アパレル店員になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

アパレル店員になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

百貨店などで買い物をする時に、買い物の後押しをしてくれるのがアパレル店員です。丁寧な接客を行なってくれたアパレル店員が頼りになることもあります。そんな買い物には欠かせないアパレル店員になるにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。このページでは、アパレル店員に求められるスキルについて詳しく紹介します。

アパレル店員になるには何が必要?

アパレル店員に求められるスキルについて紹介していきます。アパレル店員には次のようなスキルが必要不可欠になります。これからアパレル店員を志す方は、次のようなスキルを備えるようにしておくと一流のアパレル店員になることができます。

コミュニケーション能力

アパレル店員について最低限求められるのはコミュニケーション能力です。さまざまな場所でコミュニケーション能力が必要になります。接客時にはお客様がどのようなものを求めているのかを探るために、コミュニケーション能力が問われることになります。

また、店員同士の連携を図る時にコミュニケーションを積極に行うことでトラブルを回避し円滑な店舗運営を行うことができます。このように、コミュニケーションはあらゆる場面でアパレル店員には必要不可欠になるので、コミュニケーション能力のスキルを磨いておくようにしましょう。

服への知識

アパレル店員は、服への知識が必要になります。最新のファッション情報を入れておかないと良いアイテムをお客様に提供することが難しいので、服への知識はとても大切です。また、馴染みのないアイテムでもうまく着こなすことができるように、店舗で扱う商品の基本的な情報も知らなければなりません。

服の知識を豊富に仕入れておかないと、服への意識が高いお客さんと対等な立場で話すことができないので、アパレル店員になったら必ず服に関するあらゆる情報を取り入れるようにしましょう。

ファッションセンス

アパレル店員には、ファッションセンスも問われます。ファッションセンスの高い店員になれば、お客さんに賢い着こなし方を提案することができます。逆にファッションセンスが低いとお客さんに着こなし方を提案することが出来なくなるので、ファッションセンスは磨いておくようにしましょう。

ファッションセンスが全くない方は、雑誌などを読んで流行のファッションを学びどのような着こなしをすれば良いか学ぶようにしてください。

アパレル店員に向いている人、適性がある人

アパレル店員に向いている人や、適性がある人とは一体どのような人物なのでしょうか。ここからは、アパレル店員に向いている人や適性がある人物像を紹介していきます。

向いている人

アパレル店員に向いている人は次のような人です。次のような人物に当てはまる人は、アパレル店員になっても優秀な実績を作りあげることが期待できるので、ぜひ前向きに検討するようにしてください。

ファッションが好き

アパレル店員に向いているかで最も大切なことは、ファッションが好きかということです。ファッションが好きでなければ、積極的にファッションのことを勉強しません。

ファッションは常に変化します。自分のファッションセンスが時代と合わないこともあります。また、アパレル店員になれば、ファッションの流れを知っておかないとお客さんからも信頼を得ることができません。

ファッションが好きな人は、積極的にファッションのトレンドを学んでいくことができるので、むしろ天職と感じる方も多いと言えます。

人が好き

アパレル店員は、人との関わりが主な仕事になります。接客だけでなく仕事仲間とも連携して接客を行うことが必要になるので、人との関わりが苦手な方はいくらファッションに興味があったとしても長く仕事を続けることは難しいと言えます。

人との関わりが好きな人は、訪れるさまざまなお客さんに対して興味があるのでフレンドリーに接することができ、お客さんと店員の良い関係性を構築することができます。アパレル店員になるのであれば、人と接することが好きな人がなると良いパフォーマンスを発揮するのではないでしょうか。

人に喜ばれることが好き

アパレル店員は、人がどうすれば喜ばれるかを演出する仕事でもあります。ファッションセンスがないお客さんに対して自分が提案した服を着ることでおしゃれに変身することができ、感謝されることもあります。

人に喜ばれることが好きな人は、どのようにすれば人が喜ぶのかを常に考えることができるので、接客時にそのスキルを発揮することができます。人に喜ばれることが好きな方は、ぜひアパレル店員の仕事を前向きに検討してみましょう。

体力がある

アパレル店員は、体力がなければ勤まりません。常に立ち仕事で休憩する時間が限られているので、体調管理をしっかりしないとすぐに体調不良になってしまうこともあります。体調不良にならないよう、常に体調管理を行い健康な体を維持する努力を行うようにしましょう。

適性のある人

アパレル店員に適性のある人物とはどのような人物なのでしょうか。アパレル店員に適性のある人物について詳しく紹介していきます。

ファッションセンスがある

アパレル店員には、服の知識だけでなくセンスがあるかはとても大切です。ファッションセンスが元から備わっている人は、勉強をする必要がなく自分のセンスを活用することができるので、ファッションセンスがあると言われている方は前向きに検討してください。

記憶力がある

アパレル店員は、記憶力が求められることもあります。百貨店に勤務するような方は同じお客さんが定期的に訪れるので、お客さんの情報を覚えておく必要があります。一度しか来店したことがないお客さんでもしっかり記憶しそのことを伝えることで、リピーター客になる可能性があります。

また、在庫状況が常に変化するので、どの商品がどの程度ストックがあるかを把握していれば、接客時に欠品しているのか、現品のみなのかお客さんに伝えることができます。接客だけでなく業務を行う上でも記憶力が求められる仕事なので、記憶力に自信がある方はアパレル店員の仕事がオススメだと言えます。

切り替えが早い

アパレル店員は、切り替えを早くしなければいけない時があります。クレーム客から嫌なことを言われたあとに気分を変えないと、何も悪いことをしていないお客さんを傷つけてしまうことがあります。

また、ミスを引っ張っていると接客にも影響してしまうので、どのようなことが起きてもすぐに切り替えることができるような方には流動的な仕事を行うアパレル店員には求められていると言えるでしょう。

アパレルになるための学校・教室

アパレル店員になるための学校は特にありません。アパレル店員としてスキルを身に付けたいと感じているのであれば、学校に通ってスキルを身につけるのではなく、おしゃれな人との交流を深める上で知識を蓄えていくようにしましょう。

また、ファッション雑誌をたくさん読んでアパレル店員に必要な知識を蓄えることもオススメです。アパレル店員は、学校で習うのではなくファッションにどれだけ興味があるかがスキルアップにつながるので、日頃からファッションへの情報感度を高めておくようにしましょう。

アパレル店員になるには?まとめ

ファッションの情熱がアパレル店員になるための近道

アパレル店員になるには、ファッションのことが心の底から好きでファッションを熟知していないと途中で嫌になってしまうこともあります。アパレル店員になりたいと志している方は、就職先を探す前に、ファッションに関してさまざまな情報を取り入れましょう。

豊富な知識があれば、どのお店に就職しても実績を残すことができるので、まずは服への情熱がどれくらい自分の中にあるかを確認してください。大変な仕事ですが、情熱があればやりがいのある仕事だと感じるでしょう。

アパレル店員の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アパレル店員の関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB