アートディレクターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

アートディレクターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

みなさんはアートディレクターという仕事を知っていますか?現在の日本ではあまり知られていない職種のようですが、一体どのような仕事内容になっているのでしょうか?この記事では、アートディレクターの仕事内容・やりがいなどについてご紹介していきます。デザイン関係の仕事に興味のある方、またはスキルアップされたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

アートディレクターとはどんな仕事?

デザイン関係のディレクションを行う

アートディレクターの仕事は、デザイン関係のディレクション業務を行ないます。実際にデザインを作るのではなく、デザイナーのスタッフが作成した作品のチェックを行ったり、作品の修正の指示を行ったりなど、責任者としての役割を果たすのがアートディレクターだといわれています。

アートディレクターは実際にデザインを作成することはなく、スタッフへの指示や管理はもちろん、写真の撮影を行う場合はスタッフと一緒に現場へと向かうこともあるようです。

また、仕事の依頼はさまざまな業界から受注することになるため、顧客はクライアントになります。そのため、自分の好きなデザインを作成するのではなく、クライアントの意向に沿った作品を作る仕事となっています。

アートディレクターはデザイナーではない

よく勘違いされている方が多いといわれているのですが、アートディレクターとデザイナーでは仕事内容が異なります。そもそもデザイナーは作品を実際に作ることがメインの仕事になるため、クライアントの意向に基づいてデザインの作成を行います。

しかし、アートディレクターは実際に作品の作成を行うことがなく、責任者としての業務がメインとなるため、仕事内容はそれぞれで異なることを知っておきましょう。ですが、基本的にはディレクション業務がメインですが、管理とデザイン作成の両方を行う場合もあるようです。

ですので、デザイナーからスキルアップしてアートディレクターになる方も少なくないそうです。簡単にいうと管理職のようなポジションですが、デザイナーとしての経験が豊富な方はディレクターとしての仕事に生かすことができるでしょう。

現在の日本ではまだ知名度が低い

デザイン関係の仕事をされている方やその業界では知られている職種ですが、現在の日本ではまだまだ知名度の低い仕事だといわれています。そのため、「アートディレクターってどんな仕事?」「それってデザイナーじゃないの?」と勘違いされている方も少なくありません。

ですが、上記でご紹介した通りディレクション業務と作品の作成では仕事内容が異なるため、デザイン業界での仕事を検討されている方は、今後進むべき道の選択肢として知っておくと良いでしょう。

アートディレクターの仕事の具体的な内容

クライアントと入念な打ち合わせを行う

アートディレクターは広告業界やファッション業界など、さまざまな業界からデザイン作成の依頼を受けて仕事を行います。そのため、クライアントがどのような作品を求めているのかを確認するために、まずは入念な打ち合わせを行います。

作成する作品のサイズやデザインの雰囲気など、完成作品のイメージをしっかりと話し合ってから作業に取り掛かります。大切なので作成したデザインがクライアントの引き寄せたいお客さんに伝わるものにしなければならないので、最初の打ち合わせはとても重要なことになるでしょう。

いくつかのサンプルを作成してデザインを固める

打ち合わせでどのような作品を作るのかが決まったら、スタッフとの打ち合わせを行います。この打ち合わせでは製作に携わるスタッフの割り振りを行い、カメラでの撮影やWebでのデザイン作成など、作成に必要な技術を持った製作メンバーを結成します。

メンバーが決まったらクライアントの意向を元にいくつかのサンプル作成を行い、デザインを徐々に固めていきます。ちなみに、サンプル作成は「ラフ案」と呼ばれていて、この作業はデザイナーではなくアートディレクターが行う場合もあるといわれています。

この場合は、ラフ案作成後にデザインが固まったらスタッフに細かい指示を出して、作成作業に取り掛かります。また、スタッフがラフ案の作成を行う場合は、アートディレクターが細かい指示を出してからサンプル作成となります。その後、候補となるラフ案からクライアントの意向に合うものがあれば、完成に向けた作成作業に取り掛かります。

進捗状況を確認して必要に応じて修正を指示

アートディレクターは指示や管理を行うディレクション業務が主な仕事なので、作成スタッフの進捗状況の確認や、完成した作品のチェックを行うのも仕事の1つです。必要であれば修正の指示を出して、クライアントが求めるデザインの作成を行います。

また、作成するデザインによっては写真撮影が必要になる場合があるため、スタッフと一緒に現場へと足を運ぶこともあるようです。作品の方向性や作成に必要な素材を確認するためにも、現場への同行は必要だといわれています。

完成したデザインの品質チェック

デザインが完成したら、クライアントに提出する前にアートディレクターが最終確認を行います。完成したデザインを入念に確認して、作品の品質はもちろんのこと、クライアントに意向の沿っているのかのチェックを行います。

品質チェックは今後の依頼にも関わりますし、クライアントからの信頼にも関わりますので、完成したデザインの品質チェックはとても重要な仕事です。そのため、アートディレクターには責任感がとても必要になるでしょう。

アートディレクターの仕事のやりがい

自分が携わったデザインを街中で見かけたとき

アートディレクターをされている方の中には、スタッフに指示をするのではなく、自らも製作を行っている方もいます。そういった方の場合は、自分が作成した企業広告のデザインを街中で見かけたりすると、仕事へのやりがいを感じるという意見が多かったです。

他にも、Webサイトや雑誌・新聞などにも掲載されることがあります。掲載されるまでにはクライアントからの厳しい指摘を受けたり、作成と修正を繰り返したりなど、苦労を重ねることで作り上げたデザインが多いといわれています。そのため、それらの作品を目にしたときには達成感があるため、やりがいを感じることができるのでしょう。

クライアントからの感謝の言葉

自分が手掛けたデザインを街中で見かけるのも嬉しいことですが、クライアントから感謝の言葉をもらった場合もやりがいを感じるという意見もありました。相手のイメージを形にすることができて、なおかつ高品質なデザインの作成ができたと実感することができます。

ですので、クライアントが納得できる作品を作成し、喜んでもらえたときには「やっていてよかった!」と感じることができるでしょう。

デザイナーと比べると待遇が良い

仕事に感じるやりがいの中には、デザイナーと比べると待遇が良いという意見もありました。アートディレクターをされている方の多くは、元々デザイナーをされている方が多い傾向があります。

作成側から管理職になるため仕事が大変に感じることもあるそうですが、デザイナー時代に比べて好待遇になるため、やりがいを感じることができるそうです。

アートディレクターの仕事内容まとめ

アートディレクターの仕事は責任感が重要!やりがいも十分感じられる

アートディレクターは基本的にデザイン作成を行うのではなく、管理職のようなポジションで仕事を行います。作業全体の確認や完成したデザインの品質管理など、クライアントの意向に従い、満足できる作品作りが求められます。

ですが、そのような作品をスタッフと一緒に作り上げ、クライアントに満足してもらえるデザインの作成ができた、街中で自分たちが手掛けた作品を見かけたときには、大きなやりがいを感じることができます。アートディレクターは元デザイナーという方が多いので、スキルアップを目指している方にはおすすめといえるでしょう。

アートディレクターへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

アートディレクターの参考情報

平均年収400万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アートディレクターの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB