システムエンジニアの資格試験とは?取得していると役に立つ資格まとめ

システムエンジニアの資格試験とは?取得していると役に立つ資格まとめ

システムエンジニアとして働くには必ず資格が必要というわけではありません。しかし取得しておくことで就職に有利になり、より働きやすくなる資格があります。ここではシステムエンジニアが取得しておきたい資格やそれらの資格が取れる学校についてご紹介します。

システムエンジニアの資格、基本情報技術者とは?

システムエンジンニアの基本的な資格

基本情報技術者はシステムエンジニアになりたい人や、若手のシステムエンジニアが取得を目指すことの多い資格です。

システムエンジニアになるために絶対に必要なわけではありませんが、働くうえで基本的な知識や技術力があることを示す資格になるため、あらかじめ取得することで就職や転職に有利になります。

システムエンジニアとして実践的な能力を持ち合わせているという示しにもなるため、就職後に職場で取得を促されることも多い資格となっています。そのため多くのシステムエンジニアが取得している資格の一つでもあります。

さらなるランクアップを目指して応用情報技術者という資格もあり

基本情報技術者の資格よりさらにランクアップした資格に「応用情報技術者」という資格もあります。

基礎的な能力が問われる基本情報技術者から、さらに応用的な深い部分の能力が問われるものとなっています。まずは基本情報技術者を取得してから、応用情報技術者の取得を目指す人が多いようです。

国家資格と公的資格と民間資格

システムエンジニアに関連した資格は数多く存在します。国家資格や公的資格、民間資格と資格の種類も様々ですが、就職や働きやすさの面からいっても民間資格をたくさん取得するより、インパクトのある国家資格を一つ取得しておくことが良いでしょう。

国家資格 システムアーキテクト

システムエンジニアに関連する国家資格としてシステムアーキテクトというものがあります。これはシステム開発に欠かせないアーキテクチャを構築する技術者のことです。

経済産業省により認可されている国家資格である「情報処理技術者試験」の一区分とされています。国家試験ゆえに難易度の高い試験ですが、システムエンジニアとして就業するうえで強みになる資格でもあります。

国家資格 ネットワークスペシャリスト

システムアーキテクトと同様、ネットワークスペシャリストも情報処理技術者試験の中の区分のひとつ。簡単ではありませんが、ネットワーク系のエンジニアとして働きたい場合に有利となるでしょう。

システムエンジニアとしての高いレベルが求められるシステム監査技術者

システム監査技術者はシステムエンジニア関連の資格の中でもレベルが高いと言われており、難易度も高くなっています。

システムの全工程に関わる能力を有することを示す資格で、プログラミングの知識も必要な難しい資格です。ある程度システムエンジニアとしての経験を積んでから取得を目指す人も多いです。

この資格を取得していると、どこへ行っても一目置かれることでしょう。

システムエンジニアの資格の難易度・合格率

基本情報技術者の難易度は高いが独学での取得も可能

システムエンジニアの登竜門的な資格である基本情報技術者。企業によって取得必須であることも多く、受験者も多い資格となっています。

試験は年間に2回行われます。平成30年の試験では約5万人が受験して合格者は約1万5千人でした。合格率は28.9%となっています。

合格率からも分かるように試験はけっして容易なものではありませんが、独学での受験も可能です。しかし、独学で試験に合格するにはあらかじめ情報系の仕事に就いている方が有利となるようです。

まったくの未経験から資格を取得するには学校に通い試験対策講座に参加するなどの努力が必要でしょう。それでも独学で取得を目指す場合は、勉強期間に半年以上は見ておいた方が良いでしょう。

就職の際に強みとなる資格ですから、システムエンジニアとして働くなら早めの取得が望ましいです。

基本情報技術者

合格率 28.9%
受験資格 誰でも受験可能
受験費用 5,700円(税込)
出題範囲 テクノロジ(技術)、マネジメント(管理)、ストラテジ(戦略)、コンピュータシステム、情報セキュリティ、データ構造およびアルゴリズム、ソフトウェア、マネジメント、ストラテジ

難易度は高いが誰でも受験できる

基本情報技術者の合格率は平成30年度で28.9%とやや難しく感じますが、誰でも受験可能なので、とにかく一度チャレンジしてみて全体の概要をつかむというのも合格への近道です。

システム監査技術者 難関資格

システム監査技術者の試験は毎年4月の第3日曜日に実施されます。全国の主要地区で受験可能。合格発表は7月です。出題範囲が広く、試験内容も午前・午後と細かく分かれています。合格率は10%代となっており、取得までの道のりは簡単なものではありません。

以下の試験に合格済みの方は午前Ⅰの試験が免除となります。

  • 応用情報技術者試験
  • ITストラテジスト試験
  • システムアーキテクト試験
  • プロジェクトマネージャ試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • データベーススペシャリスト試験
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験
  • ITサービスマネージャ試験
  • 情報処理安全確保支援士

また上記の高度試験午前Ⅰ試験で基準点以上の成績を修めている方も同様に免除となります。

システム監査技術者

合格率 15.1%
受験資格 誰でも受験可能
受験費用 5,700円(税込)
出題範囲 ■午前Ⅰ
テクノロジ系(基礎理論コンピュータシステム・技術要素・開発技術)・マネジメント系(プロジェクトマネジメント・サービスマネジメント)・ストラテジ系(システム戦略・経営戦略・企業と法務)

■午前Ⅱ
テクノロジ系(技術要素)・マネジメント系(サービスマネジメント)・ストラテジ系(経営戦略・企業と法務)

■午後Ⅰ・Ⅱ
情報システム・組み込みシステム・通信ネットワーク・システム監査全般・システム監査の計画、実施、報告・システム監査関連法規

システムエンジニア関連では最高ランクと呼べる試験

システム監査技術者はIT系の資格でもレベルが高く、レベル4という最高レベルの資格です。(レベルは1~4まであり)この資格を有することでシステムエンジニアとしての技術や知識が十分に備わっている示しになります。

難関資格なので、システム関連の仕事でも監査技術者になりたい方や、希望の職場に転職したい方などは取得しておくと有利に働くことが多いでしょう。安定した働き方を目指す方はチャレンジする価値のある資格です。

その他のシステムエンジニア関連資格

システムエンジニアに関連する資格はかなり多い

システムエンジニア関連の資格は数が多いため、希望する職場やどのような立場で働きたいのか、ということに沿った資格をよく考え取得することが望ましいでしょう。

  • 情報処理技術者
  • ソフトウェア開発技術者
  • 情報処理安全確保支援士
  • テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
  • テクニカルエンジニア(データベース)試験
  • テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験
  • ITサービスマネージャ試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • プロジェクトマネージャ試験

システムエンジニアの資格が取れる学校

大学で学ぶ

システム関連の理論や技術が学べます。4年間という貴重な時間を使ってじっくりと学びたい人におすすめ。学部としては理工学部やシステム科と付くものが一般的です。

充実の内容

通常の講義に加え、ゼミや企業とつながるインターンシップに力を入れている学校もあるため充実した内容でスキルを身に着けることができるでしょう。

専門学校で学ぶ

専門学校で学ぶパターンもあります。2年生なので大学に比べ時間は短いですが、技術関係の授業に力を入れているため、実践的な能力が早く身に付きます。

資格が取得できる

授業内でシステム関連の資格が取れるような対策授業を行うことも多く、卒業までに基本的な技術と知識を身に着けることが期待できます。早くに社会に出て活躍できるというメリットもあります。

システムエンジニアになる道筋は人によって様々

システムエンジニアになるために取得しておかないといけない資格はなく、必ず卒業しないといけない学校もありません。実際に理系・文系出身者関係なく転職する人が多い仕事でもあります。

ただ簡単な仕事ではなく、システムエンジニアとして軌道に乗って働いていくまでの努力は必要です。IT時代にともないシステムエンジニアを目指すための専門学校や大学講座が増えています。オープンキャンパスなどに参加し、自分にはどちらが合っているのかよく見極めることが大切です。

システムエンジニアの資格まとめ

資格さえ取れば良いという仕事ではないが、取得しておいた方が有利

システムエンジニアは実際に現場に出ると、コミュニケーションや協調性など、周りと合わせる力が必要になる仕事です。

そのため資格さえ取っておけば上手く働けるというわけではありません。しかし難易度の高い関連資格も多いので、資格を取得しておけば就職や転職にも有利になりますし、社内での評価にもつながるため、今後も安定して働きたい方はチャレンジすることをおすすめします。

何よりも知識と技術力の向上が、結果的に収入に跳ね返ってきますので、勉強のやりがいもあるでしょう。

システムエンジニアの参考情報

平均年収500万円~700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

システムエンジニアの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB