構成作家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

構成作家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

番組制作するうえで、構成作家の企画アイデアは欠かせないものとなっています。構成作家の企画や番組構成をもとに番組制作がおこなわれるため、自分の企画が採用されてテレビで放送されたときはやりがいを感じられる仕事です。この記事では、構成作家の仕事内容についてご紹介します。

構成作家とはどんな仕事?

テレビ番組やラジオ番組の企画を考える

テレビ番組やラジオ番組の制作をおこなうときに、番組の流れやコーナー企画を考える仕事です。仕事内容によっては番組の構成をおこなうだけでなく、セリフやナレーションまで考えて台本を作成することもあります。

番組に出演するタレントの個性を活かせる番組構成を考え、視聴者に興味を持ってもらえるような企画を考えます。番組プロデューサーやディレクターとの連携によって番組制作をおこなう重要な仕事です。

表舞台に立つことも

構成作家と聞くと、番組制作の裏側で仕事をするだけのイメージがあると思います。たしかに構成作家の仕事の大部分は裏方仕事のため、目立つことはありません。しかし、構成作家として仕事を続けていくうちに有名になり、表舞台に立つ機会が増えることもあります。

今までテレビ番組の裏側で制作スタッフとして携わっていたけど、出演者として番組制作に携わることになる可能性もあるということです。一部の構成作家にそのような機会があるかもしれないというだけで、構成作家全員が表舞台に立つわけではありません。

構成作家の番組制作以外の仕事については、のちほど詳しくご紹介します。

構成作家と放送作家

構成作家と似たものに、放送作家という仕事があります。構成作家は番組の流れやコーナー企画を考えるのに対して、放送作家は番組の演出やセリフ、ナレーションを考える仕事となっています。つまり、構成作家は番組の大枠を作り、放送作家は番組の細かい部分を作るイメージです。

しかし、最近は構成作家と放送作家の区別があいまいになり、構成作家が番組演出やセリフ、ナレーションを考え、台本を作成するところまで担当する場合が多くなっています。

構成作家の仕事の具体的な内容

本来の構成作家の仕事は番組の大枠を考えるのみと言われていますが、構成作家と放送作家の区別があいまいになってきているため、今回は構成作家が企画から台本作成まで一貫しておこなうことを想定して、詳しく仕事内容をご紹介します。

企画や構成を考える

企画会議で提案するための番組構成やコーナー企画、VTRの内容を考えます。視聴者が魅力を感じるような企画を練ることはもちろん、番組出演者が個性を発揮して輝けるような番組構成にしなければいけません。

そのためにも、番組出演者についてしっかり下調べをして個性を把握しておく必要がありますし、流行りのお店や商品、イベント情報についてのリサーチもおこないます。

番組構成やコーナー企画が決まったら企画書にまとめ、企画会議で提案するための準備をおこないます。もし構成作家が台本作成までおこなう場合、この時点である程度のセリフやナレーションも考えておくこともあります。

企画会議に参加

番組の企画会議に参加し、番組プロデューサーやディレクターとの意見交換や企画提案をします。レギュラー番組であれば毎週のように企画会議が開かれ、番組やコーナー企画を決めていきます。

構成作家は会議に参加する前に番組構成や企画を考えて企画書にまとめておき、企画会議で提案した企画が採用される場合が多いです。ここで企画が不採用となってしまった場合は、新たに企画を練るか、他の構成作家の企画が採用されます。

台本作成

企画会議で決定した構成や企画をもとに、台本を作成していきます。構成作家が作成した台本をもとに収録やロケがおこなわれるため、作成した台本はプロデューサーやディレクターから許可が出るまで加筆修正します。

台本は秒単位でセリフやVTR挿入時間が決められるため、構成作家が台本作成を行う場合も、番組の放送時間や構成に合わせて細かく作らなければいけないことが多いです。

収録に立ち会い

構成作家の仕事は台本作成で終わりではありません。実際の収録現場に立ち会って番組の流れやVTRの内容確認などをおこない、状況に応じて台本を編集します。場合によってはロケに同行して撮影内容の確認もおこないます。

オンエアチェック

最後に、実際に制作に携わった番組のオンエアは必ずチェックし、自分の企画や台本に改善点が無いか確認します。よりよい演出や企画を生み出すためにも、必ずオンエアを見て良い点・改善点をチェックすることが大切です。

番組制作以外の仕事も多い

有名な構成作家は、番組制作以外にもさまざまな仕事もおこなっている方も多く、作詞家や小説家、映画監督など活躍の場は多岐にわたっています。

テレビや雑誌のインタビューを受けたり、テレビ番組に出演したり、イベントの企画運営や映画、ドラマ制作に携わったりできることもあり、構成作家の仕事の幅も広がります。

構成作家としてテレビの裏側で番組制作するだけでなく、さまざまな場面で活躍するチャンスがあるのも構成作家の特徴です。

構成作家の仕事のやりがい

自分の企画が採用されたとき

自分が考案した番組企画が採用され、実際の収録で使ってもらえたときはやりがいを感じられるでしょう。

自分が制作に携わった番組が放送されたとき

自分が企画立案から収録まで携わった番組が実際に放送されたとき、番組を無事に作り上げられた達成感と、多くの人に番組内容を届けることができてやりがいを感じられます。

テレビ番組であれば高視聴率を獲得できたり、ヒット番組を作ることができると、プロデューサーやディレクターなど周囲の人から称賛してもらえます。ラジオ番組であれば、リスナーが増えたり、番組へのメールやメッセージが増えたときにやりがいを感じることができるでしょう。

高視聴率を獲得できるヒット番組を制作・企画できると、周囲の人から信頼してもらえて任せてもらえる仕事量が増えることもあります。

人脈が広がる

構成作家はテレビ業界のさまざまな人と関わって仕事をおこなうため、自然と人脈が広がります。人脈が広がることで、新たな仕事を経験させてもらったり、困ったときに助けてくれる仲間を見つけられる可能性もあります。

さらに、番組制作スタッフだけでなく、有名な芸能人と知り合うチャンスもあるかもしれません。特に、構成作家としてヒット番組を制作するなど仕事で成果を出せれば、番組に出演するタレントから直接番組制作の依頼をもらえることもあり、有名タレントの近くで仕事することもできます。

芸能マネージャーやヘアメイクと比べて芸能人と直接関わる機会は少なくなりますが、構成作家も憧れの有名人と仕事できる可能性は0ではありません。

誰かの人生に影響を与えることができる

視聴者から「おもしろかったです!」「番組見ました!」とメッセージを言ってもらえたときはやりがいを感じられるでしょう。さらに、自分が制作に携わった番組をきっかけに、視聴者が夢を見つけたり、勇気をもらったりしたことを知ったときはやりがいと喜びを感じられます。

例えば、自分が携わった音楽バラエティ番組を見たことがきっかけで音楽の世界に興味を持ったり、バラエティ番組を見て芸人に興味を持ったりした話を聞くこともあります。そのような話を聞いたとき、自分が制作した番組が誰かの人生に影響を与えられたと実感し、喜びを感じられるでしょう。

構成作家の仕事内容まとめ

番組制作を支える縁の下の力持ち

構成作家は番組制作の裏側で仕事をすることが多いため、目立つことは少ないですが、番組制作に欠かせない重要な仕事です。構成作家が考えた構成や企画に沿って番組制作がおこなわれるため、おもしろい番組になるかどうかは構成作家にかかっているとも言えます。

構成作家の仕事は大変なことも多いですが、実際に番組を見た人から「おもしろかったよ!」と声をかけてもらえたときは喜びを感じられる素敵な仕事です。

構成作家の参考情報

平均年収300万円〜400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

構成作家の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB