品質管理の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

品質管理の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

生産・製造現場で欠かすことができない品質管理の仕事は一体どのような仕事を行っているのでしょうか。このページでは、品質管理の仕事が具体的にどのようなものかを詳しく紹介します。これから品質管理の仕事を志している方は参考にしてください。

品質管理とはどんな仕事?

品質管理の仕事が実際にどのような仕事を行うものかを詳しく紹介していきます。

商品の質を管理する

品質管理の仕事で求められることは、商品の質を管理することです。商品の質によっては今まで信頼していた企業・消費者を裏切ってしまい、会社にとって大きな影響を与えてしまうこともあります。

完成した商品が会社の指示した通り作られているか、会社の求めている品質に達しているのかということをチェックすることが主な仕事になります。

なぜ商品を管理する必要があるのか

なぜ、品質管理の仕事で商品を管理する必要があるのでしょうか。

商品の品質は、会社の信用度に直結します。商品をしっかり管理することで会社への信用度を高めるだけでなく、多くの方に会社の販売する商品を利用したいと考えてもらうためにも、品質を管理することは必要不可欠になります。

それでは、商品管理をする上で重要なポイントを紹介しましょう。

均一商品の保証

いつ利用しても同じ質の商品が作られていなければ、消費者の信用度が低下します。いつ食べても同じ味、同じ効果を保つために、品質管理は必要不可欠と言えるでしょう。

商品の安全を保つため

大量生産をする商品の中には、異物が混入してしまうケースがあります。異物が1つの商品に混入してしまうと、全ての商品にも異物が混入する可能性があり、消費者は不安で購入することができないというケースもあります。

また、食料品だけでなく日用品でも商品に不具合があれば利用者を傷つけてしまうだけでなく、商品の不具合のせいで命を落としてしまうこともあります。このような事態を回避するためにも、常に製造ラインを管理し、商品が安全に作られているのか、正しい商品を利用者へ送り届けているかを確認しておく必要があります。

企業の信頼度の保持

高い品質を保ち続けることで、持続的に顧客を獲得することが可能です。また、パーツや部品などの商品を企業に提供している企業は、良い品質のものを作ることで新たな仕事の依頼が舞い込むこともあります。

品質管理を徹底的に行うことで、会社の信頼度を高めることができ、結果的に会社の業績につなげることができるため、品質管理は必要不可欠の仕事であえると言えるでしょう。

品質管理の仕事の具体的な内容

品質管理の具体的な仕事内容について、詳しく紹介していきます。

品質管理の仕事は、商品、スタッフ、機械までさまざまな項目をチェックしていかなければなりません。1つずつどのような仕事が行われるのか紹介していきます。

製品のチェック

品質管理で最も重要な仕事が製品のチェックです。会社の定めている製造方法で作られているのか、食料品であれば、味は会社が求めているものを満たしているのか、物であれば耐久性はしっかりしているかなどさまざまな項目をチェックしておく必要があります。

品質管理を徹底することで商品の不良品などを減少させるだけでなく、製品によっては安全性を守ることで消費者の命を守ることができます。品質管理では製品のチェックが最も重要であることを覚えておきましょう。

スタッフの管理

品質管理を行う上では、スタッフを管理することもとても重要な仕事になります。商品を大量に生産する場合、製造スタッフを欠かすことができません。いくら、機械でできる商品といっても、機械を操作するスタッフが必要になります。

現場スタッフがいい加減な仕事をしていると、商品の製造過程で手抜きが発生し、結果的に消費者に迷惑をかけてしまうことがあります。現場スタッフがしっかり仕事をしているかチェックすることも重要な仕事であると認識しておきましょう。

また、現場スタッフの仕事を厳しく管理するだけではありません。現場スタッフがどのような不満を持っているか、負担となっている仕事はないかをチェックすることもとても重要な仕事になります。スタッフの不満を解決することで、結果的に製造ラインを効率化させることができ、商品の大量生産、品質向上につながります。

機械の点検

製造ラインで稼働をしている機械を定期的にチェックする業務も品質管理担当者には課せられています。機械によっては、新しい機械の導入を検討する必要もあり、このような場合、上層部と交渉をすることもあります。安全な商品を提供するためには、日々の点検業務が必要であることを覚えておきましょう。

製造現場の影武者

このように、品質管理の仕事は製造現場の影武者ともいえる役割を担っています。一見地味に見える作業が多いものの、製造現場での品質管理の仕事は商品の質に直結するため、大変やりがいの大きいものとなっています。

品質管理の仕事のやりがい

品質管理の仕事のやりがいとは、どのようなものがあるのでしょうか。品質管理の仕事のやりがいについて紹介していきます。

人から感謝される

品質管理の仕事は人から感謝される仕事です。商品を利用する企業や消費者に感謝されることもありますが、それだけではありません。現場スタッフの問題点を解決することで、現場スタッフから感謝されることもあります。

また、業績が向上すれば企業からも感謝されることもあります。さまざまな人から自分の仕事が評価され感謝されるという特徴が品質管理の仕事にはあります。

利用者を支えることができる

品質管理の仕事は、消費者を支えることができる仕事です。下請け企業であれば、良い商品を提供することで、良い製品を作る支援にもなれば、薬品であればその商品で命を守ることもできます。品質管理の仕事がさまざまな形で利用者を支えているということを覚えておきましょう。

スタッフから信頼される

品質管理の仕事をしっかり行なっていれば、現場スタッフからの信頼度も向上します。製造現場での問題を解決させるためにあなたが必要とされるケースもあります。信頼関係が確立すれば、現場スタッフから欠かすことができない存在だと認識されることもあるので、人から信頼される仕事であることを覚えておきましょう。

結果が数字で現れる

品質管理の仕事は、生産ラインを改善し生産性をあげることで業績をあげることが可能です。また、スタッフの不満を解消することで、離職率を改善することもできます。品質管理現場でのさまざまな問題解決が会社の業績に直結するので、自分の努力が自分にしっかり返ってくるということを覚えておきましょう。

優秀な品質管理者になるには

優秀な品質管理をすれば、さまざまな人から感謝されるだけでなく、会社から欠かすことができない存在になることができます。しかし、いきなり優秀な品質管理者になることは不可能です。良い品質管理者になるためには、製造現場を全体として見渡す能力が求められるようになります。

品質管理の仕事は、会社、現場、消費者全てが要求することに対して折り合いをつけて問題を解決することが必要になるため、客観的な視点と交渉能力が必要であることを覚えておきましょう。

品質管理の仕事内容まとめ

責任感がある仕事

品質管理の仕事は、どれも地味な作業ばかりです。しかし、製造現場の司令塔となり企業が販売する商品の品質を保証するためには欠かすことができません。

品質管理の仕事をしっかりしていなければ、不良品を販売してしまうこともあるため、正義感と責任感を持った方に適している仕事であると言えます。ぜひ今回紹介した仕事内容を参考にして、品質管理の仕事を検討してみてください。

品質管理の参考情報

平均年収400万円~700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

品質管理の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB