印刷会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

印刷会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

印刷会社社員は、どの程度の給与・年収を受け取ることができるのでしょうか。印刷会社社員は、中小企業でも日本人の平均年収と同じくらいの収入を得られるケースが多いようです。本記事では、印刷会社社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

印刷会社社員の初任給

印刷会社社員の初任給は会社の規模によって若干異なりますが、 17~22万円前後と言われています。

出版業界が衰退化し、印刷業界もデジタル化に伴い紙媒体への露出が減少し続けています。その煽りで業績が悪化しているため、初任給にも影響があるという企業も少なくありません。

印刷会社社員として働くのであれば、印刷業界の現状を理解した上で自分がどのように働きたいのかを真剣に考えておくと良いでしょう。

20代に必要なこと

印刷会社社員として活躍するのであれば、次のような点に意識をしながら20代を過ごすと良いでしょう。20代の過ごし方が将来のキャリアに大きく影響するので、しっかりとした意識を持って働くようにしてください。

仕事内容を覚える

印刷会社社員の仕事はさまざまです。営業職になればクライアントと直接打ち合わせをし、企画を提案して印刷を行うという仕事もあれば、技術職になればインクをはじめとした印刷に関する技術開発を行うこともあります。

仕事の流れは担当する部署によって異なるので、配属された場所でどのような仕事を求められているのか自分にはどのようなことができるか、先輩の仕事の動きを見て覚えていくようにしましょう。

人間関係を築く

印刷業界の仕事の多くは、B to Bの仕事がメインです。そのため、人間関係で仕事を依頼されることもあります。

20代の頃に多くの人脈を作っておけば、自分が管理職に昇進した時に仕事に使える可能性があります。あの人に頼んでよかったと思われるように、真摯に仕事に向き合い、人間関係を構築していくようにしましょう。

印刷の将来を考える

印刷業界は、今のような仕事だけでは今後無くなってしまう可能性があります。特に20代の社員は、印刷会社として今後どのようなことが求められているのか印刷業界の現状を分析し、今後どのように変化していくかを考えないと生き残れないでしょう。

印刷の将来を考えることで、今までになかった新しいサービスを提案する、新しい印刷業界のあり方を業界に対して提案することも可能です。20代の方は印刷業界の将来と向き合い、真剣に今後どのようにすれば良いかをアイデアベースで考えておきましょう。

印刷会社社員の平均給与

印刷会社社員の平均給与はどの程度もらうことができるのでしょうか。一般的には、中小規模の印刷会社社員で30~40万円、大手企業になれば40代以上で50万円以上給与を受け取ることも可能です。

どちらかというと、他の業界に比べて給与が安い企業が多く、少しでも給与を高くしたいのであれば、働き方を考える必要があります。

離職率も高い仕事

印刷会社社員は、給与が安いために離職率も高くなってしまっている現状があります。今後役員になることができても、給与は変わらず責任だけが増えてしまうというケースもあります。

就職しようと検討している会社が今後業績を拡大させていくのか、それとも衰退する可能性があるのか、見極めるようにしてください。

給与を上げる方法

印刷会社社員としては、どのようにすれば給与を上げることができるのでしょうか。給与を上げるのであれば、残業をなるべくするようにしましょう。しかし、最近では働き方改革で残業があまりできないような仕組みが確立されつつあります。

しかし、印刷業界でインセンティブ制度を導入することは難しいので、給与が減ってしまう可能性もあります。このような場合は、自分の印刷業界で学んだスキルを副業に活用してみると良いでしょう。

最近では同人誌をはじめ、個人で書籍やチラシなどを作るケースが増えています。しかし、印刷業界の知識が浅い素人は、注文後にミスをしてしまうことも少なくありません。

このような利用者に対して、印刷業界の知識を用いてクオリティの高い印刷を実現させれば、副業サービスとして提供することが可能です。本業だけでなく、副業の道も検討するようにしてください。

ベンチャー企業の給与は

最近では、印刷会社の中にもベンチャー企業が登場しています。ベンチャー企業は中小、大手に比べて給与が安く、その代わり任される仕事の幅が多くあります。こ

のような会社で考えたサービスが認められれば、飛躍的に業績が伸びる可能性があるので、就職した印刷会社の給与が上がらないと感じているのであれば、ベンチャー企業も選択肢として考えるようにしましょう。

印刷会社社員の平均年収

印刷会社社員の年収は、どの程度もらうことができるのでしょうか。

会社の規模によって年収は異なりますが、中小規模の印刷会社であれば400~500万円前後もらうことができます。一方、大手の印刷会社であれば600~700万円前後の年収が期待できます。

就職する企業によって年収は異なりますが、大手の企業に就職すれば平均以上の給与を期待できる、と認識しておきましょう。

年収を上げるためには

印刷業界で収入を上げるためには、どのような方法があるのでしょうか。印刷業界で年収をあげる方法を紹介していきます。

新規事業で成功する

現在、印刷業界は下降線を辿り、今後も衰退していくことが予想されます。そのような状況下で既存のビジネスだけではなく、今までにない新しいビジネスを提案し成功させた場合は、企業としての収益が高くなる可能性があります。

このような新規事業を社内で任されるようになれば、仕事の幅も広がるため、必然的に年収が上がる可能性があります。もちろん、年収を上げるためには新規事業を成功させなければなりません。新規事業で成功すれば、幹部社員になることも難しいことではなく、年収も安定するでしょう。

大手企業に就職

日本国内の書籍の印刷のうち、約8割が大手の印刷会社が占めています。大手印刷会社は中小企業に比べて仕事も多く行っているため、大手に就職することで給与が一気に上がることもあります。会社の年収に不満を感じている場合は、大手の印刷会社に就職することを前向きに検討しましょう。

もちろん、印刷会社にいたから転職することが簡単にできる、というわけではありません。なぜ大手に転職をしたいのか、収入以外で決定的な何かを見つけた上で転職を行うようにしてください。

年収1,000万円以上は可能?

印刷会社で年収1,000万円以上稼ぐことは、現状を考えるとハードルが高いと言えます。大手印刷会社でも平均年収が700~800万円なので、1,000万円以上稼ぐためには部長以上の役職に就く必要があります。

1,000万円を稼ぎたいのであれば、印刷を使った画期的なサービスがないかを模索し、独立して起業することを検討しましょう。近年ではB to Bだけでなく、個人に印刷を提供するサービスも充実してきました。

大手にできないビジネスを見つけられれば、会社として成功する可能性があるので、印刷業界を分析した上で画期的なサービスを考えるようにしましょう。

印刷会社社員の給与・年収まとめ

どのような働き方をしたいか考えた上で就職を検討しよう

印刷会社社員の給与・年収は、他の職業と比較をしても高いとは言えません。どちらかというと、業績の縮小から給与・年収が今後も下がっていくことが考えられます。

衰退化が進む印刷業界で、自分がどのような仕事を行うことができるのか、給与・年収にとらわれることなく、自分の印刷業界でやりたい仕事を実現させるために会社を探すと良いでしょう。

印刷会社社員の参考情報

平均年収400万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

印刷会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB