アパレル店員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

アパレル店員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

アパレル店員は、どのような資格を持っていると仕事を有利に行うことができるのでしょうか。またアパレル店員に必要な資格の試験はどの程度の難易度があるのでしょうか。この記事では、アパレル店員に必要な資格や求められるスキルを解説します。

アパレル店員の資格とは?

アパレル店員にはこれが必要という資格があるのでしょうか。アパレル店員に求められる資格について詳しく紹介していきます。

資格のいらない仕事

アパレル店員の仕事は、資格を必要とする仕事ではありません。資格がなくてもカリスマ店員とよばれる売り上げがトップの店員さんもいます。

そのため、資格を取得してアパレル店員としてキャリアを積むというよりは、実績を作ってアパレル店員のキャリアを磨くということを理解しておくと良いでしょう。

持っていると役に立つ資格

アパレル店員に関する資格は全くないわけではありません。ファッションコーディネーターが保有している資格が役にたつこともあります。その中でも最も役にたつと言われているのが、ファッション販売能力検定の資格です。

ファッション販売能力検定の資格を簡単に説明すると、アパレル店員に必要なスキルが備わっているかを確認するものです。この資格を保有していれば、販売員としてふさわしい能力が備わっているとお墨付きをもらうことができるので、取得を推奨します。

資格の種類

資格はおおきくわけて3つあります。3級、2級は店員であれば知っておくべき知識を持っていることを証明することができ、1級は店舗を管理する立場のスキルがあるということが証明できることになります。

どの資格も受験をすることができるので、いきなり上級資格でもある1級を取得しても構いません。しかし、アパレル店員であれば3級、2級の資格で十分事足りるので無理をして1級を受ける必要がないので、無理のない範囲でどの資格を取得するか検討しましょう。

ファッション販売能力検定の試験概要・難易度・合格率

アパレル店員が持っておくと良いと言われているファッション販売能力検定試験について説明していきます。

試験日程

2、3級の試験は、年に2度行われ7月と12月に行われます。もちろん、何度も受けることができるので、自信があれば2級からいきなり受けるようにしましょう。

上位資格でもある1級は年に1度のみの開催です。試験実施は2月に行われます。1級の試験は東京会場でしか試験を受けることができないので、地方の方は事前に試験を受けることができるように該当期間のスケジュールをあけておくようにしましょう。

試験内容

試験内容は、2、3級はマークシート方式の問題が出題されます。全問題マークシートでの回答になるので、マークシートのズレなどに気をつけて回答を心がけるようにしましょう。

1級になると、マークシート問題の他に記述式の問題も出題されます。また、受験料も高くなるので、1回落ちてしまうとショックが大きいので、心して取り掛かるようにしてください。

合格率

ファッション販売能力の合格率は、他の試験に比べても簡単に取得することができます。3級であれば合格率が70%、2級でも50%とやや高めです。アパレル店員での経験を活用すれば問題を解くことができる問題ばかりなので、しっかり対策を行うようにしましょう。

1級の合格率は残念ながら発表されていないものの、出題された問題に対し60%答えることができれば合格になります。そのため、こちらも試験対策をしておけば合格することができます。

上級資格でありながら、いきなり1級を受けることも可能です。過去問を解いた上で自信のある方は、難易度の高い1級の試験を受けるようにしましょう。

取得するとどうなる

ファッション販売能力の資格を持っていると、現場でどのように活用することができるのでしょうか。アパレル店員として必要な知識が備わっているかを確認することができるので、客観的な評価基準になります。

また、1級資格になると、アパレル店員ではなく店舗マネージャー、店長といった管理する側の問題も出題されるので、資格を取得していれば、店長経験がなくても店長に必要な資格を持っていることを社内でアピールすることができます。

給与や転職時に資格が役に立つことがあるので、取得することを視野に入れてみることをオススメします。

その他、アパレル店員に求められる資格・スキル

アパレル店員が持っておくと良い資格はなんでしょうか。特に持っておくと役に立つ資格はこれといったものがありません。

しかし、次のようなスキルを身につけておくと仕事に活用することができます。アパレル店員としてスキルをあげたい方は、次のスキルを身につけるようにしましょう。

マーケティング力

アパレル店員としてマーケティング力が備わっていると、どのようなアイテムが売れてどのようなお客さんに商品を届けることができるかをお店側に提案することができます。

少しでも売り上げを多くあげるための分析力にもつながるので、この力を備えていると売り上げに大きく貢献することができます。

マーケティングに関する書籍が書店に行けば多くあるので、まずはマーケティングとはどのようなものかを勉強しておくと良いでしょう。

交渉術

アパレル店員は、いかにしつこい交渉をせずお客さんに商品を購入させるかという技術が求められます。

あまりしつこい売り込みをすると、お客さんの中には難色を示してしまうこともあります。この時、相手を気持ちよくさせることができる交渉術を持っていれば、不快な気分を与えることなく商品を購入させることも可能です。

アパレル店員になれば、交渉術が必要不可欠になるので、お客さんに商品を購入させることができる交渉術を学ぶようにしましょう。

このように、アパレル店員はさまざまなスキルが必要になります。これらのスキルを持っていれば、アパレル店員として実績を積み重ねることができ、最終的にはカリスマ店員と呼ばれることもあります。

時間を見つけてアパレル店員としてのスキルを磨くようにしましょう。

コミュニケーション

アパレル店員は、常にコミュニケーションを図る場所があります。コミュニケーションが円滑に行うことができなければ、トラブルにつながってしまうこともあります。

コミュニケーション能力が高い店員は、他の店員に比べて販売能力が高いので、スキルが足りないと感じているのであれば、コミュニケーションを磨くようにしましょう。

記憶力

アパレル店員は、時に100人以上の顧客データを頭に覚えておく必要があります。

顧客データをたくさん記憶していれば、来店した時にその人の好みに合う商品を提案することができます。また、自分のことを覚えていると、お客さん側が嬉しいことだと捉えるので、積極的に記憶力を鍛える練習をしておくようにしましょう。

記憶力は訓練をして身につけることができますが、うまくいかない場合は、自分なりに情報をまとめるなどして覚える工夫をするようにしてください。

アパレル店員のスキルを上げる方法

アパレル店員として必要なスキルはさまざまです。それらのスキルをあげるためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか。

場数を経験する

アパレル店員としてスキルを最もあげられる方法は、場数を経験することです。

多くのお客さんを接客していけば、どのようにすればお客さんが喜ぶのか、売り上げに繋がるかを掴むことができます。もちろん、場数をこなせば失敗も多くなりますが、失敗を恐れず色々なことにチャレンジしていくようにしましょう。

多くのチャレンジを積み重ねることができれば、結果として自分のスキルとして身につけることができます。

アパレル店員の資格・試験まとめ

資格ではなく努力が評価される仕事

アパレル店員は資格で評価されるのではなく、どれだけ売り上げに貢献したかが最も大切な判断材料になります。

販売員として評価されるためにも、日頃からアパレル店員が身につけておくと良いスキルを備え、良いアパレル店員として評価されるように努めましょう。

アパレル店員の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アパレル店員の関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB