フードコーディネーターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

フードコーディネーターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

フードコーディネーターは食の楽しみ方を提案する職業です。レシピの開発やレストランのプロデュースなど、どのような方法を通じて楽しい食事を提供しているのでしょうか。フードコーディネーターの仕事内容について紹介します。

フードコーディネーターとはどんな仕事?

食の楽しみ方を提案するプロデューサー

フードコーディネーターとは、食事の楽しみ方、飲食をする環境を考え、食を通じて人生を豊かにすることを提案する職業です。

食には場所、季節、食材、調理法などさまざまな要素が絡み合っています。それらの要素をまとめ上げ、特定のタイミングで最も食を楽しめるような提案をするプロデューサーとしての役割が期待されています。

あらゆる食の現場で活躍

フードコーディネーターの活躍の場所は食に関する多くの現場に広がっています。飲食店向けのレシピの開発、料理番組への出演や雑誌への寄稿、レストランの総合的なプロデュースなど、さまざまな分野へ進出しています。

フードコーディネーターは、ただおいしい料理を食べることだけではなく、食事をする環境も重視します。店の雰囲気や記念日などのタイミングに合わせたレシピを提供し、食を通じて上質な時間を過ごせる環境づくりのスペシャリストです。

料理研究家との違い

料理研究家もフードコーディネーターと同様に、食の楽しみ方を提案する職業の一つとして知られています。

フードコーディネーターは食の楽しみ方について総合的なプロデュースをしますが、料理研究家はその名の通り、料理の研究をして新しいレシピを開発することが主な目的となる職業です。

しかしどちらも企業や飲食店のレシピ開発や、メディアへの出演、料理教室の講師など対応する仕事に共通点が多く、また法律などにより明確に区別がつけられているわけではありません。

フードコーディネーターの一部が料理研究家という言い方もでき、また料理研究家の視点を変えたものがフードコーディネーターとも言えます。この両者は非常に近い存在といってよいでしょう。

また、どちらも名乗るために必要な資格や免許はありません。どちらを名乗るのも自由なため、中には両方の肩書を使う人もいるようです。肩書よりも何を行い、何を提供できるかが、食に携わる職業として重要な点でしょう。

フードコーディネーターの仕事の具体的な内容

レシピの開発

フードコーディネーターが関わる仕事は多くありますが、大きな仕事の一つにレシピの開発があります。

食品を扱う企業に所属、または企業からの依頼を受け、求められるテーマに沿ったレシピを開発します。レシピの作成は一朝一夕で終わるものではなく、一つの料理に対してさまざまな調味料、材料を足し引きしながら何通りものレシピを試していきます。

そのため、時には同じような料理を何十回も連続で食べなければいけないこともあり、案外過酷な仕事となることもあります。

レシピの開発は、レストランなどの飲食店で行うこともあります。定番メニューとなるオーソドックスなメニューの時もあれば、提供期間を限定するような特別なメニューを考えることもあります。

レストランの雰囲気、客層に合わせたメニューのプロデュースは、フードコーディネーターの得意分野といえるでしょう。

メディアでの発信

料理番組や情報番組の料理コーナーなど、料理のレシピを紹介するテレビ番組に出演することもフードコーディネーターの仕事の一つです。主に家庭にある調理器具でできる料理レシピを紹介するので、家庭向きの調理方法に合わせたレシピを考案することが求められます。

また雑誌やフリーペーパーなどの料理コーナーに寄稿し、その雑誌のカラーや季節のイベントにあったレシピを紹介することもあります。フードコーディネーターは直接料理を作るだけでなく、メディア媒体を通じたレシピの提供によって、食の楽しみ方を伝えていくことも大切な仕事です。

また近年では、ブログやSNSといった個人で発信する手段を使い、独自にレシピを公開するフードコーディネーターも増えています。和食中心、薬膳を意識、筋トレに効くなど、特徴あるメニューを公開するフードコーディネーターが多く、独自性を強く主張しています。

こうした発信を継続し続けるためにはレシピを考え続ける必要があります。そうしてたまったレシピを書籍にしたり、豊富なレシピの力でアクセス数が増えたブログを通じて広告収入を得るといった収入につなげることも可能です。

またブログやSNSの発信内容が仕事の受注につながることもあるため、現代のフードコーディネーターにとって、ネット上の発信は必須の営業活動といえるでしょう。

食の環境をプロデュース

フードコーディネーターはレシピの開発に加え、総合的に食事を楽しむ空間を提供することを得意分野とします。その総合プロデュース力を生かし、レストランやフードイベントを丸ごとプロデュースすることもあります。

店のテーマ、演出、レシピなどあらゆる要素を決めるだけでなく、集客のためのプロモーションのアイディアを提供することもあります。環境を作るだけでなく、商業的な成功のための提案にも対応できる点は、総合プロデューサーとしてのフードコーディネーターとして高く評価されるポイントです。

おいしい食事、楽しい食事を提供することはフードコーディネーターとしてもちろん大切なことですが、それを提供するレストランや飲食店の収益につながることはしっかりと意識する必要があります。

食事をしたお客様が喜び、レストランも収益につながり喜び、フードコーディネーター自身も仕事につながり喜ぶ。全員の喜びにつなげられることが、優れたプロデューサーとして声をかけてもらえるようになる秘訣です。

フードコーディネーターの仕事のやりがい

食事を楽しむ

フードコーディネーターとして食に関わることは、自らが食事を楽しむことにつながります。

誰かが喜んでくれる食環境を作ることは、自分が楽しめる食環境を作るということ。料理の味がいいというだけでなく、その料理に合う飲み物を研究し、店や服装も含めた演出をし、最高の環境で食事をいただくことはこの上ない喜びとなるでしょう。

食を通じた幸せの提供

外食は食事の方法としては一般的ですが、今でも特別な日に特別な店にいくような、イベントとしての外食も多く存在します。そのような特別なひと時を楽しんでもらえるように工夫した環境で食事を楽しんでもらい、喜んでもらうことはフードコーディネーターの大きな喜びの一つです。

テレビなどを通じて得たレシピを使い、料理を楽しむことも食の楽しみ方の一つです。視聴者からのレシピの感想や、家族で食べた、子供と一緒に作ったといった食事を楽しんだ報告を受けることは大変うれしくやりがいを感じる瞬間です。

食を通じた幸せを提供することが、フードコーディネーターの役割であり、またやりがいであるといえるでしょう。

多くの人と出会える喜び

フードコーディネーターは自宅や会社でレシピを開発し続けるだけが仕事ではありません。多くのクライアントや、実際に食事を楽しむお客様と出会い、多くの言葉を交わすことも大切な仕事の一つです。

会話の中でさまざまな感想や要望をもらうこともあるでしょう。それらの言葉の一つ一つが、フードコーディネーターとして次のステップに上がるためのきっかけとなり、次の現場でがんばれる糧となっていきます。

多くの人と出会い、言葉を交わすこともフードコーディネーターの喜びの一つです。

フードコーディネーターの仕事内容まとめ

食の楽しみ方をプロデュース

フードコーディネーターは食の楽しみ方を総合的にプロデュースする職業です。おいしい料理のレシピを開発し、メディアへの出演やネットでの発信などを通じ、多くの人々の食を豊かにするよう働いています。

そのプロデュースの目的には、クライアントの商業的な成功も含まれており、レストランの演出やプロモーションなど、さまざまな分野の知識と実績が求められています。

食を通じた幸せを提供

何より重要な仕事は、食を通じて多くの人々の幸せを提供することです。非日常的な空間で食事をする環境を提供することも、家族で楽しめるレシピを開発することも、すべて幸せの提供へつながっていくのです。

フードコーディネーターの参考情報

平均年収300万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

フードコーディネーターの関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB