建設コンサルタントになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

建設コンサルタントになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

専門的な分野の仕事をする建設コンサルタントになるには一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。今回はこの記事で建設コンサルタントに必要なスキルや持っていると役立つ資格、向いている人の特徴などをご紹介します。

建設コンサルタントになるには何が必要?

建設コンサルタントは高度な専門的な知識や経験が求められる

建設コンサルタントになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、専門的な分野だからこそ高い倫理観が必要になります。

国土交通省に登録された企業が建設コンサルタントで、国や地方自治体の建設や開発、防災などの計画や調査をメインにして社会資本整備という事業を行います。専門的で社会的にあまり目立たない計画や調査など事業において早い段階の業務なのですが、公平、中立の高い倫理観が建設コンサルタントには求められます。

交渉力が建設コンサルタントにおいて

建設コンサルタントの仕事で特に営業に求められるのは相手のペースに乗せられずに自分のペースで交渉が出来る事が求められます。営業の仕事に関しては多く該当する事ですが、営業先が市や県である建設コンサルタントは高圧的に相手が物事を決めてくるようなことも考えられるでしょう。

基本的に、金銭的にギリギリの予算で仕事を組んでいることが多いので、役所は工期や工事内容を無理やりすすめようとしてきますが、建設コンサルタントはその意見を強引にでも押し切って余裕のある受注を受けることが必要な事になります。民間企業同士での仕事もある建設コンサルタントは、具体的な金額の交渉が出来る人材も求められます。

幅広いシーンに応じた交渉力が建設コンサルタントになるには必要なのです。

広い視野を持つことも建設コンサルタントの大切な要素

建設コンサルタントの仕事は社会資本整備に携わる事業をメインに行いますが、様々な面から調査、検討して最適な手段を導きます。慢性的な渋滞が発生していた場合には、道路を増設するのか鉄道を作るのかなど住民や環境の影響、コストなどの調査を行います。

工事をするには多くの企業や人が関わるので、スケジュール通りに進んでいるかなど依頼主の立場で全体的な管理をする事も多いです。専門的な知識が必要になる仕事の建設コンサルタントですが、広い視野で物事を考えて提案できる事が求められる大切な要素です。

専門的な知識も必要な建設コンサルタントの仕事

建設コンサルタントは専門性の高い仕事なものですぐに仕事を覚える事は難しいと考えられます。地域の活性化などの国土マネジメントや環境負荷を考慮したライフサイクルマネジメントなど理解するべきことは多くあり、専門的な知識が必要になります。

常に高度な技術力が求められるので、経験や学習によって継続的に能力を伸ばすことが必要です。仕事をしながらでも良いので、専門的な知識を増やしていくことが建設コンサルタントとして成功をする鍵と言えますね。

絶対必要ではないが建設コンサルタントに関する資格があるほうが有利

建設コンサルタントとして働く上で何かの資格が絶対必要というわけではありません。とはいえ、資格を持っていれば専門応用能力が必要な計画、調査、研究や設計を行えることが証明できるので就職や待遇の面で有利になる可能性はあります。

建設コンサルタントとして働く人が取得する資格で代表的なものは、技術士やRCCMがあげられます。技術士は国家資格で、RCCMは民間資格になります。

建設コンサルタントに向いている人、適性がある人

建設コンサルタントになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

責任感は建設コンサルタントの適性のひとつ

建設コンサルタントに求められる適性として、まずは責任感があげられます。ダムや橋、トンネルや道路、防波堤などを建設する仕事に関わる建設コンサルタントは、建設物を造る上で構造のミスがあれば人の命に係わる事故につながってしまいます。

工事によっては土地の自然環境に大きな影響を及ぼす事もあり、手抜き工事なども含めて考えられるリスクや対応すべき問題についてしっかりと伝える必要があります。専門的な仕事である建設コンサルタントとして働くのであれば強い責任感を持つことが大切です。

職業柄忙しい事もありますが、仕事には絶対手を抜かず最後までやりきる気持ちを持ち続ける人が、建設コンサルタントの適性があると考えられます。

努力をし続けられる人

建設コンサルタントが携わる仕事には何十年後の未来を見据えて取り組む規模の案件も多くあります。気の遠くなるような予算と時間がかかる仕事に対して、コツコツと未来の明確なビジョンを持って努力出来る人が、建設コンサルタントには向いています。未来に受け渡せるものが造りたいと思い、希望を持って努力出来る人は適性があると言えますね。

コミュニケーション能力がとても大事

建設コンサルタントの仕事で特に営業は市や県と交渉するので、コミュニケーション能力がとても大事な要素です。場合によって無茶苦茶な工期や予算などを提案してくることもあり、高圧的な態度にも怯まずに相手に向かっていく必要があります。

金額の交渉などもする必要があるので、コミュニケーション能力がとても大事になる仕事です。人と話すことが好きな人で少し図太い人の方が、建設コンサルタントに向いていると考えられます。

建設コンサルタントになるための学校

建設コンサルタントになるために学校に通うことは、自分と同じように建設コンサルタントを目指す仲間に出会えるということになります。ライバルとして励ましあい刺激しあうこともできるのが魅力です。

専門的な建設の基礎が学べる学校

建設コンサルタントをめざす人は、理系に進学する人が多いです。専門学校に通う事で設計や土木に関する勉強をしておくと、仕事に役立てることができます。大学の理学部で地質学や地理学を学ぶことや工学部で建築学を学ぶと、専門的な建設コンサルタントの仕事にはおすすめです。

専門的な仕事だからこそ、専門学校や大学で建設コンサルタントに必要な知識を培っておくことが大切になります。

カリキュラムや授業内容を比較して学校選びを

建設コンサルタントになるための学校は全国にあり、選択肢は豊富といえます。専門学校や大学の学部によってはOCTでプロから直接指導をしてくれたり、100年以上の伝統のある指導が魅力の授業などが用意されていることがあります。

専門的な分野の仕事だからこそ授業の内容で学校選びをしてみると良いかもしれません。資格取得支援が手厚い学校なら、卒業後の進路に対する不安も軽減されるはず。学びながら資格取得を目指せることも建設コンサルタントを目指すには大きなポイント。

それぞれの大学や専門学校によってカリキュラムや授業は異なるので、自身の目指す建設コンサルタント像に近づける様にしっかりと比較をして、自身にあった学校を選ぶことが重要です。

就職してから資格所得を目指すことも可能

建設コンサルタントになるには絶対に専門的な学校で知識を身につけなければ出来ないという決まりはありません。実際に就職して現場に入り専門的な事を学んで経験してからスキルを磨き資格を取得するのも選択肢の一つです。

資格を取得していたり、建設コンサルタントとしての知識があるほうが、就職には有利に働く可能性は高いですが、企業によっては未経験の人を取る事もあります。

建設コンサルタントになるには?まとめ

資格があればベター。まずは交渉力や専門的な知識が建設コンサルタントを続ける原動力に

交渉力や広い視野、専門的な知識。建設コンサルタントになるには、どんな大変な仕事でも続けられる力が必要です。コミュニケーション能力や責任感が強い人は、建設コンサルタントの仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就くことは可能な職業ですが、資格があればベターです。専門学校や大学などで建設コンサルタントとしての知識や基本を学んだり、技術士やRCCMなどの資格を持っていれば、就職や現場で有利になる可能性が広がります。

建設コンサルタントの参考情報

平均年収450万円~650万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

建設コンサルタントの関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB