アートディレクターの給与・年収は?デザインセンスとディレクション能力が高ければ高年収も視野に入る

アートディレクターの給与・年収は?デザインセンスとディレクション能力が高ければ高年収も視野に入る

雑誌や街中で見かける企業広告など、さまざまなデザイン作成の責任者を務めるアートディレクター。給与・年収はいくら得ているのでしょうか?今回は、そんなアートディレクターの給与や年収などについてご紹介していきます。興味のある方や目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

アートディレクターの初任給

アートディレクターの初任給は約24万円

一般企業で例えるなら管理職のようなポジションを務めるアートディレクターですが、初任給は約24万円となっています。一般企業に入社した際の平均の初任給は約18~20万円という場合が多いですが、アートディレクターであれば初任給から高い収入を得ることができるようです。

ですが、入社する会社によっては初任給が異なるため、人によっては平均の初任給の金額が上下する場合があります。ご紹介した初任給はあくまでも平均なので、現職でスキルアップされた方、または就職・転職でアートディレクターになる方は、収入額を事前に確認しておいた方が良いでしょう。

デザイナーと比べて初めから高収入を期待できる

アートディレクターをされている方の多くは、実際にデザインの作成を行っているデザイナーを務めていたという方が多いといわれています。同じデザイン関係の仕事ではありますが、デザイナーの初任給は約15万円といわれているので、アートディレクターになることで高収入を得ることができるでしょう。

しかし、アートディレクターは基本的にデザイン作成を行うことが少ない分、仕事全体の管理はもちろんのこと、完成作品の確認や必要に応じて修正の指示を出すなど、デザイナーに比べてとても大変な仕事になります。そのため、デザイナーと比べても初任給が高く、将来的にも高収入を得ることができるのでしょう。

会社の規模や持っているスキルによって収入が異なる

アートディレクターの平均給与は高めですが、会社の規模や持っているスキルによって、さらに高い収入を得ることができるといわれています。有名な会社に就職・転職をすれば、同じアートディレクターでも高収入を得られる傾向があるようです。

また、アートディレクターに必要なスキルとして、「コミュニケーション能力」が必須だといわれています。というのも、ディレクション業務がメインとなるため、作成スタッフであるデザイナーにさまざまな指示を出すことが仕事です。

スタッフ全員がチーム一丸となって作成することで、クライアントが満足できるデザインを作り上げることができれば、アートディレクターとして高いスキルを持っているといえるでしょう。

アートディレクターの平均給与の統計

アートディレクターの平均給与は約32万円と高め

アートディレクターの平均給与は、約32万円となっています。一般的な職種であれば平均給与は約20~25万円という場合が多いですが、比較するとアートディレクターの平均給与は高めといえるでしょう。

アートディレクターの平均給与が高いのは、「高いスキルを持っている」「政策チーム全体の能力が高い」など、仕事ができる人が評価される実力主義だからだといわれています。ですが、上記でもご紹介した通り、会社の規模によって給与額が異なるので、高収入を得るのであれば入社する会社選びをしっかりと行う必要がありそうです。

また、年齢によっても給与額が異なる場合があるようです。20代の方であれば約30万円、30代の方であれば40万円など、年齢によって給与額がことなるのは、アートディレクターとしての経験・実績や持っているスキルが関係しているのかもしれません。

高いスキルを持っている人は高収入を得ることが可能

上記でもお伝えしたように、アートディレクターとして高収入を得ている方の多くは、高いスキルを持っている方が多い傾向があります。コミュニケーション能力はもちろんですが、クライアントが納得できる作品を作るためには、デザイン作成のセンスも必須になるでしょう。

元々デザイナーをされている方であれば、これまでの経験からデザインスキルを学んでいるでしょう。しかし、デザイナー経験がなくアートディレクターになった場合は、デザインスキルを身に着けておく必要があるようです。

また、アートディレクターはクライアントが求めるデザインの確認、仕事全体の把握やスタッフへの指示、完成作品のチェックや修正の指示などが主な仕事になります。さらに、作品作りは自分ではなくスタッフが行う作業なので、質の高いデザインを作成するためにも「ディレクション能力」が必須だといわれています。

収入アップを狙うならフリーランスの道もアリ

アートディレクターとして高収入を得ている方であれば、フリーランスになるという道もあるようです。しかし、アートディレクターの仕事は作成作業を行う複数のデザイナーがいるからこそ成り立つ職業です。

さらに、自分が勤めている会社から良い人材だけを引き抜くことも難しいようです。ですので、デザイン作成の仕事を依頼できる人材を探すとなると、人脈作りのためにも高いコミュニケーション能力が必要になるでしょう。

しかし、しっかりとした人脈作りができて、さらに仕事が起動に乗ることができれば、これまでの約10~20倍の収入が得られる可能性があるといわれています。そのため、アートディレクターとして高収入を得たいと考えている方は、フリーランスの道や独立して自身の会社を立ち上げるなども考えておくと良いかもしれませんね!

アートディレクターの年収統計

アートディレクターの平均年収は約450万円

アートディレクターの平均年収は、約450万円となっています。現在の日本の平均年収は約400万円となっているため、アートディレクターの平均年収は高めといえるでしょう。しかし、務める会社やスキルによって収入額が異なるため、人によっては平均よりも高い・低いといった差が生まれてしまいます。

また、会社に勤める方と独立している方でも年収の金額が異なる場合があるため、あくまでも平均年収として参考にしてみてください。

勤続年数が長くなれば高収入を得られる

どんな職種でも同じですが、勤続年数が長くなれば高収入を得ることが可能となっています。経験と実績を積むことはもちろんですが、アートディレクターとしてのスキルが身につく、高いスキルへと磨かれていくでしょう。

そのため、アートディレクターは実力主義の仕事なので、長い期間務めることで収入アップを狙うことができるといわれています。独立の予定がなく高収入を得たいのであれば、1つの会社で長く務めることが高収入に繋がるといえるでしょう。

大手広告代理店なら年収1,000万円を狙うこともできる

アートディレクターの平均年収は約450万円とお伝えしましたが、大手広告代理店に勤めている方であれば、年収1,000万円を狙うことも可能だといわれています。会社の規模が大きいということは、それだけの仕事量と収益があるため、高収入を得ることが可能となります。

しかし、アートディレクターの求人数は少ないため、大手広告代理店への就職・転職は難しいといえるでしょう。そのため、高収入を求めて規模の大きな会社を探すためには、タイミングが重要になります。特に転職を考えている方であれば、日頃から求人を確認して、納得できる求人があった際はすぐに行動に移すことをおすすめします。

アートディレクターの給与・年収まとめ

アートディレクターの年収レベルは高く、やりがいを感じられる仕事

アートディレクターの年収レベルは、一般企業の平均年収に比べて高いといえるでしょう。会社の規模やスキル、年齢によって年収が上下しますが、長く務めることで年収をアップさせることは可能です。

また、すでに高収入を得ている方であれば、独立することでさらに収入をアップさせることができますし、仕事をする上で高いコミュニケーション能力を身に着けることができるでしょう。

アートディレクターの参考情報

平均年収400万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アートディレクターの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB