メイクアップアーティストの給与・年収は?収入額は下積みを終えてから上がっていく

メイクアップアーティストの給与・年収は?収入額は下積みを終えてから上がっていく

下積み時代の給料が低いメイクアップアーティストのお仕事。そんなメイクアップアーティストの平均年収はいくらなのでしょうか。そして、メイクアップアーティストの年収の上げ方についてもご紹介していきます。

メイクアップアーティストの働き方別にみた年収

不規則な生活で、高い技術力を求められるこの仕事。たくさん稼いでいるイメージがあるかもしれませんが、活躍の仕方や働き方は人それぞれ違うため、平均的な給与をだすのは難しい仕事です。

そこでここでは、働き方別にみていきましょう。

アシスタント時代の年収

メイクアップアーティストのアシスタントとして働く場合、年収は0円から150万円が相場のようです。なぜこんなにも低いのでしょうか。

これはメイクアップアーティストだけの考え方だけではなく、特に士業などもそのような考え方もしれませんが、どこの職種もこのアシスタント時代はあくまで見習い期間。アシスタントからすれば、「勉強させて頂いてる」、メイクアップアーティストからすれば「経験を積ませてあげている」という感覚になるからです。

そのため、アシスタント時代の初任給は手取りでいえば月10万円に満たないことも考えられます。ただでさえ忙しいこの仕事、芸人さんのように並行してアルバイトする余裕はないのです。

親に助けてもらうか、事前にある程度の蓄えをしてこの業界に望むことになるでしょう。

化粧品メーカー勤務の年収

メイクアップアーティストは企業に勤務して働くことも可能です。例えば、各化粧品メーカーやエステサロン、ブライダルサロンなどが主にあげられます。

こうした企業の一員として働くと平均年収は180万円から400万円前後となります。ただし、あくまで企業そのため、役職や地位が上がったり、メイクに関わる本などを出版したりすると年収は倍ほどにあがっていくでしょう。

メイクアップアーティストとしてお客様に貢献することはもちろんのこと、どれだけ自社に貢献していけるかも組織では必要となります。

ヘアメイク専門のプロダクションの年収

ヘアメイク専門のプロダクションの人の平均年収は、100万円から500万円前後です。上記の中で一番高い年収になるのではないでしょうか。

ですが、やはり最初はアシスタントとしてスタートしますので、月10万円を上回ることは難しいようです。休日や空いてる時間も先ほどと違いがありますので、アルバイトとの掛け持ちが必要となってきます。

特殊メイクの年収

ゾンビなどの特殊メイク、医療関係のメイクなど、特殊メイクの仕事は非常に時間がかかり、高度な技術が必要とされます。そのため年収は高くなると思われるかもしれませんが、平均年収としては200万円から500万円前後です。ですが、これからさらに増えていく可能性があるポジションです。

フリーメイクアップアーティストの年収

フリーは自身の技術ひとつで年収の差がピンキリです。もちろん仕事がなければ年収は0円です。ですが、テレビや出版社と契約を結んだり、美容本やDVDを出版しヒットすれば、年収は億を超える場合もあります。

ここまでいけるのは相当難しいですが、美は常に世の中に望まれていますので、やりがいはあります。企業で働いている方はわかりませんが、メイクアップアーティストの方々なら一度はフリーとして働きたいと考え方も多いのではないでしょうか。

基本的に少ない年収のメイクアップアーティストの方々なら、なおのことそう考えるかと思います。成功すれば億という年収もみえてきますが、失敗すれば年収は低いままです。

さらに経費もかかってきます。自宅兼事務所なら支出も抑えられますが、事務所が別の場合、家賃も必要です。現場に向かうための交通費も必要ですし、化粧品は消耗品です。このように、仕事が大きくなるにつれて経費もかかってきます。

ですが、これらは経費として計上できますので、領収書などは必ず保管しておきましょう。

メイクアップアーティストの平均年収

上記でも紹介したとおり、同じメイクアップアーティストでもその立場によって年収は様々で、その平均をだすのは非常に困難です。

今回ざっくりその年収も算出しましたので、参考にしてもらえればと思います。

平均年収

メイクアップアーティストの平均年収は約258万円となっています。これが高いのかどうかに関してですが、ずっとこの年収だと厳しいと感じる方が多いのではないでしょうか。

なぜなら、メイクアップアーティストの平均年収258万円は主に35~39歳にかけての人たちの年収目安です。日本の35~39歳の人の年収は433万円となっており、その差約175万円ほどあります。

生涯年収でいうと、メイクアップアーティストの生涯年収は1億1,600万円で、日本のサラリーマンの平均年収は1億9,000万円。その差約7,400万円ほど低くなります。

メイクアップアーティストの収入を上げるには

技術に加えて営業力やコミュニケーション能力などが必要

企業に雇われてメイクアップアーティストとしてやっていくのなら、その企業のルールにそって昇級していかなければいけません。

ですが、フリーのメイクアップアーティストの方は技術だけではなく、営業スキルやコミュニケーション能力、経営スキル次第で、億を狙える可能性もでてくるのです。

まずはコミュニケーション能力を身に着けるべき

最初にコミュニケーション能力ですが、どれだけ技術が高くてもコミュニケーション能力が低ければ、その場面にあったメイクをすることができても、おそらく今後オファーはかからないでしょう。それに人脈も広がらず、新規顧客に巡り会う機会もなくすわけです。

逆に有名なメイクさんはやはりコミュニケーション能力が長けています。仕事は違いますが美容師さんを考えると、皆さんも想像しやすいのではないでしょうか。

技術はもちろんですが、この人のメイクを受けたいと思わせないことには、メイクさんとしての価値は下がる一方です。

お客様によい印象を与えることができれば、他の方を紹介してもらうことができ、仕事の幅が広がります。こういうことをしていかないと、年収が上がる機会もことごとくなくすわけです。

継続して仕事を得ていくために営業スキル、経営スキルは重要

もうひとつ年収をあげるために必要なのが、営業スキルです。営業スキルがないと事業の継続が困難になります。この不規則な業界でフリーとしてやっていくのなら、どんな時間で、どんな依頼であっても、引き受ける覚悟とそれに見合った技量が必要ですが、そもそも営業力がないとここにもたどり着けません。

そのためには美容室やメイクに関係する企業などに頻繁に営業をかけたり、お客様に名刺やチラシを配り集客を図る必要があります。

名刺やチラシを渡すなら、美容師免許や日本メイクアップ技術検定、ファッション色彩検定などの上級資格も取得しておき、名刺やチラシに掲載しておけば、さらに効果を発揮するでしょう。そうすることで、常識では考えられない時間の仕事や、場所などの依頼もくるでしょう。

これをどれだけこなし、どれだけよい仕事ができるかで今後の方向性は決まりますが、最初のうちは自分都合で仕事できるとは思わない方がよいでしょう。

そうやってひとつひとつ積み上げていくことで、人脈と仕事の幅が広がり、気付けば技術だけではなく、年収も上がっていくでしょうし、営業スキルや経営の仕方も学んでいくことでしょう。

努力をしていく中で自身の知名度も上がり、仕事の依頼件数も増えていくことになると思いますが、おそらくこの頃には逆に依頼された全ての仕事を受けることはできないでしょう。

つまりとりこぼしです。こうした案件にどう対応するかは経営スキルが必要となってきます。人を増やしてより多く対応できるようにするのも策のひとつですし、お客様が遠方で来られない、予約が取れないなどの事情が増えてきたのであれば、DVDなどを発売して、そういったお客様を逃さないのもひとつです。TPOにあった解決策を考えることを心がけましょう。

メイクアップアーティストの給料・年収まとめ

厳しい世界だが自分自身で切り開ける職業

皆さまは今回メイクアップアーティストの年収をご覧になられていかが思われたでしょうか。こんなに厳しいのに、こんな年収じゃやってられないと思われた方もいるかと思います。

メイクアップアーティストの技術は終わりがなく発展し続ける仕事なので、是非独立して、技術以外の知識、経験も手に入れて年収で億を目指せるメイクアップアーティストになってもらえればと思います。

メイクアップアーティストの参考情報

平均年収100万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

メイクアップアーティストの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB