります。結果として会社、スタッフどちらにとっても良くない方向へ進んでしまうため、スタッフを観察する力が求められる仕事です。

また、スタッフの中には作業を手順通りに行っていないということもあるため、不正が発覚することもあります。このようなスタッフを観察する能力が品質管理の仕事には求められます。

考察力

品質管理には、どのようにすれば商品を効率よく作ることができるのかを追求することが求められます。効率性だけでなく、安全に商品を作るためにはどのようにすれば良いかも同時に考える必要があるので、考察力が必要になります。

商品への知識

品質管理には、商品への深い理解も求められます。見た目で商品の品質がしっかり保たれているのかを見極める必要があるので、会社が発売している商品に対しての深い理解も必要になります。

コミュニケーション能力

品質管理の仕事をする上では、コミュニケーションが重要です。商品開発部と製造現場の意見に折り合いをつけることも、品質管理を担当する社員に求められます。現場の声を聞き、どのようなことをすれば商品製造がうまくいくかを考えなければなりません。

現場の声を聞く上ではコミュニケーション能力は求められるスキルなので、品質管理の仕事をしたいのであれば、高いコミュニケーション能力が必要であることを覚えておきましょう。

品質管理に向いている人、適性がある人

品質管理に向いている人、適性がある人はどのような人なのでしょうか。品質管理に向いている人の特徴を紹介します。

品質管理に向いている人

品質管理に向いている人は、次のような特性を持っている人です。品質管理の仕事をしたいと考えている人は、ぜひ次のようなタイプの人間になるように、日々自分磨きをしてもらうことをオススメします。

リスク管理ができる人

品質管理では、商品のクオリティを保つためにさまざまなリスク管理をしなければなりません。リスク管理がうまくできる人は、品質管理の上でミスもなく業務に取り組むことができるので、安心して仕事を任されるようになります。

小さなことでも、商品の品質を損なう可能性があるので、様々な作業に対してリスクを想定しながら指示できるようなタイプの人間が好まれます。

問題解決能力が高い

商品の製造ラインでトラブルが発生した際、迅速に問題を解決させなければなりません。商品の製造工程が止まってしまうと、商品を製造することが難しくなり結果として会社にダメージを与えてしまうことになります。

さまざまな問題に対しても、迅速な問題解決をすることができる能力も求められます。商品によっては一刻を争うものもあるので、問題解決能力が品質管理には求められます。どんな難問に対しても臆せず取り組むことができる人が品質管理には向いていると言えるでしょう。

適性のある人

それでは、品質管理の適性がある人とはどのような人なのでしょうか。適性のある人物像について詳しく解説していきましょう。

責任感がある

品質管理の仕事には責任が伴います。スタッフのミスでも、スタッフのミスに気づくことができなかった品質管理担当者が責任をとることになるので、責任感がなければ務まりません。日頃から責任感を持ってしっかりと物事に取り組むことができる人が、品質管理の仕事に向いていると言えるでしょう。

全体を把握することができる

製造ラインを全体として把握する能力も必要です。全体を把握しておくことで、現在の生産能力を客観的に割り出すことができ、会社側と意見交換をすることも可能です。逆に、全体を見渡すことができなければ、品質管理の仕事には向いていないと言えます。

向上心が高い

品質管理の仕事では、常に効率かつ生産性の良い方法は何かを問われることになります。現状が良い方法だと言われていても、何かを変えればさらに生産性が上がるのでは? という意識を持っていなければ良い品質管理とは言えません。現状に満足するのではなく、常に上を目指す姿勢の方が品質管理の仕事には向いていると言えるでしょう。

正義感が強い

品質管理の仕事では、スタッフの間違った行動を正すことで品質を維持するという場面もあります。ダメなものはダメだとはっきり伝えることも品質管理の仕事でもあるので、スタッフには嫌われてしまうこともあるでしょう。

しかし、正義感が強い人であれば周りに流されることなく、正しいものは正しいと伝えることができ、結果として高い品質を保つことができるようになります。品質管理には正義感も必要であることを覚えておいてください。

品質管理になるための学校・教室

会社で学ぶ

品質管理を主に扱う専門学校は存在していません。会社の中には、社内で品質管理を学ぶ勉強会を開催していることもあります。会社によって品質管理の方法が異なるので、品質管理の仕事に興味があるなら、会社で勉強するという方法で学ぶこともオススメです。

会社で品質管理の仕事を一生懸命勉強していれば、違う部署で働いていても品質管理の部署へ異動を指示されることもあります。品質管理の仕事として少しでも早く知識を身に付けたいのであれば、社内で学ぶようにしましょう。

勉強会がなければ、品質管理部署で働いている方から直接聞いても構いません。新入社員であれば、社内でアピールをすることで品質管理の部署へ配属になる可能性があるので、ぜひ自分が品質管理の仕事がしたいとアピールするようにしましょう。

生産マイスター検定に挑戦する

品質管理という資格は存在していないものの、生産マイスター検定という独自で作られた検定があります。この資格を持っていると、「品質管理に対して高い知識を持っていることを証明することができる資格」なので、社内のアピールだけでは不十分と考えている方はこちらの検定取得も検討してください。

生産マイスター検定の概要

生産マイスターは、1級~ベーシックまでさまざまな難易度の検定があります。1級は最上位の資格であるため難易度が高くなるものの、ベーシックなどは比較的難易度が優しいのでしっかり勉強をすれば取得することが可能です。

また、すべての試験が通信講座を修了したのちに検定試験を受けるという形になるので、協会が指定している通信講座を受けることが必要になります。通信講座を通して品質管理について学ぶことができるので、品質管理の知識を深めたい方、どんな仕事をするのか気になる方にオススメです。

品質管理になるには?まとめ

製造現場の司令塔とも言えるのが品質管理という業務

品質管理の仕事では、均一化した商品をお客様に届けることができるように、高い品質を維持する方法を管理する仕事です。

しかし、商品だけでなくどのようにすればスタッフの負担を軽くすることができるかなど、製造現場のことも考えなければ品質管理の仕事とは言えません。責任が大きい分、商品を褒められた時には達成感もある仕事なので、ぜひ品質管理の仕事を検討してみてください。

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

品質管理の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB