リフレクソロジストの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

リフレクソロジストの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

リフレクソロジストの仕事内容は多岐にわたり、ただお客さんの身体にリフレクソロジー(反射療法)を施術するだけが仕事ではありません。お客さんをリラックスさせる環境作りをしたり、内に秘めた悩みを聞き出し解決してあげたりと、多くを求められます。このページでは、リフレクソロジストの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどをご紹介していきます。

リフレクソロジストはどんな仕事?

最近は、街中でもよく見かける足つぼマッサージがありますが、リフレクソロジストの行なうリフレクソロジーとは違いがあります。どちらも足の裏に刺激を与えるものではありますが、足つぼマッサージが体調を整えるものであるのに対し、リフレクソロジーは深いリラクゼーション効果をもたらす目的で行われます。

足つぼマッサージとリフレクソロジーを混同している人も多いですが、ここではリフレクソロジーの効果やリフレクソロジー専門店、リフレクソロジストの具体的な仕事内容について紹介していきます。

リフレクソロジーとは

世の中にはエステやアロマテラピーなど、身体のケアを目的とする専門店が増えてきていますが、その中でも注目されているのがリフレクソロジー専門店です。リフレクソロジーという言葉は日本語で「反射学」や「反射療法」と訳されますが、足の裏を優しく刺激することで、心身のバランスを整えることを目的とした技術です。

一般的には足の裏の反射作用を利用した療法として広く知られていて、実際にリフレクソロジーを行なう施術者のことをリフレクソロジストと呼びます。リフレクソロジーの歴史は古く、インドやエジプト、中国などから広まったとされていますが、現在では世界各国で行われるようになっています。

リフレクソロジーのリラクゼーション効果

リフレクソロジーは心身のストレスを解消する効果が高く、リラックス効果に加え心身の働きを活発にしてくれる効果も期待することができます。血行促進や新陳代謝の促進、免疫力アップなどで病気になりにくい身体作りを手助けしてくれます。

リフレクソロジーでは、施術によって痛みを与えることはストレスにつながると考えられていて、足つぼマッサージのように痛みを感じることはありません。しっかり効果を得たいという人でも、痛みを感じることなく高い効果を期待することができます。

リフレクソロジー専門店について

リフレクソロジー専門店では、施術コースを選ぶことからスタートします。専門店へ訪れるお客さんはさまざまな身体的悩みを抱えている人が多く、手軽に体験できる短時間コースから、全身の疲れを取るために長時間コースを選ぶなど、自分の好みや予算に合わせてコースを選ぶことができます。

リフレクソロジーの特徴の一つが機械を使わないことで、施術者の手の温かさや、細かな圧の調整など、人の手ならではの安心感で深いリラックス効果を与えることができます。

リラックスできる店内環境

リフレクソロジー専門店では、大きな背もたれのある椅子やベッドを使って施術を行いますが、店舗によってはアロマを焚いていたり、心が落ち着くBGMを流していたりと、お客さんをリラックスさせる環境作りをしています。

施術後のサービスでは、ハーブティーを飲んで一息ついてもらうなど、各専門店ではさまざまなアイデアを用いてお客さんをリラックスさせる努力をしています。

リフレクソロジストの具体的な仕事内容

実際に施術を行なうリフレクソロジストは、お客さん一人一人に合わせたリフレクソロジーの施術を行なっています。お客さんの体調など、事前にヒアリングすることも大切ですが、お客さん自身が気付いていない身体のサインも見つけ出す必要があります。

自分でも気付けない身体のサインを他人に見つけられるのかと疑問に思う人もいるでしょう。しかし、お客さんの身体を手や指で直接触ることで、身体の状態をダイレクトに知ることができ、施術中はちょっとした変化を見逃すことがないよう、常にアンテナを張る必要があるといいます。

適切なアドバイスをする

お客さんの身体の不調を見つけた場合、痛みを感じさせないよう配慮しながら施術を行い、それぞれのお客さんに合わせた対応をしていきます。

施術後はどこに不調があり、どのような施術を行ったのかをしっかりと説明し、適切にアドバイスをすることも必要です。そういう意味では円滑にコミュニケーションが図れることも、リフレクソロジストに求められる能力といえるでしょう。

リフレクソロジストの苦労や大変なこと

リフレクソロジストの仕事は意外と体力を使うもので、ときには中腰になったり立ちっぱなしになったりして、思わぬところが筋肉痛になったりすることもあるそうです。体力的に厳しくても、それをお客さんに悟られないようにするのもリフレクソロジストの仕事で、体力勝負の一面もあります。

そんなリフレクソロジストの苦労や大変なことについて紹介していきます。

不規則な勤務になることもある

都心部で働くリフレクソロジストは、仕事帰りのサラリーマンなどをお客さんとするため、夜遅くまで営業する店舗もあります。このような店舗で人手不足になる場合、残業をして長時間勤務になることもあるそうです。

また、人気のリフレクソロジストともなると指名の予約があるとして、思うように休みが取れないこともあるといいます。このように不規則な勤務になることもあるため、就職前には職場の労働環境を確認しておく必要があります。

接客業ならではの苦労

リフレクソロジストの仕事では、毎日多くのお客さんに対して施術を行います。聞きたくもない愚痴をこぼされたり、深刻な悩みを打ち明けられたりすることもありますが、それらの話題にもしっかり付き合っていかなければなりません。ときには気難しいお客さんの施術をしたり、クレーム対応を求められたりすることもあるでしょう。

人と直接関わる接客業ならではの苦労もありますが、人と関わることが好きでストレスを抱え込まない人なら、柔軟に対応することもできるでしょう。そうでない場合は、仕事の中に何らかのやりがいを見つけ出すことも大切です。

リフレクソロジストの仕事のやりがい

リフレクソロジストの仕事では、独立して自分のお店を持つこともできます。リフレクソロジストとなるために特別な免許や資格を取る必要はなく、飲食業界や美容業界よりも参入障壁が低いとして、独立開業を目指す人もいます。

そのような独立や起業を目指す人には魅力的な仕事でもあり、やりがいを持って仕事を進めていくことができるでしょう。ここではリフレクソロジストの仕事のやりがいについて紹介していきます。

お客さんの健康を支えることの喜び

リフレクソロジーを通してお客さんの健康をサポートすることにやりがいを感じるというリフレクソロジストも多くいます。リフレクソロジーを受けに来る人は身体の不調だけではなく、他にも何らかの事情を抱えている人もいて、施術だけでは対応できないケースもあります。

リフレクソロジーの施術だけでなく、あらゆる努力をしてお客さんが元気になる姿を見られたときは、自分にとっても誇らしく感じられることでしょう。疲れた顔をしていたお客さんが、笑顔になって帰っていく姿を見る瞬間は、リフレクソロジストをしていて良かったと思えるそうです。

指名してもらえるリフレクソロジストになる

人気のリフレクソロジストともなると、特定のお客さんが付くようになり、ほとんどの施術が指名した人となることも珍しくはありません。

「次も指名します」「あなたがいる限り、ずっとお店に通います」などといってもらえるリフレクソロジストは、技術が高いだけでなく、お客さんとの信頼関係を築けているというケースが多いです。

お客さんから指名してもらえるリフレクソロジストとなるためには、技術を高めるだけでなく、相手のストレスや抱え込んだ悩みを聞き出すコミュニケーション力も必要です。

対応するお客さんに合わせた施術を行うことができ、相手を心から満足させることができるようになれば、自然と信頼関係も築けるようになり、やりがいを持って仕事をしていけるでしょう。

リフレクソロジストの仕事内容まとめ

リフレクソロジストは魅力のある仕事

リフレクソロジストの仕事は、リフレクソロジー(反射療法)をただ施術をするだけではありません。お客さんと密にコミュニケーションを取り、心身ともにケアしていくことが求められます。

意外と体力を使う点など大変なところもありますが、国家資格などの免許が必要なく、実力次第で独立開業を目指せるという意味では、参入障壁が低く魅力のある仕事といえるでしょう。

リフレクソロジストの参考情報

平均年収250万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種心理・福祉・リハビリ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

リフレクソロジストの関連記事

心理・福祉・リハビリに関する他の職業KANREN JOB