メイクアップアーティストの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

メイクアップアーティストの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

メイクアップアーティストのお仕事は華やかなイメージがあるかと思いますが、実は本当に努力が必要不可欠な仕事です。そんなメイクアップアーティストの仕事の特徴について、ご紹介します。

メイクアップアーティストとはどんな仕事?

人にヘアメイクを行う人をメイクアップアーティストと呼ぶ

メイクアップアーティストとの仕事とは、人の顔に化粧をすることで美しく見せることを目的としたり、全く別の顔に見せることが目的の仕事です。

メイクする場所も様々で、テレビや雑誌、映画などのメディア関係や、結婚式や化粧品メーカーなどその場所は多岐にわたります。

例えば、テレビや雑誌の場合、出演者の個性、照明やそのテレビ・雑誌のテーマによって最もカメラに美しく映るメイクをしていきます。その場所によって求められるメイクも変わりますので、経験や技術が活かせる仕事です。

メイクアップアーティストの仕事を一言でいうと、顔をメイクするスペシャリストであるといえます。

メイクアップアーティストの仕事の具体的な内容

メイクアップアーティストの仕事は不規則で、撮影現場にメイク道具を持ち込み、限られた時間の中でメイクを行い仕上げます。メイク時間は雑誌などのモデルの場合、撮影が長時間に及ぶと、深夜から早朝までになることもあり、生活はかなり不規則になります。

それでは具体的にメイクアップアーティストの人が、働く場所によってどのような仕事の仕方になるのかみていきましょう。

雑誌や出版関係

メイクアップアーティストの雑誌というと、男性女性に関わらずファッション雑誌を思い描くのではないでしょうか。このファッション雑誌に登場するモデルさんに、撮影用のヘアメイクを施していきます。

そのモデルさんにあったメイクにするだけではなく、衣装や風景にマッチするメイクに仕上げなければならないので、現場にあった技術が必要となります。逆に言えば、その雑誌を通じて自身のメイク技術と実力を世間にアピールする大チャンスなのです。

テレビやCM

先ほどの雑誌とは異なり、監督もしくはクライアントの指示通りにメイクを仕上げる必要があります。テレビ番組などでは、早朝ロケ、深夜ロケなどの泊まり込みの撮影や、企画によって撮影場所も様々なので、環境も毎回異なります。

化粧品メーカー

今までの職場と違うのがメーカーの社員として勤務する場合です。社員として働くことになれば、収入が安定します。

自社の商品でいかにしてお客様を魅了して商品を売っていくかが重要になりますので、みなさんがよくみかけるデパートなどの化粧品売り場でメイクをしたり、自社で新製品の開発に携わることができます。

ただフリーの人たちに比べると、化粧品を自由に選べるわけではなく、あくまで自社の製品で勝負していかないといけないハンデがあります。

結婚式場

結婚式は女性なら一度は憧れる人生の中で最も大きなイベントのひとつではないでしょうか。そんな女性が憧れる結婚式当日にヘアメイクを施し、最高の美しさを演出、提供しなければなりません。

何度も結婚式を行うわけではないので、事前に花嫁と何度も打ち合せを重ねて花嫁の希望となるヘアメイクを提案します。実際に結婚式をされた方々ならご承知の通り、結婚式は様々な写真を撮って様々な衣装を着るので、その時々で最高の美しさを演出することになります。

想像以上にハードで厳しい仕事ですが、最高に美しい新婦に感謝されたときはなんとも言えないやりがいを感じることでしょう。

特殊メイクや医療用メイク

ハロウィンなどの時期では特に見かける機会も増え、それをテーマにした映画もあるゾンビ。ゾンビの顔や皮膚の様子は特殊メイクによって作られています。

特殊メイクではないですが、体に傷を負った患者さんに対して傷跡を極力目立たなくしたり、患者さんが外観を受け入れられるメイク技術を伝授する仕事があります。

特殊メイクは素人では中々難しいですが、患者さん自ら行えるメイクを考え教えるのはとても大変な仕事です。

一日の仕事のスケジュール

上記でも説明してきましたが、メイクアップアーティストの一日の過ごし方はその現場や働き方によって、仕事の流れは全く違います。

ここでは例としてテレビに出演するタレントにヘアメイクをするメイクアップアーティストの一日の主な流れを説明していきます。

  1. メイク道具などを抜かりなく準備し、現場へと赴きます。
  2. 撮影が始まる前に、タレントに対してヘアメイクを行います。
  3. 雑誌などであれば休憩中、テレビなどであればCM中にヘアメイクの直しを行います。
  4. 撮影終了後、片付けも仕事のひとつです。
  5. 制作スタッフと次回の仕事の打ち合せを行います。

それでは次に、結婚式場勤務のメイクアップアーティストの一日をみていきましょう。

  1. 出社
  2. 当日のスケジュールなどについてミーティングや連絡事項を共有していきます。
  3. お客様と当日のメイクの希望について、入念に打ち合せを行います。
  4. ドレス選びに同席し、アドバイスしたり、より新婦が望むメイクへのイメージをふくらませます。
  5. 社内業務

と、同じメイクアップアーティストでもその一日は様々なのです。

このふたつはあくまで一例で、メイクアーティストでもアシスタントの場合、開店前開店後の時間を使って自主練をしたりします。

フリーのメイクアップアーティストなら入った仕事に対して臨機応変に対応していくので、不規則な生活になることは避けられないでしょう。なぜなら一度でも遅刻したら二度と呼ばれないという覚悟を持って仕事をしないといけないからです。

上記のような一日の流れなども踏まえて、どういったスタイルで働いていくかを考えてみるのも良いでしょう。

メイクアップアーティストの仕事のやりがい

不規則な生活が続いたり、常に高い技術を求められるメイクアップアーティストの仕事。その人の魅力を最大限に引き出し、女性の綺麗や可愛いを作ることを追求し続けます。ですが、それを追求し続けられるのはメイクアップアーティストの特権です。

そんなメイクアップアーティストの仕事のやりがいについてご紹介します。

相手のイメージ通りにメイクできたとき

どんだけの技術を持っていても、メイクする人の要望に応えれないようではおそらく誰も喜んではくれません。

例えば雑誌のメイクでモデルさんにメイクするとき、クライアントから要望を受けます。そのクライアントのイメージ通りにメイクができたとき、メイクされた人、クライアント、自分自身も納得して仕事先から感謝されたとき、とてつもないやりがいを感じるはずです。さらにその雑誌が飛ぶように売れれば、その達成感は底知れぬものとなるでしょう。

それはテレビ関係の仕事だけではなく、結婚式などで新婦にメイクを施した場合も同じです。「綺麗にしてくれてありがとう」「あなたのおかげで結婚式が終始華やかでした」などの声をかけられれば、当然やりがいを感じるでしょう。

技術に終わりがない仕事

メイクの技術に終わりはありません。また、正解もありません。

その中で日々お客様の希望以上のものを提供するには、メイク技術だけではなく流行のファッションや、ヘアメイクなどの色彩感覚も大切です。そうした知識を持ってお客様に対応していくなかで、お客様のイメージを最大限に引き出すにはその人の内面に触れることが大切です。そうすることで新たな発見もきっとあるはずです。

そして何より一番大切なのはメイクアップアーティスト自身も綺麗でなければなりません。メイクアップアーティスト自身が綺麗でないのにメイクを提案しても、受け入れられにくいことでしょう。何より説得力にかけるのです。

ですが、メイクアップアーティスト自身が綺麗であれば自分自身にも自信がもて、心の底から提案することができるはずです。つまり、常に向上心や探究心が求められる仕事ともいえます。常に進化できる自分を実感することできれば、こんなにもやりがいのある仕事はないでしょう。

そして努力すればするほど、自分自身が目指す姿に近づくことができのもこの仕事の魅力にひとつです。とてもチャレンジが必要な業界ですが、自分自身で道を切り拓いていけるやりがいのある仕事だと思います。

メイクアップアーティストの仕事内容まとめ

不規則で技術に終わりがないが、続けられる仕事

メイクアップアーティストは技術を磨き、その状況にあった最高のメイクを提供する仕事、とても大変な仕事だと思われるかもしれません。

ですが、仕事を通して人を美しくし、輝かせ、メイクする人、それを見る人を魅了し、幸せな感情にすることができる数少ない大切な仕事です。

メイクアップアーティストへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

メイクアップアーティストの参考情報

平均年収100万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

メイクアップアーティストの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB