ファッションコーディネーターの給与や年収は?企画部門や企画職で上流部分の専門的な経験を積み、独立も視野に

ファッションコーディネーターの給与や年収は?企画部門や企画職で上流部分の専門的な経験を積み、独立も視野に

ファッションコーディネーターといえば、ファッション関係の仕事の花形です。ただ、なんとなくのイメージはあっても、具体的な年収事情まではわからないという人は少なくないはず。今回は、ファッションコーディネーターの年収事情についてご紹介します。

ファッションコーディネーターの初任給

ファッションコーディネーター1年目の初任給は平均18万円~20万円

ファッションコーディネーターとしての仕事は、アパレル関連企業での企画職のほか、専門店での販売職など、様々ありますが、どのような働き方であれおおむね初任給は18万円~20万円となっています。大卒の初任給が約20.7万円といわれていますので、それと比較しても同水準といえます。

キャリア1年目の多くは現場での経験の積み重ね

百貨店などの小売店や専門店に正社員として就職した場合のほか、アパレル関連企業の企画職に正社員として就職した場合も、まずは現場での経験を積んでいくことからキャリアをスタートするケースが多いため、初任給に大きな差は出てこないようです。

なかには、現場での経験を積まずに企画系のキャリアを積むところからすぐに始めたいという方もいるかと思いますが、現場での経験をしているのとしていないのとでは、後々の自身の成長面で差が出てきます。その差は、給与の面にもあらわれるケースが多いので、現場での経験を無駄とは思わず、将来のための基礎づくりという認識でキャリア形成を行っていくほうが適切といえるでしょう。

傾向として、企画系のほうが給与は高くなりやすい

初任給は形態によってそこまで変わらないものの、勤続年数が増えてくると、違いは出てきます。実際には、販売や接客などの現場よりも、本社部門での企画のほうが給与は高くなりやすいというのが現状です。

多くの業種・職種でみられることではありますが、現場に近いところよりも、本社部門で全社的な階層で行われる仕事のほうが、仕組みをつくりだすという点で、高めの給与があてられるという事情があり、ファッションコーディネーターについてもこのことは当てはまってきます。

必ずしもすべてのファッションコーディネーターに当てはまるというわけではありませんが、このような事情がある、ということは知っておいて損はないでしょう。

ファッションコーディネーターの平均給与の統計

公のデータによると、給与は他業種と比べて標準並み

厚生労働省が発表している『賃金基本構造統計調査』を参考に、ファッションコーディネーターの給与がどのくらいなのか、確認してみましょう。

ファッションコーディネーターには企画系や販売系・接客系といったいくつか職種があるので、職種ごとにみてみると、主に販売系・接客系としてのファッションコーディネーターである「百貨店店員」では、月収は約22.8万円、百貨店店員を除いた「販売店員」では月収は約24.1万円となっています。職場の規模や待遇面での違いはあるものの、月収はおおむね22万円台~24万円台という範囲にあります。

他方、企画系のファッションコーディネーターとして「デザイナー」を参考にみてみると、月収は約31.8万円となっています。

企業規模や勤続年数、経験・実績で給与は変わる

販売系・接客系と企画系を比べると、月収ベースで約10万円の差が出ています。これは、先にお伝えした「企画系のほうが、給与が高くなりやすい」という傾向があるためや、比較対象とした「デザイナー」の内訳がみえていないためでしょう。

企画系のファッションコーディネーターでも、マーケティングやブランディングを行う人については、販売系・接客系と比べて極端に給与が高いというわけではなく、どちらかというと企業の規模や勤続年数、経験・実績に応じて差が生まれるといったことのほうが多くなります。なので、決して悲観的になる必要はありません。

ファッションコーディネーターの年収統計

ファッションコーディネーターの推定平均年収は約320万円または約440万円

ファッションコーディネーターの年収を、厚生労働省が発表している『賃金基本構造統計調査』を参考に推定すると、販売系・接客系のファッションコーディネーター(「百貨店店員」または「販売店員」)で約316万円~328万円となります。また、企画系のファッションコーディネーター(「デザイナー」)では約440万円となっています。

数字だけをみると、デザイナーのほうが、年収額が100万円以上高くなっていますが、それは、デザイナーのほうは賞与額が約57.7万円と、百貨店店員(約43.2万円)や販売店員(約38.7万円)と比べて高くなっていることや、様々ある職種のなかで企画系の仕事は年収が高くなりやすいということが影響しているといえます。あくまで算出された平均として、参考程度にとらえておきましょう。

ファッションコーディネーターとして年収アップを目指すなら

ファッションコーディネーターとして年収アップを目指すうえで効果的なのは、より専門性を磨いて上の役職を目指すこと、独立することです。これらについてみていきましょう。

順当な方法は、上の役職を目指すこと

年収アップを目標とするうえで順当な方法の1つが、今いる企業または店舗で上の役職を目指すということです。現場での実績・経験を積み、生え抜きとして本部の企画系の部署の配属となり、そこでさらに実績を上げることで、企画部門の部長や責任者、リーダーといったポジションに就くことができるようになります。

そうなると、一般企業の部長職に相当する年収を手にすることができますので、ファッションコーディネーターの平均年収の2倍近い額となることも夢ではありません。もちろん、責任あるポジションとなるので、それ相応の責任は伴いますが、達成感ややりがいなど、得られるものは非常に多いといえるでしょう。

ファッションコーディネーターとして独立を目指すのもあり

もう1つが、ファッションコーディネーターとして独立することです。

ファッションコーディネーターとして現場での経験を積むことはもちろん、企画部門や企画職で上流部分の専門的な経験を積み、コーディネーターという仕事のすべてがわかり、身につけられたと感じるようになったときに、ファッションコーディネーターとして独立することが視野に入ってきます。

独立するということは、事業主または経営者となってすべてを自身が主体的に行っていくということになりますので、それまでとは比べてものにならないくらいの困難を経験することになります。また年収も、初めの頃は、これまでの年収額を大きく下回ることにもなるでしょう。

しかし、ファッションコーディネーターとして納得できる仕事を常に行っていくことで、結果を出し、それに対する報酬を受け取り、次に確実につなげていくことができれば、独立した一人前のファッションコーディネーターとして、手に職をつけて仕事をしていくことが可能になります。

そうなれば、企業に勤めていたとき以上の年収を手にすることができますし、業界を代表するファッションコーディネーターとして、トップクラスの年収を稼ぎだすこともできます。夢があるぶん、道のりは困難ですが、キャリアプランの1つに据えておくのもありかもしれません。

ファッションコーディネーターの給与・年収まとめ

ファッションコーディネーターの年収レベルは標準並み。自身の適性の見極めで高年収を目指そう

ファッションコーディネーターには企画系や販売系・接客系など、いくつかの形態がありますが、どちらかというと企画系のほうが年収レベルは高くなっています。もちろん、経験や実績によって違いはあり、必ずしも企画系のファッションコーディネーターだから年収が高いというわけではありません。

販売系・接客系のファッションコーディネーターのなかでも、トップセールスとして、表彰されるほどの売上実績を上げている人はもちろんいます。1人1人の適性に合った形態で、十二分に能力やスキルを発揮していくことが、年収アップの秘訣です。

ファッションコーディネーターとしてファッション関連の専門分野で働くにあたって、少しでも高い年収を目指したいということであれば、自身の得意とするところの見極めが重要となってくるでしょう。

ファッションコーディネーターの参考情報

平均年収300万円~440万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ファッションコーディネーターの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB