メイクアップアーティストになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

メイクアップアーティストになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

メイクを通してステキをプロデュースするプロ・メイクアップアーティストになるには、一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。今回はこの記事でメイクアップアーティストに必要なスキルや、持っていると役立つ資格、向いている人の性格的特徴などをご紹介します。

メイクアップアーティストになるには何が必要?

メイクアップアーティストになるためには知識が必要

メイクアップアーティストを目指すのであれば、知識は必要です。メイクについての基本的な知識はもちろん、肌に直接触れる機会の多い仕事のため、スキンケアに関する知識や、メイクに合ったヘアスタイルや洋服についての的確なアドバイスができる知識も必要です。

メイクアップアーティストになるためには技術も必要

メイクアップアーティストには、知識に加えて確かな技術も必要です。肌や髪の質、顔の輪郭やパーツの大きさや形は人によって異なります。メイクについての基本的な知識を持ってはいても、マニュアル通りには仕事はできません。

さらに撮影のためのメイクについては、必要とされている美しさを表現できる技術も必要です。メイクを施すお客さんの個性を最大限に生かしたメイクを施すことのできる技術が重要です。

向上心を持つことも大切

メイクアップの世界は日進月歩です。流行の最先端であったメイク方法も、1年を過ぎれば古いメイクと見なされることもあります。常に新しいメイクの知識や技術を身につけなければなりません。そのため、新しいことをどんどん吸収したいという向上心を持ち続けることは大切です。

専門学校などでも基礎的な知識や技術を学ぶことはできます。しかし、メイクの世界で活躍するためには、仕事を通して経験を重ねて学んでいくことが重要です。

メイクアップアーティストは体力も求められる

メイクアップアーティストはハードな仕事です。仕事中は常に立ちっぱなしですし、移動の時でも重いメイクバッグを持ち歩かなければなりません。クライアントの要望に応じて仕事をするため、勤務時間は不規則です。休日出勤や残業も多く、まとまった休みが取りづらいこともあります。

そのため基礎体力がなければメイクアップアーティストとして仕事を続けていくことは難しいでしょう。

資格があればメイクアップの仕事でも有利に

メイクアップに関する専門の資格はありません。しかし、メイクアップに役立つ資格はあるため、そうした資格を取得すれば有利に仕事ができます。メイクアップアーティストにおすすめの資格として色彩検定とサービス接遇検定があります。

色彩検定とは、色についての知識や技能を問う検定試験です。色の基礎から配色技法まで、色についての専門的な知識を身につけることができます。メイクでは色の組み合わせが重要ですので、技術の向上につなげることができます。

サービス接遇検定とは、サービス業で必要とされるおもてなしの心や接客マナーを問う検定試験です。言葉使いや適切な顧客対応、お金の管理など人と接する仕事で必要な知識を身につけることができます。

海外へ進出するためには語学力も重要

メイクアップアーティストの中には、アメリカやヨーロッパなどの海外で活躍する人もいます。海外のメイク技術は日本以上に洗練されており、日本では身につけることのできない最新の知識や技術を習得できます。

海外でメイクアップアーティストとして仕事をするためには、コミュニケーションを取るための語学力が必要です。基本的な会話だけでなく、専門的な会話ができれば、仕事の幅を広げることができます。

メイクアップアーティストに向いている人、適性がある人

メイクアップアーティストになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

美的感覚を持っていることは重要な適性の一つ

メイクアップアーティストとして活躍するためには、メイクの知識を持っていることに加えて、時代の最先端をいく美について敏感であることが求められます。

メイクアップアーティストの多くは、常に綺麗な格好をしています。メイクを施すことでステキをプロデュースする仕事ですので、美容やファンションなどに関心を持っていることは大切です。

いつでも美的感覚を磨くための努力を怠らない人は、メイクの世界でも成功を収めることができます。

独創性もメイクアップには大切なスキル

メイクアップアーティストには、学んだ知識や技術を生かして独自のアレンジで表現ができる独創性も必要です。

クライアントによっては、70年代風のメイクやビジネスシーンで使えるメイクなど、テーマを求められることもあります。そのような場合には、単にテーマに合わせてメイクをするだけでなく、最新の流行を取り入れながら融合させる技術が求められます。

どんな顧客の要望でも満足させることのできる独創性があれば、仕事を安定させることができます。

コミュニケーション能力は大切

メイクアップアーティストは、モノではなく人を相手にする仕事です。そのため意思の疎通を上手にできることは、仕事をするための重要な要素です。

メイクを施す人が満足するためには、雰囲気づくりも大切です。細やかな気配りや楽しい会話をすれば、この人にメイクをお願いして良かったと思われるようになります。

上手なコミュニケーションができることは、大切なスキルの1つです。初対面の人でも苦に感じることなく上手に会話ができる人は、メイクアップの仕事に適していると言えます。

時間管理能力のスキルがあればベター

メイクアップアーティストは、時間を厳守できる能力を持っていることも重要です。クライアントによっては、メイクを施すための時間を厳守していることもあります。

撮影のメイクの場合には、15〜30分と限られていることもあり、与えられた時間で最高のメイクを施さなければなりません。どんな状況でも迅速かつ丁寧に行うことができる人はメイクアップアーティストに向いている人です。

メイクアップアーティストになるための学校・教室

メイクアップアーティストは独学でもスキルを身につけることはできます。しかし専門学校に通えば、同じ目標を持つ仲間と励まし合いながら成長できます。

専門学校で学ぶ場合

専門学校で学ぶ場合には2種類の方法があります。メイクの専門的な知識を習得したいのであればメイクの専門学校が、美容についての全般的な知識を習得したいのであれば美容系の専門学校がおすすめです。

メイクの専門学校

メイクの専門学校では、最新のメイクから特殊メイクを中心に、ヘアスタイルやファッションについて学ぶことができます。さらに、カメラマンとのセッションなどの実践力や顧客との接客マナーについても習得できます。

美容の専門学校

美容の専門学校では、国家資格である美容師免許を取得できるところもあります。美容師免許があれば、メイクだけでなくヘアカットを含めたトータルコーディネートをプロデュースできます。

通信講座で学ぶ

社会人として働いている人や主婦の場合には、通信講座を利用してプロのメイクアップアーティストを目指す人もいます。

空いた時間を利用しながら自分のペースでコツコツと学ぶことができます。時間や費用を抑えることができるため、気軽に申し込みができるメリットがあります。

メイクサロンで働きながら技術を習得することも可能

メイクアップアーティストになるには、絶対に専門的な学校で知識や技術を学ばないといけないという決まりはありません。そのため、メイクのサロンで働きながら知識や技術を身につけることもできます。求人情報を利用すれば、北海道から沖縄まで全国のメイクのサロンの情報を集めることができます。

さらに通信教育を活用するならば、昼間はサロンで実践的な技術を習得して、夜間は通信教育で基礎的な知識を習得できます。

メイクアップアーティストになるには?まとめ

向上心や基礎的な体力を持つことが大切

メイクアップアーティストになるには、基礎的な知識や技術はもちろん、最新の流行をキャッチしたいという向上心も必要です。加えて、メイク道具を運ぶことや立ち仕事をこなすための体力、仕事を迅速かつ丁寧に行うための時間管理能力も必要です。

メイクアップアーティストになるための特別な資格はありませんが、色彩検定やサービス接遇検定などの資格があれば、仕事の幅を広げることができます。

メイクアップアーティストへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

メイクアップアーティストの参考情報

平均年収100万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

メイクアップアーティストの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB