板前になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

板前になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

日本料理のプロとして、きめ細やかなテクニックを駆使して繊細な料理を作り上げる板前に憧れを抱く方も多くいらっしゃるでしょう。では、実際に板前になるにはどのような方法があるのでしょうか。この記事では板前になるための方法や適性などをお伝えし、オススメの専門学校を紹介します。

板前になるには何が必要?

料理店に就職し、修行で経験を積むことが必要

一人前の板前になるのに学歴や資格は必要ありません。その代わり、料理の腕前を磨くための長い修行期間が重要になります。

板前の修業を始める時期として、中学や高校を卒業して直ぐという方もいれば、高校卒業後に調理師専門学校で基礎知識を身に付けてから修行をスタートするという方にわかれます。

中学や高校卒業後に修行する場合

中学や高校を卒業後に、料亭や日本料理店、ホテル、旅館の調理場などに就職し、修行を始めます。就きたい職業が板前であると明確な人や実家の日本料理店を継ぐことが決まっている人などは、早くから修行をスタートさせるのが良いでしょう。

板前の修業は短くて約5年、一人前までに10年以上必要と言われています。板前以外の職業は全く考えられないという強い意志がある方は、可能な限り早い段階で修行を始めることをオススメします。

調理師専門学校で調理師免許を取得後に修行する場合

「板前に関心はあるけど、修行を始める前に適正を見極めたい。」「免許を取っておきたい。」という方は、高校卒業後に調理師専門学校に進学することをオススメします。調理師専門学校に進学する最大のメリットは、修行の前に調理師免許を取得できることです。

板前として働く方の中には、数年間の修行を積んでから調理師免許を取得する方もいます。その場合、飲食店で2年以上の経験を積んでから資格試験に合格する必要があり、板前として働きながら資格試験の勉強をするのは、大変な労力を必要とします。

そのため、修行をスタートさせる前に調理師専門学校で調理の基礎を学び、調理師免許を取得することができれば、その後の修行に集中することができるでしょう。また、万が一、専門学校で学んでいる期間に日本料理から洋食へ興味が移ったという場合にも、進路先を修正することができます。

進路先がまだ明確ではないという方は、まずは調理師専門学校へ進学されることをオススメします。

板前になるのに必要な修業の内容

板前になるには修業が重要です。では、実際に板前の修業とはどのような内容なのでしょうか。

仕事内容の紹介とあわせて板前の修行について解説していますので、以下の記事をご参照下さい。

板前の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

細やかな技術で美味しい日本料理を提供する板前の仕事に憧れる方は多いと思います。一人前の板前として認められれば、将来は独立...

板前に向いている人、適性がある人

忍耐強く、継続力のある人

これまでお伝えしてきたように、板前になるのに長い修行が必要です。一人前の板前として認められるまでに、長くて10年以上の修行が必要になります。

また、下積み期間は雑用のような仕事が多く、料理を扱う仕事ができるようになるまでに数年かかります。さらに、板前の世界は先輩との上下関係が厳しく、礼儀にも気を配る必要があります。

そのため、「絶対に板前になるんだ」という不屈の精神と、何があっても諦めず前向きに修行を続けることのできる人は、板前の厳しい修行を乗り越えることができるでしょう。

体力を必要とする仕事

板前の仕事は、朝早くから夜遅くまでの長時間労働です。特に、下積み期間は先輩よりも朝早く来て事前準備を行い、夜は料理長や先輩が帰ったあとに片づけを終わらせてから帰宅することになるでしょう。それに加えて、長時間立ちっぱなしの仕事です。

このように、板前の仕事は体力勝負となるため、体力に自信がある人や健康管理がしっかりと出来る人は板前に向いていると言えるでしょう。

美的センスがあり、手先の器用な人

板前が創り出す日本料理は、細やかな技術を必要とします。料理の美味しさはもちろんのこと、見た目の美しさも求められる仕事です。そのため、料理人としての美的センスや手先の器用さが必要となります。

料理で人を幸せにしたい人

板前の仕事は、料理を作ることだけではありません。料理を通してお客様に喜びを与えるのが板前の役割です。料理の腕を磨くのと同時に、お客様に楽しんでもらえる雰囲気作りを行い、常にお客様に寄り添った場作りが重要となります。

板前になるための学校・教室

板前になるためには必ずしも学校に通う必要はありません。ただし、板前としての修業を始める前に「調理師免許を取得したい」「料理の基礎を学びたい」という方は、調理師専門学校がオススメです。

調理師免許を取得できる専門学校

辻学園調理・製菓専門学校

■学科・コース

調理師科(1年制)、上級調理師科・日本料理コース(2年制)

■特徴

1年制の調理師科では、日本料理だけではなく西洋料理や中国料理、製菓などを総合的に学び、卒業と同時に調理師免許を取得することができます。

また、2年制の上級調理師科・日本料理コースでは日本料理の基礎技法を学ぶことができ、調理師免許だけではなく、ふぐ調理師の資格取得を目指すことができます。

兵庫栄養調理製菓専門学校・調理師科

■コース

本科昼間部(1年制)、本科夜間部(1年制)、総合調理スペシャリストコース(昼間2年制)

■特徴

1年制のコースでは昼間と夜間コースがあるため、働きながら調理師免許を目指すことも可能です。2年制の総合調理スペシャリストコースでは、高度な料理技術や美的センスを磨くことができます。

また、ダブルスクールシステムといって、調理師科以外の学科(栄養士科、製菓衛生師科)を昼間と夜間で別けて受講することができ、幅広い知識の習得に役立ちます。

板前になるには?まとめ

板前になるには修行が必要!修行の前に調理師免許を取るなら専門学校がオススメ!

板前になるのに必須の資格や学齢はありません。その代わり、板前になるには長い修行期間が必要です。高校卒業後に修行の道に進む方もいれば、専門学校で調理師免許を取得してから修行する方もいます。

高校卒業時に進路を決められない方は、修行の前に調理師免許を取得する専門学校に通うことをオススメします。料理に関して総合的に学び、基礎技術を習得できるため、板前としての適正を見極めることができるでしょう。

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

板前の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB