ドッグトレーナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ドッグトレーナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

犬を預かって求めるしつけを行うドッグトレーナーは、男女問わず人気の高い仕事の1つ。勤務先もペットショップや犬の幼稚園、しつけ教室など幅広く職場によっても仕事内容が異なる場合もあります。楽しそうな仕事に見えて、実際は体力が必要なハードなドッグトレーナー毎日。求められる能力や、やりがいなどをご紹介します。

ドッグトレーナーとはどんな仕事?

犬にしつけをする仕事をドッグトレーナーと呼ぶ

ドッグトレーナーは飼い犬を預かってしつけや訓練を行う職業です。犬へのしつけや訓練だけではなく飼い主への犬のしつけ方のアドバイスも行います。

細かい日常生活のマナーを教える

ドッグトレーナーは飼い犬のしつけをする仕事ですが、トイレや散歩、留守番などの細かいマナーを教えます。

犬がしっかりと出来た時には、しっかりチェックして細かく褒めたりする事もドッグトレーナーの仕事の1つです。人と犬が一緒に楽しく暮らしていけるように指導する事が主な仕事です。

瞬発力や忍耐力も要求される仕事

ドッグトレーナーの仕事は1日のうちに犬のしつけをするのですが、犬の大きさや種類によっても特徴が異なります。それぞれの犬に合わせてしつけをする必要があり、瞬発的に褒めたり注意したりする能力は必要になるでしょう。

また言うことを聞かない犬も多くいる中で、何度も何度もしつけを行う忍耐力も必要になってきます。

遅くまで残業をする事もある

飼い犬のしつけを行うドッグトレーナーの仕事は、昼をメインに行いますが業務内容はそれだけではありません。当日の仕事内容に対して日誌をつけたり他のスタッフとの情報共有などを行います。

何もなければ18時には終わりますが、預かっている犬の様子を飼い犬に報告したりと遅くまで残業する事もあります。

ドッグトレーナーの仕事はかなりハード。体力が必要

ドッグトレーナーの仕事は華やかな楽しいイメージがあるかもしれませんが、力仕事も多い職業です。多くの大きさの異なる犬のお世話や散歩もドッグトレーナーの仕事であり、犬に理解してもらうまで行うしつけはかなりハードなものです。

犬とずっと接していると精神的にも肉体的にもダメージがかかってきます。忙しい日には報告書の作成や情報共有まで遅くまで働くことが多く、朝も早い拘束時間は長めです。

ドッグトレーナーの給料レベルは低めの傾向

勤務場所の規模や経験によるもののドッグトレーナーの給料は他の職業に比べ低い傾向が多いようです。一般的には13万円から18万円前後の給与からスタートし、年収150〜250万円と言われています。

ドッグトレーナーとして経験を積んで多くの犬のしつけを扱えるようになれば年収がアップする可能性もあるので、夢のある仕事には間違いないでしょう。

ドッグトレーナーの具体的な仕事内容

ドッグトレーナーの仕事は飼い犬のしつけをすること

ドッグトレーナーの仕事は、飼い犬のしつけをすることに尽きます。
一般的にはトイレのマナーなどのしつけのイメージが強いかもしれませんが、ドッグトレーナーが行うしつけは幅広くあります。

  • 食事
  • 運動
  • トイレ
  • コミュニケーション

しつけ以外にドッグトレーナーがする仕事

ドッグトレーナーの仕事は毎日飼い犬を預かってしつけを行うだけではありません。ドッグトレーナーとして経験を積めば幅広い仕事ができるようになります。

犬によって変わるしつけの研究

犬をしっかりと日常生活ができるようにしつけるのが仕事のドッグトレーナーですが、犬によってサイズはもちろん性格的な特徴も大きく異なります。

どのように接すれば喜んでくれるか、理解してくれるかなど犬によって異なる性格的特徴を理解するために研究を日々行うことがドッグトレーナーの仕事の1つです。

犬小屋の片付けと清掃

ドッグトレーナーは飼い犬を預かってしつけをする仕事であるので、生活する犬の小屋の片付けや清掃もドッグトレーナーの仕事です。何日か預かってしつけを行う犬もいるので、ステイしている犬に対してのトイレ掃除や片付けは欠かせません。

散歩もドッグトレーナーの仕事の1つ

飼い犬を預かる場合には何日もステイさせて基本のしつけを学ばせたいと考える飼い主も多くいます。その中でより良い環境で犬にしつけを覚えてもらわなければいけないのでストレスを溜め込まないために毎日の散歩は必須になります。

犬種に合わせて毎日散歩を行い、場合によっては何頭も連れて行わないといけないので、ハードではありますがドッグトレーナーの仕事の1つに散歩が挙げられます。

仕事内容に対して日誌をつける

ドッグトレーナーとしての仕事の終わりにはその日の仕事内容に対して日誌をつける事もドッグトレーナーの大切な仕事の1つ。他のスタッフとの情報共有をする事もあり、預かっている犬の様子を飼い主に報告もします。

ドッグトレーナーの仕事は勤務場所によって変わる

一口にドッグトレーナーといっても勤務先はペットショップや犬のしつけ教室、犬の幼稚園など多岐に渡ります。それぞれの場所でドッグトレーナーが犬に関するプロとして活躍しています。

下積みからはじまるドッグトレーナーの仕事

ドッグトレーナーの仕事は、地道な下積みから始まります。基本的にドッグトレーナーは専門学校や大学、通信講座から就職します。それぞれに犬に対する基礎技術を身につけてから就職しています。

就職してからも知識があるからといって実践で上手く犬にしつけを出来るかというとそうではありません。実践を学びつつ仕事に慣れる必要があるのでドッグトレーナーは下積みから始まると言えます。

転職も3年が区切りになることが多い

ドッグトレーナーは一般的な下積み期間が3年であることから、3年や5年を一区切りに転職を考える人も多いようです。スキルアップのために転職を繰り返し、さらに規模の大きいペットショップなどを狙っている人も多いようです。

ドッグトレーナーは、年間を通じてアルバイト、正社員問わず求人数は多い仕事です。経験を積んでスキルを高めれば、給料アップや独立などの道も開ける可能性もあるでしょう。

ドッグトレーナーの仕事のやりがい

犬との絆が生まれる事

ドッグトレーナーの仕事では大好きな犬と同じ時間を過ごして一緒に仕事が出来るのは最大のやりがいになります。

最初は犬がなかなか言うことを聞かない事も多く思い通りにならない事もよくありますが諦めずに心の交流を続けていけば犬との絆が生まれます。犬と心が通じ合ったと感じた時にとても嬉しく感じます。

犬種が異なる多くの犬と出会うことができるのもドッグトレーナーならではの喜びです。それぞれ異なる犬種について勉強して対応することは大変な仕事になりますが、試行錯誤する毎日は同時にとても大きなやりがいになるでしょう。

自分の指導によって犬が成長したり、しつけがうまく行ったりする事を間近で感じられるのはとても嬉しい事です。

人の役に立つ実感が味わえる仕事

犬のしつけを通して依頼した飼い主に喜んでもらえることとドッグトレーナーのやりがいの1つです。家庭でのしつけ方やアドバイスなどの相談など飼い主とも深くコミュニケーションを測ることができます。

飼い主との深いコミュニケーションによって喜ばれたり、感謝される事がドッグトレーナーを続けてよかったと感じられるのです。

ドッグトレーナーの仕事内容まとめ

ドッグトレーナーは忍耐と粘り強さが求められる仕事

犬のしつけを行うプロのドッグトレーナーは毎日犬と接してしつけを指導します。

簡単そうに思いますが、散歩や清掃、報告などハードな仕事である為に体力が必要になるでしょう。依頼者に報告書を提出したり、仲間と情報を共有したりと体力的にハードな面がある事も特徴です。

経験を積んでいけば多くの犬を扱う事ができるようになり仕事が忙しくプライベートをゆっくりと過ごすことは難しいかもしれません。ですが犬との絆や飼い主に感謝されることは何よりのやりがいに感じられるはずです。

ドッグトレーナーへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

ドッグトレーナーの参考情報

平均年収200万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ドッグトレーナーの関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB