プログラマーの給与や年収は?平均月収や支給される手当まとめ

プログラマーの給与や年収は?平均月収や支給される手当まとめ

プログラマーは、現代社会において、日常生活のさまざまな部分で使われているシステムを構築・開発することが仕事です。とはいえ、やりがいだけではなく実際の給料や年収についても、仕事選びには重要です。この記事では、プログラマーの給料・年収について解説します。

プログラマーの初任給

プログラマーの平均年収について、厚生労働省の資料によれば、平成28年で454.3万円という数字が出ています。一方、20代前半の平均年収は305.9万円ということなので、ボーナスなどを考慮しなければ、初任給で20~25万円前後といったところでしょう。

もちろんこの数字は、年齢や実際の勤務先、そして地域によっても変わってきます。なにより大きな違いは、そのプログラマーがどのような働き方、雇われ方をしているかということによっても変わってきます。

プログラマーの給与の違い:働き方

プログラマーには限りませんが、働き方には色々な形態があります。もっとも多いのは雇用契約によって、働く先の企業から直接雇用されているというパターンです。このような場合ですと、おおむね厚生労働省のデータにある統計年収に近くなってくるでしょう。

一方で、プログラマーには派遣契約による働き方も多く見られる働き方です。派遣社員としてプログラマーをしている場合、一般に時給換算での働き方となるため、月給制のプログラマーよりも給料は控えめとなることが予想されます。

また、フリーランスでプログラマーをしているというケースも近年では多くなっています。フリーランスの場合には、仕事を受ける、報酬を決定するのが自分の営業力によるため、統計では計りきれない部分があります。ただ、相当のスキルを持っていて、交渉力・営業力に優れたフリーランスプログラマーの収入は、一般的な正社員を凌ぐとも言われています。

プログラマーの給与の違い:プログラミング言語

プログラマーの給与に違いが出るもう一つの要素として、プログラミング言語の違いがあります。プログラミング言語は、どのようなシステムを開発するかによって扱うものが異なり、それはつまり働く内容が変わってくるということを意味します。

現在、人工知能がIT分野だけでなく世界中で注目されており、この人工知能への注目度の高まりを受けて、「Python」を扱えるプログラマーの需要が高まっており、それによって年収も上がってきているという状況です。

プログラマーとして働くうえで基本となる、と表現してよいほど普及しているプログラミング言語である「C」のプログラマーは、おおむね一般的なプログラマーの年収統計の水準に乗ってくるものでしょう。

いくつかのプログラミング言語をこなせることは、プログラマーの年収を高める要素のひとつといえます。

プログラマーの給与の違い:地域

やはりプログラマーの採用が多いのは東京都です。多くのIT系企業は東京都に集中していることから、プログラマーが働き口を探すうえでは、東京都で勤務先を探すというケースが多くあります。このことから、東京都でのプログラマーの給与は、おおむね厚生労働省の統計の上に乗ってくるものでしょう。

やはり、東京都や大阪府などの大都市圏から離れるほど、それが給与にも反映してくるものと考えられますが、近年ではリモートワークという働き方もあります。そのため、東京都から離れたからといって、必ずしも給料が下がるというものでもないことは、理解しておくのがよいでしょう。

経験年数や男女によっても差がある

他の職業でもあることですが、プログラマーにおいてもやはり経験年数や男女によっても給与に差があります。やはり、経験年数が増してくる30代などの年齢では給与も上がってきますし、女性よりも管理職志向の強い男性のほうが、給与が上がりやすい傾向にあります。

プログラマーの平均給与の統計

プログラマーの平均給与については、厚生労働省がその統計を発表しています。以下に、プログラマーの平均給与についての統計情報をご紹介します。また、全職種とプログラマーの平均給与との比較情報についても合わせてご紹介します。

プログラマーの平均給与

プログラマーの平均給与は、同じくIT系の資格でありながら、プログラミングだけではなく進捗管理や企画なども行うシステムエンジニア(SE)と比べて、平均給与が低いことも事実としてあります。もちろん職域が完全に同じというわけではないため、単純比較はできません。

そんな中で、その中でもプログラマーの平均給与について言うと、平成28年の統計で414.6万円です。

平均給与のピークは何歳ほど?

プログラマーは、新卒といえる20~24歳の給与が最も低くなっています。もちろん、高卒で働く場合には、さらに低い給与水準となることがあるでしょう。これは他の職業・職種でも同様に起こりうることです。

そんなプログラマーの給与は、一般的には20代前半から徐々に上がっていき、55~59歳で給与のピークに達することが統計から読み取れます。とはいえ、会社員としての定年は65歳や70歳であっても、プログラマーとしてずっと働き続けるという方は少数で、通常は30歳ごろには、プログラマーからシステムエンジニアへと職域を変えていく傾向にあります。

システムエンジニアとプログラマーの違い

システムエンジニアとプログラマーは同列に語られることもありますが、実のところその仕事内容には違う部分も多くあります。

通常、プログラマーはプログラミングがメインの業務になり、設計書に従ってそのシステムを構築していくことが仕事です。

その一方で、システムエンジニアももちろんプログラミングを行います。しかし、システムエンジニアの仕事はそれだけではありません。通常、システムの開発は要件定義→設計→製造→試験というステップで進んでいきます。このうち、システムエンジニアは要件定義から設計をメインに行い、また複数のプログラムを連携させる結合試験・統合試験なども担当業務です。

この点、プログラマーはSEが作成した設計書に従ってプログラミングを行うのが仕事です。このような職域の違いから、両者の給与に差が出る部分があるということです。

プログラマーはシステムエンジニアになるのが正解か

システムエンジニアはシステム開発において担当する業務が広く、それだけ習得できる知識や実務経験も多くなります。また、平均給与の上昇もあります。

このことから、プログラマーに留まるのではなく、システムエンジニアへ職業を変えていくのが正解にも思えます。しかしながら、プログラマーとしての仕事のほうにやりがいを見出しているというケースもあるでしょう。そのような場合には、システムエンジニアへの転向が必ずしも正解だとも言い切れない場合もあります。

プログラマーの年収統計からわかること

プログラマーの年収統計からわかることは、年収が上がっていく理由や年収の決定に関連する事象などがあります。このほかにもプログラマーの年収統計からわかることがあります。以下に、年収統計からわかることを列記していきます。

プログラマーの年収があがる理由

年齢や実務経験、職域の拡大によってプログラマーの給与が上がっていくことについては前述しました。このほか、プログラマーは取扱うプログラミング言語によって、給与が上がっていくこともあります。

近年では、人工知能というものがキーワードとなっており、人工知能に関わるPythonという言語を扱うプログラマーは他の言語よりも待遇がよいことが知られています。

働き方を変えることで年収が上がることも

プログラマーとして働く代表的な働き方は、システム開発会社に就職して正社員として働くということが挙げられますが、それ以外にも、派遣契約によって客先・開発現場へ派遣されて働くという方法もあります。

このうち、高度な技術を取り扱う派遣契約の場合には、サラリーマンとしてのプログラマーよりも給与が高くなるというケースもあります。

また、近年注目を集めるワードとしてはフリーランスという働き方もあります。フリーランスは案件ごとに報酬設定なども交渉が可能であるため、取り扱う案件の種類や頻度、単価によっては月収制のプログラマーの収入を上回ることも可能とされています。

プログラマーの年収を伸ばすためには?

プログラマーが年収を伸ばすためには、もちろん働き方を変えるという方法もありますし、システムエンジニアへの転向ということも考えられます。しかしその一方で、時代の流れとともに、必要とされるスキルを常に習得し続けるという姿勢や、新しい技術・知識への理解を深めていくことも、待遇改善には効果的といえるでしょう。

プログラマーの給料・年収まとめ

プログラマーの給料や年収は、努力次第で変えられるものもある

このように、プログラマーは自分の知識や情報によって、収入を増やしていくことも可能だということがわかります。

プログラマーとして働きたい、プログラミングをし続けたいという方にとっては、プログラマーとしての収入を伸ばしたいという意向があって然るべきでしょう。働き方や技術の習得に努めて、給与を伸ばす努力を続けることは意味のあることだといえるでしょう。

プログラマーの参考情報

平均年収350万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

プログラマーの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB