ドッグトレーナーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

ドッグトレーナーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

動物を扱う専門的な世界だからこそ、ドッグトレーナーになるには知識や技術を磨く以外にも体力的な強さも必要です。仕事として続けるには犬が大好きである事がポイント。どんな性格の人が向いているのか、求められる適性やドッグトレーナーになるための学校選び、取得すると就職に有利な資格などの情報をまとめました。

ドッグトレーナーになるには何が必要?

ドッグトレーナーになるには犬が大好きという気持ちが大事

ドッグトレーナーになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まず前提として犬が大好きという気持ちが1つになります。犬を飼っている人なら犬好きであると言えますが、愛犬は当然可愛いものです。ですがドッグトレーナーが相手をするのは愛犬でなく他人の犬です。

大きさや種類、性格までバラバラでどんな犬も平等に愛する気持ちがドッグトレーナーとして大切になります。犬が好きという想いだけでは難しい場合もあり、犬が大好きでどんな犬でも愛せるくらいの気持ちがなければ務まらない仕事です。

忍耐力がドッグトレーナーの仕事に役立つ

ドッグトレーナーが扱う犬は一頭一頭個性が異なるので、覚えが早い犬もあれば覚える事が苦手な犬もいます。しつけを何度もしても言うことを聞いてくれない犬に対峙した時に無理だと諦めてはいけません。

犬のしつけは1日では決して成せないものなので、忍耐力がドッグトレーナーとして大事な要素になります。犬の小さな意思表示を見逃さずに犬の性格に合ったしつけ方法を見つけていく根気よく続けていく事がポイントです。

コミュニケーション能力もドッグトレーナーの大切な要素

コミュニケーション能力がないとドッグトレーナーは務まらないというほどに大事な能力です。ドッグトレーナーは依頼主からの依頼を受けてヒアリングやトレーニング後のしつけ方法の説明など飼い主とコミュニケーションをとる機会が多くあります。

犬へのトレーニングがドッグトレーナーのメインの仕事ではありますが、依頼をするのは人である飼い主になります。ドッグトレーナーとして求める人材として笑顔で接客できるコミュニケーション能力の高い人を重視する企業も多くあります。

上手くコミュニケーションを取ることができれば依頼主である飼い主に好印象を与えてまたこの人にお願いしたいと思ってもらえ口コミで広げてもらえる場合もあります。コミュニケーション能力の有無が次の仕事に繋がる事がおおいにあります。

体力も必要なドッグトレーナーの仕事

ドッグトレーナーの仕事はかなりハードです。犬には大きさから性格的な特徴まで種類があり大型犬になれば力も強くなります。犬がいうことを聞いてくれない段階であれば何度も何度も向き合い、体力を大きく消耗します。

犬と遊びながらコミュニケーションをはかったり施設の掃除で体を動かす事が多い仕事なので、体力が必要になります。特に犬の散歩では朝早くから多くの犬を連れて散歩に出かけ、連れて行く犬をコントロールしながら犬にあった散歩を行う必要があり、慣れるまではかなり体力的にハードに感じる人が多いようです。

ドッグトレーナーに関する資格を取得しよう

ドッグトレーナーは飼い犬を預かってしつけをする職業になりますが、飼い主への犬のしつけ方のアドバイスなども行います。ドッグトレーナーになるには日本ドッグトレーナー協会認定のドッグトレーナーズライセンスの資格を取得すると便利です。

ドッグトレーナーになるには必ず取得しなければいけない資格はありません。ドッグトレーナーズライセンスは、専門学校や通信教育を受ける事で取得可能な資格であり、一定のスキルを証明する事が出来る将来的な転職にも有利に働く事があるでしょう。

ドッグトレーナーに向いている人、適性がある人

ドッグトレーナーになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

観察力はドッグトレーナーの適性のひとつ

ドッグトレーナーに求められる適性として、まずは観察力があげられます。ドッグトレーナーの仕事はそれぞれ個性の違う犬に対してしつけを行う仕事なので、有効なしつけ方法を見つけるために犬性格を見極める鋭い観察力が必要になります。

犬のちょっとした仕草や表現、表情を察知できる観察力もドッグトレーナーに必要な適性であると言えます。

ドッグトレーナーは瞬発力も必要な仕事

ドッグトレーナーは犬のアクションに対してすぐに褒めたりフィードバックしたりする瞬発力も必要になります。犬は褒められたという成功体験から自信をつけて行くので何事にもすぐに褒める事が出来る事が大切です。

短い時間でその犬と絆を深めて行く事が大切になるので、瞬発的にアクションを起こせるようにしておきましょう。

根気強い性格がドッグトレーナーとして適性がある

ドッグトレーナーの適性に根気強さは欠かせません。しつけができない犬やマナーを知らない犬を相手にするドッグトレーナーは思い通りに犬が動かないことも多くあります。

その中で根気強く、犬と向き合ってしつけやマナーを教える事が肝要になります。いくら犬が言うことを聞かないからといってすぐに嫌になって諦めてしまったり、感情に任せて叱ってしまうようではトレーナーとして失格です。

訓練を重ねて根気よく犬に分からせて行く事が出来る人がドッグトレーナーとして適性があると考えられます。

ドッグトレーナーになるための学校

ドッグトレーナーになるために学校に通うことは、自分と同じようにドッグトレーナーを目指す仲間に出会えるということ。お互い切磋琢磨し、ライバルとして励ましあい刺激しあうこともできるのが魅力です。

犬についての基礎が学べる専門学校

ドッグトレーナーになるには専門学校に通う人が多いです。専門用語が多く動物を相手にする職業であるので、基本的な知識を学ぶ事が出来る専門学校を選ぶ人が多いのです。

専門学校に通うことでドッグトレーナーに必要な基礎知識を学び、多くのモデル犬と触れ合いながらスキルを身に付ける事が出来るでしょう。動物と直接触れる機会がある専門学校も多いので、想像力などを養う事が出来、実践で活用できる能力を培う事が出来るのも大きなメリットと言えます。

サポート内容を比較して学校選びを

ドッグトレーナーになるための専門学校は全国にあり、選択肢は豊富といえます。

学校によっては経験豊富な教師陣からの授業を受けられたり、現役のドッグトレーナーから直接的な指導が用意されていることもあります。経験のあるプロから指導を受ける事が出来れば将来的にドッグトレーナーを目指す人にとっては仕事のイメージや不安点を解消できる大きな財産になるでしょう。

資格取得支援や就職サポートが手厚い学校であれば、進路に対する不安も軽減されるはずです。

大学や短大でもドッグトレーナーになるための勉強が可能

ドッグトレーナーになるために学校に通う選択肢として、専門学校以外では、短期大学や大学の中にも製菓に関する学部・学科が用意されていることがあります。

大学の場合には動物に関する学科が候補の1つになります。犬に特化した知識だけを学べる大学は少ないかもしれませんが、動物に関する幅広い知識を学べるのが大きな魅力です。獣医学を通してドッグトレーナーの知識に幅を持たせる事も良いと言えます。

通信講座を受けてドッグトレーナーになる事も可能

ドッグトレーナーになるには、絶対に専門的な学校で知識や技術を学ばないといけないという決まりはありません。多くの民間企業がドッグトレーナーの資格を取得できる通信講座を設けています。

実際に犬と対峙してスキルを学ぶ講座もあるので、トレーニング技術も学ぶことが出来ます。資格を取得する期間やプログラムは講座によって異なるのでしっかり確認しましょう。

他にもペット関連の企業や訓練所が独自のカリキュラムでトレーナーを育成する養成校に通ってドッグトレーナーを目指す道もあります。ドッグトレーナーになる道は多くあるので、自身がどのようにドッグトレーナーを目指したいかということを考えて学校を決定することをお勧めします。

ドッグトレーナーとしての道がいくつもあることは大きな魅力と言えますね。

ドッグトレーナーになるには?まとめ

資格があればベター。まずは犬を心から愛せる事や体力がドッグトレーナーを続ける原動力に

犬を心から大好きな事と体力。ドッグトレーナーになるにはどんなに仕事がハードでも続けられる力が必要になります。加えて忍耐力や瞬発力がある人は動物を相手にするドッグトレーナーの仕事で強い武器になると考えられます。

仕事に就くには資格が必ず必要な業種ではありませんが資格があればベターです。専門学校や大学、通信講座などで犬の知識やトレーナーとしてのスキルを学んだり、ドッグトレーナーズライセンスの資格を持っていればスキルの証明に繋がり就職や転職に有利になる可能性があるでしょう。

ドッグトレーナーへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

ドッグトレーナーの参考情報

平均年収200万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ドッグトレーナーの関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB