ドッグトレーナーの給与・年収は?初任給やボーナス、支給される手当まとめ

ドッグトレーナーの給与・年収は?初任給やボーナス、支給される手当まとめ

なりたい職業でも人気の高いドッグトレーナー。平均の給料や年収はいくらくらいなのでしょうか?今回はこの記事で、ドッグトレーナーの平均給与や年収とともに、給与アップの可能性や方法についてご紹介します。

ドッグトレーナーの初任給

新人ドッグトレーナーの給与は平均13~18万円

ドッグトレーナーとして働く場合、初任給は13~18万円程度が相場といわれています。子どもたちに人気の職業ランキングで男女ともに上位に位置するドッグトレーナーですが、給与面では意外と厳しい現実が待っているようです。

勤務先によっても給与に差が出る場合がありますが、特に新人の頃は覚える仕事も多く力仕事も多いことから慣れるまではハードに感じる事が多く対価は低めと考えておく方が良さそうです。

転職したときの給与は経験で左右されやすい

ドッグトレーナーの世界では、より高いレベルでの経験を積むために転職をする人が多いです。転職した場合の初任給は、これまでのドッグトレーナーとしての経験によって決まるのが一般的です。

経験豊富で転職した場合には18万円以上の給与でスタートするケースが多いと言われています。基本的にドッグトレーナーとして10年以上のキャリアがあり、いくつもの犬にしつけを教えてきたとなれば新卒採用者と同列の給与になることはほとんどありません。

とはいえ、どれくらいの給与が期待できるかという事は勤務先によって大きく異なります。中には新卒採用者と同じ給与を提示される場合もあるので、なるべく経験や実績をアピールすることが肝要です。

異業種からドッグトレーナーへの転職は給与の確認を

中には異業種からドッグトレーナーに転職する人もいると思います。異業種からの転職は年齢に関係なく素人という事で新卒と同じ給与になることがほとんどです。

転職前に比べると大幅な給与ダウンになってしまう可能性もあるので判断する際には慎重に行いましょう。

ドッグトレーナーの平均給与

ドッグトレーナーの平均給与は17万円~22万円万円

厚生労働省のデータによると、ドッグトレーナーの平均給与は、全国平均が約17万円~22万円となっています。

ドッグトレーナーは飼い主からの依頼を受けて犬にしつけを教える仕事であり、掃除や散歩などの世話や情報共有や飼い主への報告など残業をする場合もあり慣れるまでは大変な仕事です。ハードな仕事内容に比べるとドッグトレーナーの給与レベルは低めかもしれません。

ただスキルアップや依頼者に感謝されたときや犬との絆が生まれた時にはやりがいも大きい仕事です。給与だけを考えて、心が折れないようにすることも大切になると考えられます。

勤務期間に応じて給与もアップすることが多い

ドッグトレーナーの給与は、勤務期間に応じてアップすることが一般亭です。特別な資格がなくても働くことが出来る仕事なので、最終学歴によって採用時の給与が左右されることは少ないと考えてよいでしょう。

求人を探す際は給与以外の手当もチェック

ドッグトレーナー全体の統計では、給与と別に支給される賞与も年間平均約60万円前後という結果が出ています。ドッグトレーナーの世界は犬を預かってしつけをするという犬と一緒にいる時間が多い仕事ですが、賞与は高めの傾向にあります。

企業によっては基本給以外の各種手当や残業代が支給されない場合もあるので注意してください。就職や転職を検討する場合には、残業代や年間賞与、各種手当などの制度が整っているかの確認も必須になります。

男女でも平均給与に差がある

ドッグトレーナーは男女ともに人気の高い職業ですが厚生労働省の統計一覧によると男性と女性では平均給与に差があるようです。男性の場合には平均給与は約20万円に対し、女性は約14万円となっています。

男女で給与に差が出やすいのは、女性の場合には結婚や出産で現場を離れてしまう事が理由と言えます。女性の場合には何らかの事情でキャリアを中断するケースが多い事が推察されます。

経験や実績によっては給与アップにつながることも

ドッグトレーナーの給与は一般的に見て高い方ではありませんが、高い実力があれば給与アップも見込める仕事でもあると言われています。転職をする場合にもドッグトレーナーとしての経験を積んでいれば給与に実績を考慮してもらえる可能性が高いです。

経験として多くの犬の犬種についての知識や多くの犬の対応が出来る人であれば、給与アップに繋がるチャンスが生まれるかもしれません。

資格取得が給与や手当に反映されるケースも

ドッグトレーナーの仕事は、スキルレベルが給与に反映されやすい職業です。資格取得をしておけば採用に有利に働くことに加えて、給与アップに繋がる可能性もあると考えられます。将来的に独立や開業を考える場合でも資格を取得しておくことは有意義な事でしょう。

資格の中でも給与への評価に繋がりやすいとされているのは、日本ドッグトレーナー協会が認定しているドッグトレーナーズライセンスの資格です。国家資格でもないですがA級からD級まで4つの級で分かれています。A級が最も難易度が高くなっていますが、ドッグトレーナーとして働く上では取得しておくと十分なスキルの証明になると言えます。

ドッグトレーナーに関連する代表的な資格には獣医師もあります。国家資格であり動物について病気の診療などが出来る資格として重要性の高い資格です。せっかく取得した資格を活かす為にも、就職や転職の際には資格手当の支給される企業を探してみることもおすすめです。資格手当の確認は求人票の一覧に記載されています。

ドッグトレーナーの平均年収

ドッグトレーナーの年収は240~330万円前後

ドッグトレーナーの平均年収を厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると約285万円になります。

新人の場合の月々の給与が13万円から18万円であれば年収は200万円に満たない事も考えられるため、ドッグトレーナーの一般的な年収は240万円~330万円前後と予想されます。

経験を積んでいけば多少の給与アップが見込めますが、肉体的にも精神的にも負担のかかる仕事内容と比較して、年収レベルは低い傾向にあると考えられます。

都道府県によっても年収に差が出る

ドッグトレーナーとして働く際に都道府県によっても平均年収は変わります。厚生労働省がだした都道府県の平均給与比率から各都道府県の平均年収を算出すると一番年収が高いのは東京の380万円です。次いで大阪の326万円、愛知の299万円に続きます。

一方でドッグトレーナーとして一番年収の低い都道府県は沖縄と宮崎の217万円になります。人口が多く物価が高いエリア程に年収が高い傾向があるようです。ドッグトレーナーとしてどこで働くかも大きなポイントになりそうです。

開業すれば平均給与以上の給与や年収の可能性も

ドッグトレーナーの平均以上の給与や年収を稼いでいる人の多くはドッグトレーナーとして自分のお店を持つ開業しているようです。自身でお店を持ち多くの犬をしつける事が出来れば多くの年収を目指すことが出来るでしょう。

とはいえ開業するにはドッグトレーナーとして多くの経験を持つことはもちろんのこと資金力も必要でマネジメント力も求められます。運に左右されることもあるかもしれません。ドッグトレーナーとして成功することは簡単な道ではないですが、地道な努力を重ねて実力をつけることで開業の道は開けてくるはずです。

勉強の為にアルバイトを選ぶ人も

ドッグトレーナーとして学びながら自分の時間も欲しいという人は正社員として経験を積む以外にもアルバイトという立場でドッグトレーナーの仕事をする人もいます。

アルバイトで働くメリットとしては多くの職場で経験を積むことが出来ますし、時間の作り方に融通が利きやすい事。雇用面での不安定さは当然ありますが、残業代がない正社員よりも働いた時間分の給与がもらえるアルバイトが良いと考える人もいるようです。

ドッグトレーナーの給与・年収まとめ

ドッグトレーナーの年収レベルは低め。給与以上にやりがいが得られる仕事

ドッグトレーナーの平均給与や年収レベルは、肉体的にも負担のかかる仕事内容と比較すると低めの傾向であると言えます。各種手当や年間賞与などが充実している勤務先がという事もポイントになります。

ドッグトレーナーは経験を積むことで給与アップの可能性はあります。多くの犬と接して資格を取得したりすれば好待遇で転職できることもあるでしょう。将来的には開業して自身のお店を持つチャンスもあるかもしれません。

ドッグトレーナーという職業は、犬とのふれあいが大好きという気持ちを持ち続ける事が出来れば自身の夢が叶うかもしれない夢のある仕事と言えるでしょう。

ドッグトレーナーの参考情報

平均年収200万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ドッグトレーナーの関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB