飲料メーカー社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

飲料メーカー社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

新卒、中途採用とも応募者が殺到すると言われる飲料メーカー。飲料メーカー社員になるにはどのような資格やスキルが必要なのでしょうか。飲料メーカー社員になるには、各募集職種で自分に合うものを選び、大学卒業見込みで就職を目指すのが現実的です。本記事では、飲料メーカー社員になるために必要なこと、向いている人の特徴などについてご紹介します。

飲料メーカー社員になるには何が必要?

希望する分野の学部・専攻で学ぶ

飲料メーカー社員になるためには、飲料メーカーの採用試験に応募し、合格しなければなりません。必須の資格・試験などの決まりは特になく、強いて挙げるとすれば営業職希望者は採用までに普通自動車運転免許の取得を求められる程度です。

学歴についても特段の決まりはありませんが、大手メーカーでは新卒者の採用については「大卒程度」「高卒程度」などとおよその学歴で区分していることが多くあります。

一般的に、将来の幹部候補となる「総合職」は大学や大学院卒(見込み)の人を中心に応募しています。また、専門性が高くない日常的な業務を行う「一般職」は高卒や短大卒の人を中心に募集しています。

総合職は、全国や海外への転勤があり、最初の勤務地も採用後の研修後に決定されることが多いのに対し、一般職は転勤がなく採用された営業所等での勤務になることが多いようです。

企業によっては、「事務系」「技術系」などと業務の分野で分けて応募しています。事務系には、経理・財務や法律、マーケティング、営業などの分野が含まれます。また、技術系は飲料の成分分析や研究開発、製造機械の導入や保守などの業務です。

業務内容によって学部の制限を設けている企業はあまりありませんが、事務系には文系学部の学生、技術系には理系学部の学生が多く応募しています。技術系では、スキルや能力によって給与を高めに設定しているところもあり、そのような職種には理系の大学院卒見込みの学生も多く応募しているようです。

飲料メーカー社員になるために必須の資格がない分、採用試験では長所や能力をいかにアピールできるかが勝負の分かれ目となります。大学などで専門的な内容を学ぶ以外にも、一般常識を身につけたりコミュニケーション力を磨いたりと努力を重ねていくことが大切です。

採用は狭き門

飲料メーカーは上位数社が市場シェアの大半を占める業界で、上位のメーカーはいずれも名の通った大手企業です。

給与・年収が比較的高い水準で安定していて福利厚生もしっかりとしていることや、有資格者が有利となる業界と違って誰でもチャレンジできる業界であることなどから、上位の会社は学生からの人気も高く、新卒者の採用試験には応募が集まりやすいようです。飲料メーカー社員を目指すなら、かなり高い競争率を覚悟しなければなりません。

また、大手飲料メーカーは組織がしっかりしていて働きやすいということもあり、離職者も少ない業界なので、転職で飲料メーカーを目指すのもなかなか大変です。各企業からは不定期で中途採用者の募集が出ますが、採用人数に対して応募者が殺到することもあり、かなりの狭き門を潜り抜けなければなりません。

詳細な募集内容は各飲料メーカーで異なります。就職を目指す場合は、各社の募集情報をしっかりチェックしてください。

飲料メーカー社員に向いている人、適性がある人

誠実であり続けられる人

飲料というのは人が生きていく上でなくてはならないものです。人が直接飲むものですから、健康に害がないことが大前提となります。食品メーカーにも共通することですが、飲料を製造することで人の健康に悪影響があってはならず、安全であることが当たり前の世界です。

飲料市場は大手数社がかなりのシェアを占めているので、飲料メーカー社員は必然的に大手企業に勤務する人が多いことになります。就職する時は熱い志を持っていても、就職して仕事がルーティーン化してしまうと、組織の論理や営利追及が第一の優先事項となり、食の安全安心という当たり前のことが二の次になってしまうこともないとは言えません。

実際、賞味期限の偽装や産地偽装といったことが起きています。本来あってはならない食の安全が一度脅かされてしまうと、企業グループ全体としての信頼がガタ落ちとなり、信頼回復にはかなりの時間と労力がかかります。

食品メーカー社員には、常に消費者に対して誠実であることが求められます。組織や自身の保身に走らず、常に誠実に行動できる人は、飲料メーカー社員に向いていると言えるでしょう。

自主的に行動できる人

日本の人口は減少傾向にあるため、国内の飲料市場は縮小傾向にあります。そこで、各飲料メーカーは新規の市場を求めて海外展開を進めています。

企業全体として新しい事業に取り組む中で、飲料メーカーの社員もそれぞれが積極的に新しいアイディアを出したり、新規プロジェクトに取り組んだりすることが求められるようになります。

文化的背景が異なる国で事業展開を図るためには、その国・地域ならではの文化・風習を学ぶことも必要です。自分から積極的に視野を広げ、学んでいこうとする姿勢が大切です。また、新規事業には多少の失敗はつきものです。たとえ失敗しても落ち込むだけではなく、失敗から学ぼうとする姿勢も必要です。

これからの飲料業界でグローバルに活躍する人材は重宝されるでしょう。命令されたことをただやるだけではなく、自分で考え、行動に移せる人は、飲料メーカー社員に向いていると考えられます。

他方、言われたことしかやらない人、自分から進んで意見やアイディアを出すのが苦手な人は、海外展開などの業務には向いていないと言えるでしょう。

飲料メーカー社員になるための学校・教室

幹部候補を目指すなら大学へ

将来、大手の飲料メーカーで出世することを目指す場合、大学卒業見込みでの就職が現実的です。

学歴は必須ではありませんが、応募者からまずは書類選考で選ばれなければならないことを考えると、大学卒業を目指すことが近道でしょう。飲料メーカーは仕事内容が幅広く、事務、営業、研究開発、エンジニアリングなど様々な職種があります。

一方、転勤がない一般職、地元の営業所や工場等への勤務を希望する場合は、地元の高校や短大を選択する道もあります。一般職は総合職に比べて給与面は低い傾向にありますので、その分、高学歴者は採用しない企業もあります。

いずれの場合も、自分がどのような仕事に就きたいのか、どのような働き方をしたいのかを良く考えて学校や学部を選ぶようにしましょう。

転職組は資格でアピールも

大手の飲料メーカーは中途採用の応募が不定期で、応募倍率も高いので、転職で飲料メーカー社員を目指す場合は、書類選考や面接で自分の長所をしっかりとアピールできることが大切です。

飲料メーカーは必須の資格がありませんが、関連する資格としては「ソムリエ」や「バリスタ」、「フードコーディネーター」といった民間資格があります。資格を保有しているからといって採用されるわけではありませんが、関連する資格を持っていれば、一定の専門知識・スキルや飲料業界への熱意を示す材料となるでしょう。

国内の飲料市場は縮小傾向にあるため、新規市場として海外進出や海外企業との業務提携を進めている飲料メーカーが増えています。そのような企業で活躍したければ、英語をはじめとする外国語ができれば有利となります。

英語力についてはTOEICや英検が良く知られていますが、それ以外の言語でも検定がありますので、語学力を証明するために受験しておくと良いでしょう。

また、これらの資格取得に向けた講座やスクールなども多くありますので、興味がある方はインターネットでチェックしてみてください。

飲料メーカー社員になるには?まとめ

新卒・転職とも高倍率。しっかりとアピールを

飲料メーカーは大企業が多く、収入面や福利厚生が充実していることなどから人気があります。採用には応募者が殺到しますので、高倍率を勝ち抜くためには、自分の長所や専門性の高さなどをしっかりとアピールすることが必要です。

有資格者や高学歴者が書類選考で有利になる可能性はあっても、資格や学歴だけで採用されることはまずありません。飲料メーカー社員を目指すためには、就職試験に向けてしっかりと準備が必要です。

飲料メーカー社員の参考情報

平均年収500万円~700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

飲料メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB