版画家になるには?版画家に向いている人の性格的特徴や求められる適性

版画家になるには?版画家に向いている人の性格的特徴や求められる適性

学歴や資格ではなく、自分の実力が問われる版画家。日々、地道に努力を続けて自分のスキルを磨きながら、兼業もしつつ、生計をたてないと、生活する事が厳しい職業です。今回この記事で版画家になるにはどんなスキルが必要なのか、向いている性格的特徴などをご紹介します。

版画家になるには何が必要?

版画家として才能が認めてもらえるまでに長い期間があります。大多数の版画家の中には兼業している人も多く、専業で生活するには有名な作家にならないと難しいです。

版画というのは完成形をイメージするのではなく、反転した物を作る作業になってくるので、出来上がるまで自分の実力を信じて、想像しながら作成しなければいけないです。地道な作業が延々に続く事や、売れるまで地道に営業活動を続ける為にも版画家は忍耐力が必要です。

美術系の学校に行っておくべき

版画は独学で道具をそろえて、本を見ながらでも学習できますが、版画家になる人のほとんどが美術系の学校に進学している人が多いです。

美術の基礎や技術を学びつつ、大学の教授や先輩、友人と交流があれば、画廊とのコネが生まれる可能性もあります。それだけの為に行く人は少ないですが、行っておく事で困った時に頼る事もできます。

版画でも、大体の美術系の仕事にする場合には絵画の基礎は学んでおく方が良いです。また版画の技術を見込まれて、浮世絵の製作に将来関われる事も可能性としてあります。特に、日本の浮世絵は多色彫りの木版画として世界中の美術愛好家にも人気が高い為、仕事に関われる事ができれば、高収入も夢ではないでしょう。

他にも芸術作品の需要と供給の歴史や、美術市場の現状に関する事が学べるアートマネジメントについても勉強しておくと、版画家として売れる確率も上がります。特に大学や短大ですと、版画コースで専用の道具や機械が使えるのと、他の美術の勉強も学んでおく事で、版画家として後々仕事に役立ちます。

体力も版画家には必要

版画を完成させるまでに、重たい版を持ち上げる事や、彫刻刀での作業の時に力加減を注意しながら作業しないと、失敗した時にやり直す事になってしまいます。他にもずっと同じ姿勢でいる事も多いので、想像以上に体力を消耗が激しい仕事です。

どの作業にも納期があるので間に合わないという事がないように体力をつけて、はやり病にかからない様な身体づくりも大切です。

スケジュール管理スキルも求められるスキル

画廊で個展を開いて作品を売る事で収入になる版画家は、個展の企画から販売など経理や会計に関する事務処理を自分で、行う事が必要です。ある程度は画廊側の人がサポートしてくれますが、基本は自分自身で製作以外の裏方の作業も行います。

制作時間も考えると想像以上にスケジュール管理をちゃんとしておかないと、自分自身のキャパシティを超えてしまい開く事ができないというトラブルも起こしかねないです。他にもお金のトラブルなどを招かない様にスケジュール管理スキルは版画家を目指すならば、身につけておくべきです。

コミュニケーション能力も役に立つ

版画家はイラストの原画としてデザイナーやイラストレーター、装丁家と共同で制作する事が多いです。完成図がお互いにイメージできる様に、ある程度コミュニケーション能力はあると、完成後にトラブルになるケースも少なくなります。

昔に比べると今はアーティストのほとんどの人は、人望がある事が大事になってきています。兼業として版画を教える仕事をしていれば、教えた生徒さんたちが見に来てくれる事もあります。どんな人であっても関わっていける様にコミュニケーション能力は身につけておくと、いつかそれはかけがえのない人脈となっていくでしょう。

版画家に向いている人の特徴や求められる適性

手先が器用な人も向いている仕事

版画の作業はどちらかというと様々な道具や機械を使う為、細かい作業がいくつかあります。特に彫る作業の工程となると、力加減がとても重要になってきます。細かい作業も嫌がらずに、地道にコツコツとできる人は版画家に向いています。

継続力がある人も向いている

版画家になるには芸術スキルやデザイン力の他にも、版画に使用する道具の使い方に関する知識や版画の様々な技法を会得する事が大事です。細かい作業や覚える事が沢山あります。制作する事を嫌にならず、制作する事を諦めずに継続できる力は版画に向いています。

スランプに陥ってしまった時でも、完成を目指す為の継続する力がないと版画家として生活していくのは難しいです。逆にそれでも作るのを諦めなかった場合には、のちのち版画家としての芽がでるような事も考えられます。

独創的なアイデアが思いつける人も向いている

共同作業以外にも個人で作成する時に、色々な技法を使って版画を制作します。版画は最後に擦った色によって完成図が異なります。

完成形が最初からイメージできてない分、独創的なアイデアを色々試す事ができるのは版画家ならではです。完成してからわかる、自分なりの個性を表現する仕事として版画家は向いている職業です。

行動力がある事も求められる適性

制作活動というとアトリエにこもりっきりのイメージが強いですが、版画家になるには美術館が公募している賞に応募する事や画商に自分から売り込み行くなど、自分から自分の才能を売り込む為の行動力が必要です。

版画の勉強の為にも、他の版画家の展覧会にも参加する事や交流を深めておく事で情報交換もできるので、行動力は版画家に求められる適性のひとつです。

好奇心が旺盛な所も版画家の仕事に役に立つ

色んな人を観察、デッサンする事や習ってきた事を何度も試す事以外にも、最近ではデザイン版画という新しい技術について、色々な事に興味を持って取り組めるような好奇心の旺盛さがあれば、制作する際にも色々なアイデアを生み出す事ができるでしょう。

好奇心が旺盛な所は挑戦力がある事にも通じます。版画家として活躍しながらも色々なものに触れて美的センスや技術を学ぶ事は版画家として大切な事です。

自分の作品が受賞する事ができれば、画廊や画商の人に個展を開いてみる事を勧められる事も増えてくるでしょう。興味を持って語学についても学んでおく事で、将来海外で仕事する事がきても、語学力は役に立ちます。

版画家になる為の学校・教室

版画家なるにはデザイン、美術、コミュニケーション学科がある専門学校、大学、短大で学ぶ人が多いです。

版画は専門用語も多く、版画以外のデザインや他の美術系の知識や技術も将来的に必要です。学校に通う事により版画家として必要な基礎知識を学び、スキルを身につける事ができるでしょう。他にも兼業として美術系の版画コースを教える為にも、教員免許を取れる所を選ぶ人もいます。

創形美術学校

創形美術学校には版画専攻があり、美術専門学校として日本初の版画学科を立ち上げた学校です。1年の間に基礎力を身につける事で、2年では本格的に版画に関する色々な技法を学びながら、版画でどんな事が表現できるのかを研究していきます。

そして3年になった時に講師と相談しながら、校内展示の作品から版画展の作品などを1人で制作していきます。1年から3年生になるまでに、授業内容も版画をメインに、他にもWEBデザインや現代美術演習や絵画技法実習など版画以外の美術の知識も学ぶ事ができます。

美学校

各教程のカリキュラムに指示する物以外は、年齢も学歴も性別、資格など制限なく入学する事が出来きます。複数ある教程の中から自分が学びたいと思う講座を選ぶ事ができます。

造形や精密画、日本画も学べます。版画の技法についても本格的に学ぶ事ができます。教える講師も全国にあるいくつかの版画展で大賞をいくつか貰っている人が教えてくれます。

版画家になるには?まとめ

忍耐力と手先が器用である事が必要になってくる仕事

技術の取得から完成まで細かい作業が多い版画は、仕事として活動する中では手先の器用さが必要です。

版画家になるには、忍耐力が必要になります。制作する間から完成まで、また売れるまで長い期間を要する厳しい仕事です。途中で諦めずに続ける力がある事は必要な能力です。

最初の内は兼業でないと生活するのが難しい版画家ですが、完成した時の自分の作品を色んな人に見てもらえる事は、とても魅力のある職業といるでしょう。

版画家の参考情報

平均年収-
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

版画家の関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB