リフレクソロジストの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

リフレクソロジストの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

お客さんに癒やしを与えるリフレクソロジストですが、一般的にどれほどの給与を得ているのでしょうか?リフレクソロジストの給与・年収は雇用形態やサロンが個人経営なのか大手チェーンなのかなどの要因で変化します。本記事では、リフレクソロジストの収入面についてご紹介します。

リフレクソロジストの初任給

リフレクソロジストの初任給は18万前後

リフレクソロジストの初任給は、正社員としてサロンに雇用された場合、18~20万円前後が一般的なようです。

アルバイトとして雇用された場合時給1000円ほどのことが多いようです。リラクゼーションの需要は高く、リフレクソロジーサロンだけでなくエステサロンやアロマテラピーサロンや温泉施設内のサロンなど、リフレクソロジストの働き先は様々です。

初任給を上げたいのであれば民間資格は大切

リフレクソロジストになるには免許や国家資格は必要ではありませんし、未経験者でもOKな求人は多く出されています。しかし、リフレクソロジストの技能を認定している民間団体はいくつもあります。

同じ正社員雇用でもサロン未経験者と資格を有した経験者は給与に差があります。初任給を上げたい、待遇のいいサロンに就職したいと思うなら事前に資格を取得していたほうが良いでしょう。民間団体には以下のようなものがあります。

  • 日本リフレクソロジスト認定機構認定リフレクソロジーライセンス
  • リフレクソロジープロライセンス実技士資格
  • 日本能力開発推進協会認定リフレクソロジスト資格
  • 日本トータルフットマネジメント協会認定リフレクソロジスト

リフレクソロジストの平均給与

リフレクソロジストの平均給与は20~30万円ほど

リフレクソロジストの平均給与は月収で20~30万円前後のところが多いようです。雇用形態によっても給与は変わります。

正社員として雇われた場合は基本給にプラスしてインセンティブを受けるのに対し、業務委託として雇われた場合は完全歩合制で売上の50%ほどを受け取る契約が多く、給料は安定しません。またアルバイトやパート社員の場合は月収にして10~20万円前後の給与になることが多いようです。

完全歩合制を取っているサロンに未経験者が就職すると低賃金になることが多いため、未経験者は研修がしっかりしていて固定給制度のサロンを探したほうが良いでしょう。

個人サロンで働くか大手チェーンで働くかで給与水準が変わる

リフレクソロジーサロンには個人が経営するサロンから大手チェーンが展開するサロンまで様々なところがあります。

個人サロンは給料は安いですがアットホームで忙しくない職場が多く、大手チェーンは給料は高いですが休日が取れないことも多いなど、それぞれメリット・デメリットがあります。

自分の働き方にあった職場を見つけることが大切です。スキマ時間を利用して週1、2回のシフトで働くという仕事の仕方もあります。

地域や店舗によって働き方も変化する

地方より都心の方が給与水準が高いのはもちろんですが、リフレクソロジーサロンがあるのがオフィス街なのか、ショッピングモールにあるのか、住宅街になるのかでも給与や働き方は変わります。

オフィス街ではサラリーマンが退勤する時間帯が一番利用者が増えますが、ショッピングモールにある場合は土日祝日が忙しくなりますし、住宅街にある個人経営の自宅サロンでは地域の特性に応じたサービスが求められるなど働き方が変わってきます。

場所の特性に応じてシフトや勤務時間も変化するので自分の働き方にあったサロンを見つけたいなら店舗の地域性にも注目です。

ブラックな職場には要注意

リラクゼーション業界では残業代が支払われないもしくは固定されている、個人ノルマがキツい、長時間労働が常態化しているなどブラックな職場もあります。

エステティックのTBCが残業代を支払わなかったなどの違法労働を行わせ労働基準監督署から是正勧告を受けたというニュースもありました。求人に応募する前にその企業の口コミや評判を調べておいたほうがよいでしょう。

リフレクソロジストの平均年収

大手リフレクソロジーサロンなら年収500万円も夢じゃない

雇われて働いているとどうしても給料に限度があります。大手のリフレクソロジーサロン、多くの固定客を持つチーフセラピストでも給与にして月給50万円、年収で600万円ほどというのが上限なようです。

一般的なリフレクソロジストの平均年収は250~350万円前後のところが多いようです。雇用形態によっても給与は変わります。

固定客を掴み指名を増やしてインセンティブを上げる

リフレクソロジストをはじめリラクゼーションサロンでは基本給に加えて指名料がプラスされる雇用形態のところが多く、指名を多く取れば取るほど給料が上がるようになっています。

サービスやリフレクソロジー技術が良ければそれだけ多くの固定客がリフレクソロジストに付きますし、インセンティブだけでなく基本給も上がっていきます。

完全歩合制の業務委託を取る雇用形態の場合は、指名を貰えば貰うほど収入があがっていくので顧客を摑めるか掴めないかが年収に直結します。固定客を掴み自分のファンにするにはリフレクソロジストとしてのスキルだけでなく、接客業としてのサービス能力やコミニュケーション能力が問われます。

独立すれば年収アップの可能性あり

ここからさらに年収を上げたいと考えるなら独立開業して自分のサロンを経営するしかないでしょう。

自分のサロンを持った場合、売り上げがすべて自分の収入になるので顧客を確保できれば収入は高く伸びます。もちろん独立すれば店舗の家賃や電気代などの経費を払わなければならないので赤字になるというリスクもあります。

また店舗を借りてサロンを立ち上げるのはハードルが高くても、自宅サロンを開業したり出張施術を専門にして開業するなど業務形態を選べば可能になったりもします。自宅サロンを開く時は、賃貸の場合に商用利用は可能なのかについてチェックしましょう。

独立を目指してチェーン店などでノウハウを学ぶ

開業するためには資金が必要ですし、リフレクソロジストとしてのノウハウも得なければいけないのでリフレクソロジーサロンでリフレクソロジストとして働く期間は必要になってくると思われます。

独立開業を目指して働くのであれば経営者目線でサービスを見たり、独立した場合に顧客になってくれる固定客を獲得したりと単なるリフレクソロジストと違った意識の持ち方が必要になります。

高収入リフレクソロジストに求められるもの

成功していくつものサロンを出店しているチェーンではリフレクソロジーだけでなく、エステティックなど総合的な美容サービスを行っているところが多いようです。

リフレクソロジストとしての技能だけでなくエステなどの技能も要求されます。独立開業するのであれば既存のサロンが行っているサービスなどについても勉強が必要でしょう。

また、当然ですがサロンの開業には経営知識やリラクゼーションサロンに関係する法律などの知識も必要になるため個人事業主としての勉強もしなくてはいけません。

さらに、人気のあるリフレクソロジストとして注目を集められるレベルになれば、副業として講習会を開いたり本を出版したりするなどして収入を上げるという方法もあります。顧客に施術するよりも講師業で儲けているリフレクソロジストもいます。

リフレクソロジストの給与・年収まとめ

若干低めだが能力次第で高収入を得る道も

リフレクソロジストの平均年収は200~350万円ほどのようです。個人サロンか大手チェーンのサロンか、固定給か歩合給かによって給与水準は変わります。業務委託型の完全歩合制の場合はスキル次第で年間500万円以上の収入を得る人もいます。

さらなる高収入を目指すのであれば経験を積んで独立開業するという道もあります。固定客を掴んでいれば売上がすべて自分の収入になるので能力とファンになる顧客がいれば収入アップが可能です。もちろん経費も自分が支払わなければいけないので赤字になるというリスクはあります。

リフレクソロジストへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

リフレクソロジストの参考情報

平均年収250万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種心理・福祉・リハビリ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

リフレクソロジストの関連記事

心理・福祉・リハビリに関する他の職業KANREN JOB