ファッションコーディネ―ターになるには?向いている人の性格や役立つ資格

ファッションコーディネ―ターになるには?向いている人の性格や役立つ資格

ファッションからビジネスまで精通する職人・ファッションコーディネ―ターになるには一体どんなスキルや資格が必要になるのでしょうか。今回はこの記事でファッションコーディネ―ターに必要なスキルや持っていると役立つ資格、向いている人の性格的特徴や学校などをご紹介します。

ファッションコーディネ―ターになるには何が必要?

華やかに見える職業ですが、単純にファッションが好きというだけでは、ファッションコーディネ―ターを目指すことはできても、仕事を続けるのは困難かもしれません。体力的にもハードですし、日々の努力と勉強によって成り立っているからです。

ファッションだけではなく、ビジネスに関しても精通してなければいけないです。そしてファッションコーディネ―ターとしての職業名の求人が少ないことや経験を十分に積んだ人を採用されることが多い狭き門です。

最初は販売職からでも、めげずにファッションコーディネ―ターを目指し、世間のニーズを考えながらお店の全体の雰囲気をコーディネートしていかなければいけません。

ファッションコーディネ―ターを続けるにはファッションが好きな気持ちを継続できるかどうかで変わってくると考えられます。しかし、ファッションへの情熱があれば乗り越えられるはずです。

様々な分野のファッションの分析力

ファッションコーディネーターとして働くには、ファッションのトレンドや様々な分野のファッションについて多角的に分析力が大切です。ターゲット層が何を求めているのかを分析し、どのファッションやスタイルが売れるのかを常に考え続けていかないといけない職業だからです。

ファッションコーディネ―ターは常に、シーズンごとに商品を入れ替えたり、ニーズに合わせてお店の全体の雰囲気をガラリと変えたり、他店の傾向の情報収集が欠かせません。

ファッションでも多数ある分野をリサーチし、分析することでブランドイメージの向上に繋がる大いにあると考えられます。

文章力や表現力も必要

ファッションコーディネ―ターは、ファッション関係の店づくりに、大いに関わってくる仕事です。バイヤーや企業に対して、集めた情報を基に提案する事もあります。その時に、どうやったら伝わるのかを考えて表現する力が必要になります。

そして、企画を通すときには企画書というモノを作成するため、文章力も磨いておくことが必要です。

語学力で、人脈の幅を広げる

ファッションコーディネ―ターになるのに語学力がないとできないというわけではないのですが、日常会話程度のコミュニケーションが取れると、仕事の幅が広がる可能性があります。

ファッションコーディネ―ターは、企業にもよりますが、客層や流行の傾向のリサーチするために、海外の仕入れに同行する場合もあります。英会話はもとより、中国語も長けていると良いかもしれません。

いずれにせよ、語学に関する意欲をもつことも、ファッションコーディネ―ターになるにはプラスになると考えられます。

体力もファッションコーディネ―ターにとって必要

ファッションコーディネ―ターの勤務先はアパレルメーカー、百貨店、ファッション専門店などがあげられます。しかし百貨店やファッション専門店などの小売店の場合は早番、遅番もあり得ます。

小規模なお店では始業が遅いケースもあるため、2交代シフト勤務もあり得るため、長時間立ち続けていることや動いていることもあるので体力が必要となってきます。

ファッションコーディネ―ターに向いている人、適性がある人

ファッションコーディネ―ターになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

ファッションコーディネ―ターは美的感覚やセンスを生かせる仕事

ファッションが好きで、昔から洋服からアクセサリーまで組み合わせから着こなしのアイデアやセンスがあることは、お客様のニーズをつかむために生かせる感覚だと思います。独自のコーディネートセンス能力を確立することができれば、独立の道も開くことができる可能性もあります。

高いコミュニケーション能力がある人

ファッションコーディネ―ターになる前に接客業務からスタートというケースがほとんどです。人と接すること、話すことが苦ではなくコミュニケーションが得意な人が向いていると考えられます。

消費者のニーズを感じるためにも、お店にでて、販売業務を最初に行う時には社交性やお客様の対応も接客力として必要になるので、高いコミュニケーション能力がある人でなければ困難な仕事かもしれません。

リーダーシップ性もファッションコーディネ―ターの適正のひとつ

ファッションコーディネ―ターは、幅広い内容、そして色んな専門のスタッフと関わる場面も多く、立場的に現場のスタッフ達に指示をだすまとめ役となることも期待されているため、リーダーシップがあることも適性のひとつでもあります。

特に小売店では、現場をよく知るリーダー的存在はとても重要なので、リーダーシップがあることはとても重宝されます。

マーケティング的思考はファッションコーディネ―ターが生かせる仕事

お店でお客様が探している服をアドバイスすることも仕事の一つでもあります。ですが効果的に売れるように商品ディスプレイを考え、販促業務を行うのも仕事の一つです。

ビジネスにおいて、自社の客層や消費者のニーズと欲求を明らかにし、価格設定、適切な製品開発のアドバイスなどを遂行するためにも、マーケティング的思考が必要になり、むしろその状況を楽しめる人は、ファッションコーディネ―ターの適正があるといえるでしょう。

将来的には交渉する力があるとベター

企業、店舗によって求められている力は様々です。ファッションの知識はもとより営業力、マーケティング力、そして店舗勤務であるなら、買い付けの指示や経営面についても考えていかないといけません。

その時に、取引先との交渉力がある人は将来的にも、ファッションコーディネ―タ―として求められているスキルでもあると考えられると思います。

ファッションコーディネ―ターになるための学校・資格

ファッションコーディネ―ターになるには、ファッション系の専門学校や大学や短期大学の家政科やビジネス科、他にもファッションとビジネスを年次ごとに学ぶことができる学校に通う人が多いです。職業柄、専門用語も多く、ファッション以外の知識や技術も問われます。

学校に通うことにより、ファッションコーディネ―ターとして必要な基礎知識を学び、スキルを身に着けることができるでしょう。

カリキュラムやサポートの内容を比較して学校選びを

ファッションコーディネ―ターになる為の専門学校、大学、短期大学は全国にあります。学科によって、就職に有利な資格取得を目指せるコースと1回生から現場での実践的授業により経験と知識を身に着けることができるコースと別れている学校もあります。

さらに学校によっては自分のブランドを立ち上げショップ運営を行える授業も組み込まれている学校もあります。社会人の人や日中に学校に行けない人なら夜間コースがある学校を選ぶのもひとつです。

選択肢は豊富にあるので、それぞれの学校によってカリキュラム、学科やコース、そしてサポート内容は違います。自分の目指すファッションコーディネ―ターとしてのイメージ像に近づけられる学校をじっくり比較して自分にあった学校を選ぶことが大切です。

取っておいて損はないファッション能力検定とカラーコーディネーター検定

絶対に必要という資格はファッションコーディネ―ターにはないですが、この二つはファッションコーディネ―ターと関連性が高い資格でもあるので取得しておくと後々、就職や転職でも有利になる可能性があります。

アルバイトからで経験をつみ、ファッションコーディネ―ターになるのも有り

ファッションコーディネ―ターになるといってもすぐになれるものではなく、経験とそして美的センスやコミュニケーション能力などが必要になってきます。

ファッションコーディネ―ターといってもアパレル企業におけるファッションコーディネ―ターの場はさまざまです。デザイン部門、マーケティング部門、営業部門、そして販売員として実績を積んでからという方が多いです。

ファッションコーディネ―ターになるには?まとめ

資格があればベター、まずは情熱とコミュニケーション能力が続けるのに必要

ファッションが好きであることと、そして誰とでも話せるコミュニケーション能力。コミュニケーション能力は下積みからファッションコーディネ―ターとしてお店を引っ張っていく責任重大な立場になるまで、なくてはならないものです。

未経験でも仕事に就くことが可能な職業ですが、資格や学歴があればベターです。取っておいて損はないファッション能力検定とカラーコーディネーター検定などの資格を持っていれば就職や現場でも有利になる可能性があるでしょう。

ファッションコーディネーターの参考情報

平均年収300万円~440万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ファッションコーディネーターの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB