カーデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

カーデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

車が好き、絵を描くことが好きなクリエイター気質な人に人気が高いカーデザイナー。平均給与や年収はいくらなのでしょうか?今回はこの記事でカーデザイナーの平均給与や年収と、給与アップの方法や高収入を目指す手段や可能性についてご紹介します。

カーデザイナーの初任給

カーデザイナーとして働く場合、初任給は18~30万円程度が相場といわれています。

給与面は、どの職場でも高めの傾向にあります。デザイン事務所と自動車メーカー勤務が多く、初任給は大手か中小企業かによってもかわりますが、給与は自動車メーカーの方が多いです。

経験年数が長くなれば給与も上がってくる事があります。カーデザイナーには資格は、必要ありませんが、デザイン系、マーケティング系、ビジネス系の資格も持っていると、上の役職に就く事が出来る場合もあります。

1台を作るだけでも、億単位でお金がうごくので、もしもの時があった時に倒産なんて事もあります。カーデザイナーの仕事を探す際には、出来るだけ有名な所であると安心なのではないでしょうか。

異業種からカーデザイナーに転職した場合、給与の確認は大事

異業種からの転職の際に、何も経験もないまま転職した場合に、年齢を問わず新卒の初任給と同じ給与になる事があります。転職する前の仕事内容が車関係なら考慮してくれる可能性もあります。

しかし以前よりも給与が下がる事もあるので、カーデザイナーに転職を考えている場合は給与の所もちゃんと確認しておきましょう。

転職の際には、給与以外に手当やボーナスなどについても調べておく事

カーデザイナーは基本的に正社員登用されることが多いので給与以外にも別に手当や夏と冬に2回ボーナスが振り込まれます。さらにデザインした車の売れゆきがよければ、通常は別にボーナスが貰えます。

昇給がどれくらい上がるのか、実績ボーナス制度があるか、他の諸手当や社会保険関係についても応募する際には調べておくべきです。加えて、出来るならその会社がちゃんと車を作り上げて、売り上げも、程よく良い会社であるかも確認しておくと良いです。

転職の際に、実務経験が求められ可能性が高い

新卒に比べるとカーデザイナーの中途採用の求人は少ないです。中小企業の場合は未経験でもOKな所があったりします。しかし大きい企業となると実務経験が求められ事が多いです。

転職を考えているなら、実務経験を少しでも積んでから転職しておくと、給与もそれなりに考慮してくれる場合があります。

独立を考えている場合、人脈を作っておくと良い

非常に少ないですが、独立して働く道を選ぶ人もいます。いままでの経験と人脈を生かして資金集めをしてから、起業する事もひとつの手です。作った車が売れて、日本国内から海外まで知れわたるぐらいの有名なカーデザイナーになれれば、年収1,000万以上も夢ではないでしょう。

特にフリーの場合はいままでの残してきた実績によって、給与や年収も変動する可能性が高いです。成功すれば億をかせげる事も考えられます。

カーデザイナーの平均給与

カーデザイナーの平均給与は約36万前後

初任給は約18万前後ですが、年齢があがるにつれ給与も上がっていきます。平均給与は約36万前後です。しかしカーデザイナーの仕事はデスクワークが多く、座りっぱなしになる事も多々あります。

他にもクレイモデル(完成形に近づけた模型)を作成するときにも立ち会ったりしていると、深夜まで働く事になる場合があります。

企業にもよる所はありますが、ほとんどが休みも祝日がないところも多いので、想像以上に体力的にハードな仕事内容です。そのため、車が好きな気持ちと、自分の手がけた作品を作り上げたいという情熱がなければ、給与と見合わないと考える人もいるでしょう。

経験年数によって給与アップの可能性は有り

経験年数が上がるにつれ、下っ端のデザイナーから、チーフデザイナーの役職を任される事もあり得ます。チーフデザイナーは任させる仕事が多い分、役職手当が貰えるので給与があがる可能性があります。

カーデザイナーという仕事はクリエイター寄りではありますが、会社勤めして働くサラリーマンと似たような給与形態の所が大多数です。そのため、基本的に実力主義よりかは年功序列な所が多く、40代の働き盛りになってくると、約50万前後は貰えるでしょう。

デザイン事務所より自動車メーカーの方が年収は高め

勤務先により異なりますが、デザイン事務所でカーデザイナーとして働くよりは、自動車メーカーで勤務する方が年収は高いです。デザイナー会社の場合、独立でもしない限りは約500万から600万くらいになると言われています。

年収をとるのか、仕事内容をとるのかを、考えて就職、転職した方が良いと考えられます。また中小企業よりも大手企業であれば、独立しなくても年収1,000万までは稼げる可能性があります。

経験や実績によっては給料アップにつながることも

就職、転職、独立、とキャリアアップを目指していければ、年齢と共に給与アップを見込める仕事でもあります。

特に同じ業界から、違う会社に転職する場合には、今まで働いてきた経験やチーフデザイナーなど、重要な役職を務めてきたという経験があれば、給料にも考慮してもらえる可能性が高いでしょう。

チームで作る事が多い車の製造は、他の部署と話し合う機会が必然的に増えていきます。だからこそ、他の企業で働いている間にコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も鍛えておくと、採用されたときに給与面も考えて貰えるでしょう。

カーデザイナーの平均年収

カーデザイナーの年収のレベルは約300万から700万前後

カーデザイナーの平均給与・年収のレベルは比較的、高めの傾向にあります。若い頃なら400万前後は貰えるでしょう。全体的な平均年収は、約300~700万円前後です。また、企業によっては、1,000万円以上の年収を得ている方もいるようです。

経験年数が上がるにつれ年収も上がっていくので、最高額だと800万まで上がる人もいますが、ほとんどの人がそこまで上がる事はあまりありません。他にも企業の規模やその人の立場や役職により、変わる可能性はあります。

年収は働く場所の規模や地域によっても変動

前述してきたカーデザイナーの給与や年収は平均給与であり、勤務先の地域によっても異なる事もあります。勤務先の企業の規模や、自分が持っているスキルにより給与・年収が変動する事もあります。

特に都市部である東京や大阪などの首都圏の方が給与は高く、地方になると徐々に下がっている傾向にあります。首都圏などではない場合、そもそも募集すらされていない事もあるので、カーデザイナーとして活躍したいなら都会に出る方が良いかもしれません。

会社の規模が大きい所だと、日本国内で実績を上げてから国外の会社でカーデザイナーとして転職する人もいます。

独立後の事を考えつつ、正社員で働いて経験を積む道を選ぶ人が多数

カーデザイナーの仕事は、会社によって任される部署が異なる事もあります。自分がしたいカーデザイナーとしての仕事を追及するために、自動車メーカーなどで経験を積んでから独立する人もいます。

特に、個性的な感覚や美的センスがある人は、カーデザイナーに必要な知識として、コンピューター、製図、工学、工業デザイン関連の専門知識と技術を持っていれば、フリーになってからも成功する可能性が高いです。

さらに、会社勤めをしながらマーケティング系も勉強しておくと、独立した時にデザインする傍ら経営者として会社を成り立たせるのには必要になってくるでしょう。

独立するまでに、臨機応変な対応と未来を据えたデザインができるよう色んな経験を積んでおくとことが、一流のカーデザイナーになれる道になる可能性があります。

カーデザイナーの給与・年収まとめ

カーデザイナーの給与・年収のレベルは高め。しかし会社選びは慎重に

カーデザイナーの給与・年収のレベルは比較的高めです。しかし、車業界は昔に比べると廃れているのも現状です。しっかりと給与が貰える、倒産などしないであろう会社を選んでおく必要があります。

会社によっては、新入社員でも任される仕事が多すぎる所もあったりするので、会社選びは慎重に動きましょう。精神的にもタフでないと、続けるのが大変な仕事ですが、実力がつけば給与アップも見込める夢のある職業といえるでしょう。

カーデザイナーの参考情報

平均年収300万円~700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

カーデザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB