建設コンサルタントの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

建設コンサルタントの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

専門的な分野で活躍する街を作るサポートをする職業、建設コンサルタント。道路やダム、発電所を作るサポートをする事から派手なイメージのある職業ですが、専門的で経験や知識が必要なので地道な努力が大切です。今回はこの記事で建設コンサルタントの勤務先や、仕事の特徴、魅力などについてご紹介します。

建設コンサルタントとはどんな仕事?

サービス業に区分される専門家が建設コンサルタント

建設コンサルタントは調査や現場試験が必要な場合に現場で作業を行ったり、必要な事前調査や事業計画の作成、施工管理がメインになります。

専門的な分野で活躍する仕事なので幅広い知識や経験が必要になります。

人々の生活の基盤を支える建設業全般に関するアドバイザー

建設コンサルタントは、ダムや発電所、道路などを造る際の事前調査や計画を作成して、クライアントをサポートする事がメインです。

土木や設計に関する専門知識は当然必要になりますが、研究者やメディア、住民の立場や考え方を理解してサポートを行います。

手掛けた事業が多くの人々の生活の基盤を支えることにつながる、社会的な貢献度も大きいやりがいのある仕事と言えます。

責任感が求められる仕事

建設コンサルタントの仕事は生活においてダムや道路を造る計画や調査を行いますが、雑に行ってしまうと欠陥が出て人々の命に係わる事が起こる可能性もあります。

調査不足で工事によってはその土地の自然環境に大きな影響を及ぼす事も考えられます。どんなに忙しくても手を抜かずに最後までやり遂げるという建設コンサルタントとして働く際には責任感が求められます。

残業が多く仕事が進まない事も

繁忙期になれば建設コンサルタントとして残業が多くなる職業です。当然働く企業によって残業時間は異なりますが平均すると100時間ほど、多い時で200時間の残業が月ある事もあるようです。

また役所の担当者の理解不足しであえば何度も説明しに戻ったりすることも多く仕事が進まずに残業になってしまう事もおおいようです。専門的な仕事の建設コンサルタントでは残業は覚悟しておいた方が良いでしょう。

建設コンサルタントの仕事は考える事が多い。倫理的な思考が必要

建設コンサルタントの仕事はイメージがしにくいと思いますが、建設予定地の地盤や地質の調査や防災や都市計画に関する事業計画を練って問題点を洗い出す事が多いです。

仕事に携わる中で論理的な思考をすることが求められる事がほとんどなので、普段から物事をしっかりと考えている事が大事です。文系よりも理系の学部出身の人が多く活躍している事も事実あるので、倫理的な思考が必要になってきます。

建設コンサルタントの給料レベルは高めの傾向

働く企業の規模によって異なりますが、建設コンサルタントの給料は他の職業に比べ高い傾向が多いようです。一般的には20万円程の給与からスタートして、年収は賞与を含めると350万円といわれています。

建設コンサルタントとして経験を積んで資格を取得できれば、一気に年収がアップする可能性があるので現実的にも夢がある仕事に間違いないでしょう。

建設コンサルタントの仕事は調査や計画がメイン

建設コンサルタントの仕事は、事前調査や事業計画の作成、施工管理がメインの専門的な内容です。調査や計画と言っても建設コンサルタントの国土交通省の登録規定による登録部門はいくつもあります。

  • 河川・砂防および海岸
  • 港湾および空港
  • 電力土木
  • 道路
  • 鉄道
  • 上水道および工業用水道
  • 下水道
  • 農業土木
  • 森林土木
  • 水産土木
  • 造園
  • 廃棄物
  • 都市計画および国土計画
  • 地質
  • 土質および基礎
  • 鋼構造およびコンクリート
  • トンネル
  • 施工計画・施工設備および積算
  • 建設環境
  • 建設機械
  • 電気・電子

会社によって登録している部門が異なる

国土交通省が認定している建設コンサルタントの登録部門は21種類と多くありますが、建設コンサルタントとしては会社によって登録部門が異なります。

自身の目指す希望の部門に力を入れている企業を探す必要があるので、事前のリサーチは欠かせないものと言えます。建設コンサルタントと言っても部門がいくつもあるので注意が必要です。

道路建設事業の計画と調査

建設コンサルタントの仕事として道路を造る為に計画を行うのですが、最初にルートを決定する必要があります。

建設後の交通量や周辺の地盤、自然環境の変化について調べます。調査や計画、積算などを、道路を計画する事業者に代わって行うのが建設コンサルタントの仕事になります。

調査の基で事業計画を作成するのに測量調査や建造物の設計も併せて行います。建設コンサルタントの仕事は企業によって部門によっても業務は大きく異なりますが、基本的には専門的な知識と技術を使って事業者のニーズに応える事が大きな仕事です。

施設点検や長寿命化計画

国などの事業者が行う整備事業に欠かせない存在の建設コンサルタントの仕事ですが、施工が終わった後の管理も行います。

公共施設の劣化度の確認や調査を行い効率的な計画策定などを行い、施工が終わった後でも携わり続けます。

時間をかけて徐々に仕事を理解していくイメージ

建設コンサルタントの1年目は、知識や経験を付ける為に先輩について行き流れを学習します。専門的な知識が必要な建設コンサルタントの世界では、仕事に慣れるまでに時間を要します。

最初から資格を所持している人であれば、ある程度は知識を持った状態でスタートが出来るので、比較的有利に仕事が進められます。ですが、建設コンサルタントの関連する資格は国家資格が多く難易度も高い事から最初から資格を所持している人は殆んどいません。

最初は先輩のサポートに回る事がほとんどなので、その中で知識を吸収して地道に流れや工程を覚える必要が有ります。長期的に建設コンサルタントの仕事をしていれば計画や調査など重要な部分を任される事もあります。

残業が多い職業ですが、残業でも手を抜かずに努力する事が大切になるでしょう。

建設コンサルタントの仕事のやりがい

人々の暮らしを守る事が出来る仕事

建設コンサルタントの仕事の醍醐味は人々の暮らしを守れる事です。日本は自然災害大国とも呼ばれていて地震や津波などの災害が多いと言われています。

ダムや電力を供給するための発電所や波を防ぐための高い防波堤や避難経路を確保するための道路を造るのに携わっているのが建設コンサルタント。

人々の安心で安全な暮らしを支えるやりがいを感じることが出来る唯一の仕事です。社会的な認知度はまだまだで知らない人も多い職業ですが、縁の下の力持ちとして社会に貢献できる仕事なのです。

形に残るという喜びがある

建設コンサルタントが携わるのはダムや発電所、道路など幅広いです。その中でも人々の生活に欠かせないものは共通していて、いつまでもその土地に長く残るものです。

普段多くの人が何気なく使っている道路でも、建設コンサルタントからすれば色々と感じる気持ちもあるものです。自分の仕事を目に見える形で残せるスケールの大きなやりがいを感じられる仕事です。

建設コンサルタントの仕事内容まとめ

建設コンサルタントは専門的な知識が求められる仕事

ダムや発電所、道路を造る為に建設コンサルタントは、計画や調査を行う施工後の管理もするのが仕事です。

専門的な知識がとても大事なので、最初は先輩について流れを覚える事になりますが、慣れてくれば調査などの責任のある仕事を任されるので、同時に資格を取得する為に学び続けることが必要になるでしょう。

人の命に関わる仕事でもあるので、建設コンサルタントとして責任感も必要になる仕事です。建設コンサルタントの登録部門は21種類あり、それぞれ企業によって登録している部門によっても業務内容が異なります。

専門的な仕事だからこそ、人々の暮らしを守りスケールの大きな自分の仕事を形として残せるやりがいが魅力的です。

建設コンサルタントの参考情報

平均年収450万円~650万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

建設コンサルタントの関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB